2017年04月15日

『ひよっこ』 重箱返しで、あぁ上野駅

♪丸い地球の 水平線に
 何かがきっと 待っているぅ
 苦しいこともあるだろさ
 悲しいこともあるだろさ
 だけどぼくらはくじけない~
 泣くのはいやだ 笑っちゃおう
 進め~
 ひょっこりひょうたん島
 ひょっこりひょうたん島
 ひょっこりひょうたん島~

耳から離れず出勤中に脳内グルグル。

幼少期までさかのぼることソノシート(笑)
ペラペラの赤いレコード盤で、
ひょっこりひょうたん島を聴いた記憶。
何かの付録だったのかなぁ。。。

【井上ひさしほか作詞・宇野誠一郎作曲】
なるほど~φ(.. )

この歌の素晴らしさを改めて感じた、
東北大震災の時の気持ちも蘇る。
何てことない歌詞を
口づさんで来てただけだった。

今朝はまたこの歌に泣かされた。。。


すずふり亭のコンビがいい!

大入りが出るほど人気の洋食店で、
天狗になるでもない人情溢れる母と息子。

「俺のないんだ?」 省吾

「フフフ」 鈴子

「冗談だって」

「フフフ」

「やっぱないんだ?」

「アハハハ!」

「本当ないんだ?」

「しつこいね~」

ここまでやってくれるとはヾ(≧▽≦)ノ


すずふり亭のコック・元治。
エレキコミックの人だったのね!

そしてホール係の高子。
佐藤仁美さんと言えば…
かつては若さとその美貌で天狗になり、
キャラの方向転換に成功したって記事を読み、
今朝のやり取りがまたビンゴでした♪

「食べます?」 元治(エレキ・やついいちろう)

「食べるぅ」 高子(佐藤仁美)

たったこれだけのセリフだったのに、
高子の愛想無しと間の読みが最高だった。
『とと姉ちゃん』では本領発揮できず?
この先、みね子との絡みが楽しみ~♪

この流れから美代子とのシーンだもの。
すずふり亭親子の連携プレーはこの後も続く…
さすがっすね!

鈴子は預かったままのお重を思い出し、
美代子に返したものの…

「お重。
 まだお預かりしててもよろしいですか?」 鈴子

「え?」 美代子

「ご主人、いつか取りにいらっしゃるって。
 だから、そん時まで
 お預かりしててもよろしいですか?」

「。。。」

「ね」

「はい。お願いいたします」

笑ってたのに…もう泣ける(・・、)


「何か召し上がりません?
 うちの料理」 省吾

「そうね」 鈴子

「あの、あの!
 主人がいつか家族みんなで
 こちらに伺おうって言ってたので。
 それまでは私、すみません」 美代子

からの…
あぁ上野駅。

「あぁ、やっぱり居た!」 省吾

「あぁ、私の勘が当たったね。
 始発まで駅に
 居るんじゃないかってね?」 鈴子

「絶対居るからって。
 今から行くって聞かなくて。
 この人一度言い出したらもう
 引かないんですよ」 省吾

「うるさいね~もう!
 お夜食食べましょ」 鈴子

「これ、店のじゃないから
 いいでしょ?」 省吾

せっかくの縁。。。
こんなに大事に思ってくれる気遣いに泣ける。
実と言う男を見ればその家族も分かるもの。
「失踪なんかじゃないですよ。絶対」

ひょうたん島の挿入が見事で…
ここに入れて来るか(・・、)


畑へ、自転車で風を切って走るみね子…
映画のワンシーンを観てるようだった。
場面場面の切り替えが本当に巧み。
笑いも泣きもBGMも、セリフがなくても…
何て自然な流れなの。

「お母ちゃん!」 みね子

「。。。お帰り」 美代子

「ただいま。。。お帰り」

「。。。ただいま。。。みね子」

「。。。はい」


。・゚・(*ノД`*)・゚・。


人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 2週目が終わった

 第14話 『ひよっこ』 青年団の会合

この記事へのトラックバックURL

http://manamanawatching.mediacat-blog.jp/t121714
この記事へのトラックバック
ひよっこ第2週
東京に出稼ぎに行った父実(沢村一樹)が行方不明となり、
みね子(有村架純)が不安を覚える中、
母美代子(木村佳乃)は東京へ向かったと。
みね子と美代子の不安と...
ひよっこ第2週(4.10-15)【まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)】at 2017年04月16日 10:53