2009年03月19日

『キイナ』 最終回

さっぱりした最終回でしたね。
こういうドラマはネタがどんだけでも作れちゃいそうな気がしますが、
ワンパターン化しそうなとこも回避しながら、
視聴者を飽きさせないように見せるのも大変…かも。
微妙に変えて来るワザを見られた時は嬉しいです。

工藤がキイナに告白して振り向くと居ないってパターンも、
最終回では面白く見せてくれました。

「…今度一度、お食事でもどうでしょうか。あのぉ莉子たちも一緒に。
 莉子たちもきっと喜ぶと思うんです。って、
 これで振り返ると居ないんだよなぁ。そ、いつもそうなんだ」
と振り返ると…
「はい。喜んで」♪
これでめでたしめでたしってことですね。
この続きはSPで見せてくれる…とか?(^_^;)


人の体が突然燃えた。。。
こんな衝撃シーンから始まるのも上手いですね~。ツカミはOKです。
「人体自然発火?」
発火原因を追究しますが、実はここがメインではないんですね。

「一人で歩いていた男性の体から、突然炎が上がった」
こんな目撃証言で気をつけないといけない”思い込み”。
突然発火するなんて、原因が気になったじゃないですかぁ。
ガリレオじゃあるまいし…てかそれよりもう~んとアナログ式でした(笑)

そんな中、莉子の友達が3人揃って無断欠席してると相談を受けたキイナ。
「風見団地の子はみんな学校に来てないみたいなの」
友達の家を訪ねると、扉の郵便受けには新聞が溜まっており…
その団地のベランダを見上げると、どの部屋にも電気が点いていません。
それで夜の訪問だったのね~(笑)

「人が消えた。もしかして、神隠し?」
300人が誘拐された?捜査が始まります。

マスコミへ送られて来た犯行声明文の指紋から、
風見団地に住む後藤栄一(八十田勇一)と判明。
清掃員だった後藤の勤務先の大学で見かけた
小早川教授(加藤雅也)の講義に聴き入るキイナ。

「行き詰ったら見方を変えてみる。
 そうすれば、世の中の大抵のことは解決できるんです」
心理学を勉強すると、生き方もプラス方向に変わりそうな気がしますわぁ。

小早川に後藤のことを尋ねると、顔見知り程度だと言いますが…
挨拶を返さない、問題が多い、キレやすいと、知らないはずがよく知ってます。
そしてキイナが言います。
「あのもう一つだけお伺いしてもよろしいですか?」って。
…あなた犯人でしょ(笑)


私は加藤さんを見ると未だに紀香さんを思い出しちゃうんですけど、
今朝の離婚ニュースには驚きましたわぁ!
離婚届を「お守りみたいなもの。夫婦の中で何かあったら、ということで」
と語る陣内さん、これはおかしいでしょう。
アフリカから帰国後、果たして紀香さんは”お守り”を提出するんでしょうか。
しかしあの盛大に行われた披露宴を思うと。。。何だったんでしょうね~。
御祝儀を弾んだ方もイベントだと思えば納得…
しないか(笑)


後藤の靴の左の靴底だけが減ってることから、
火だるま焼死男の遺留品の靴を思い出したキイナ。。。身元が一致。
しかしあんな角度(かかと重視)で靴の写真撮るかしら(笑)

監視カメラに映る後藤。その背後から顔を隠した男がライターで火を点ける姿が。
口封じのために殺された…とか?
この事件の本当の犯人…かも?


小早川の講義を聴いてない学生たち。。。

『地図は土地ではない』
 「自分が現実だと思ってることは現実ではない。つまり。。。」

化粧してたり、寝てたり、お喋りしてたり…
小早川はチョークを置きます。そりゃやる気も失せますわね~。
こういうことが事件の発端でもあった訳ですね。

私はこの続きを聴きたかったんですけど~!つまり…何ぃ?


風見団地で行われたイベント【春の親子 映画の夕べ】
上映された3本のDVDを観返してみるキイナ。
そして見つけました。

「洗脳です。…もうすぐ大地震が来ると信じ込み、避難していたんです。
 サブリミナル効果を使ったんです」

映像の中に、人間には知覚できないほんの一瞬、文字や画像を挿入する。
1/30秒間、何度も挟み込むことで
見ている人の潜在意識に訴えかけることができる。。。

ゆっくり再生しないと分からないほどなのに、
304人全員に効果があるものなんでしょうか?
しかも全員真面目に鑑賞してたなんて~。
3本目ですもん、絶対寝てた人居ますってー!(笑)

行方不明の304人の住民は、避難し隠れていたところを無事保護されました。
どれぐらいの期間、効果あるのかなぁ。

お金に困っていた後藤を使い、DVDを入れ替えさせた。
そして口封じのために殺した。。。これが小早川のミスでした。


監視カメラの映像が小早川だと証明できれば…

「小早川なんだな。お前は小早川が犯人だと信じるんだな」
「はい」
「そっか。小早川政則を徹底的に洗う。それが、捜査本部の方針です」
そう全員に指示する雅でした。

小早川のジーンズから何かを思い出すキイナ。
「もしかしたら、ジーンズで証明できるかも!」

ジーンズの縫い目に出来るバーコード模様を照合。
って面白い発想ですけど、本当にこれが指紋のようにピタッと合致するなんて。
てかちゃんとした物的証拠として認められるなんて…いつもより漫画のよう(笑)
でも小早川は否定せず認めたので、とんとん拍子に…いや見事解決!

「実験ですよ。…人の心をどれだけコントロール出来るか、試したくなったんです。
 …最近はどこへ行ってもろくな人間が居ない。
 …そんな連中が増え続けたら未来はどうなります?
 私が愚かな連中の過ちを正し、価値のある未来を作るしかないでしょう」

「あなたは、心理学のことについては詳しいのかもしれない。でも、
 人の心の中のことについては、何にも分かってないんですね。…
 突然、誰かの手によって幸せが奪われた時、その奪われた本人と周りの人が
 どんなに不安でたまらない思いをするのか。
 誰かにそんな思いをさせる人間を、私は絶対、許せません」

キイナの言葉は、雅とその場に居合わせた捜査一課全員の心に響きました。
小早川も…きっと観念したんでしょう(^_^;)
最終回にふさわしい言葉を残してくれました。ってことで、めでたし♪

「春瀬。お前がかけろ」
そう言って信頼する部下・キイナに手錠を渡す雅。
微妙~な笑顔を残して去って行きましたよ~。


もしかして今まで…
「来週も見たくなる」ってサブリミナル映像が入ってたんじゃないですか?
私のドラマ好きも洗脳されてた…かも(笑)


人気ブログランキングへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い  

Posted by mana at 23:14Comments(15)TrackBack(21)「キイナ」

2009年03月12日

『キイナ』 第8話

何でも”信じる”ところから始まるんですね~。
詐欺や、占い、催眠も、幽霊も…


「係長が幽霊を見た!」
雅も信じて思い込むことがあるんですね。

霊が何かを伝えたがってる…とか?
虫の知らせ…とか。
あると思います!(^o^;) 幽霊は信じないくせに。。。

トンネルって怖いですね~。しかも夜のトンネルなんてイヤー!(||゚Д゚)ヒィィィ!
車から降りないで~!って雅に叫びましたよ。


山中で遺体が発見されました。そこは心霊スポット。。。
15年前に殺され、遺体が見つからなかった宮内真理子でした。
当時この事件を担当したのが雅。そして雅は真理子の幼馴染みでした。

神社で殺され、山中に埋められた。。。
ところが、つい最近死んだかのように遺体は白骨化しておらず、
その爪には犯人と思われる皮膚が残っていた。。。

これは屍蝋化と言って、土の成分や状況によって腐敗が止まるらしい。
こういう条件が揃うことも含め、殺された人の執念と言うか怨念と言うか、
そういう強い思いが伝わったような気がしますわぁ。
「見~つ~け~て~」みたいな(||゚Д゚)ヒィィィ!
犯人を呪い殺した方が早いかもしれない。チガウカ

時効まであと10日。

現場の山中を調べに来たキイナとタケル。
そこでタケルの腕時計が止まります!
不気味な風が吹く中、背後から肩をポン…「ぎゃぁーーーー!」
極限のタケルが可愛い!(≧∇≦)ノ彡 バンバン!

地元のおじさんが言うには、この辺りで幽霊なんて見たことがないと。
どうしてここが心霊スポットになったのか考えるキイナ。

磁気の力は時計を狂わすだけでなく、人間の側頭葉にも影響するらしい。
幽霊に似た幻覚を見てしまう…
つまり、信じる者は見間違う(^▽^;)とか。

犯人は幽霊の噂を立て、遺体が見つからないようにした。。。

「あの山の所有者は、桑島泰蔵(宍戸錠)という人物だそうです」
キイナのこの言葉に顔色を変えたのが、15年前の事件を知る津田と雅。

真理子の恋人が、代議士・桑島泰蔵の息子、常男(袴田吉彦)だったこと。
当時は証拠不十分で容疑者から外されていました。

津田が任意の取り調べで、常男に毛髪を提供して欲しいと協力を求めますが
動揺してタバコを一服する常男。。。そこへ父が現れ激怒し、連れて帰ります。

津田役の金田さん。こういう時の話し方って上手いですねぇ。
教師や上司役のイメージが強いですが、
『私は貝になりたい』での、あの淡々と通訳する演技も印象に残ってます。
『流星の絆』での刑事のようなコミカルな役もまたハマるから面白い。
色んな役を上手くこなされる方だな~って今更ながら感心して見てました。
今回は特に、雅を思いやる津田の心情がすごく伝わって来ました。
女房を思う津田よりもこっちのが個人的には好き…かも(笑)

常男のDNAは、タバコについた唾液で採取可能でしたが…
爪に残った皮膚片は、常男の物ではありませんでした。
思わせぶりますね~。上手い(^_^;)


「俺があの子を殺してしまったからだよ」
15年前、事件の夜に真理子からの留守電に気付かなかったことを悔やむ雅。
相談に乗ってやれなかったことを、ずっと引きずってたんですね。

雅が見たと言う真理子の幽霊は…
幻覚かもしれない。でもそうじゃないかもしれないと言うキイナ。

「…犯人を捕まえて欲しいと言う真理子さんの思いがそうさせた、かもしれない。
 大切なのは、受け止め方だと思うんです。
 自分が見たり聞いたり体験したことを最初からあり得ないと否定するとか、
 ただの偶然と捉えるか、それとも何か意味のあるものと捉えるか…」

本当そうですよね。
何でも受け止め方で、生き方まで変わって来ますもんね。


深夜の現場に現れた不審人物。
その情報をキイナから聞いた雅は動きます。。。
現場に残されたかもしれない証拠…
枯れ葉の下を探す雅の横に、熊手を持ったキイナが現れ、
振り返ると部下たちも皆、協力して探してくれます。

汚れた腕時計を見つけた雅に駆け寄るキイナは、
「どっかで見たことあるような気が」
う~ん、記憶を辿ります。。。

「そうか、そういうことだったのか」と雅も閃きましたよ。流石です。

桑島親子の元へやって来た雅とキイナ。
「逮捕するのは、息子さんじゃありませんよ。桑島泰蔵さん、あなたです」

「こんな時計、知らん!」
桑島に見せた写真には、見つかった腕時計をした桑島が写っていました。
そしてもう一枚には、手首に包帯をし演説する桑島の姿が。。。

何でも自分の思い通りにして来た傲慢な父親。
息子の恋人も許してなかったという理由で、殺すってまた短絡的な。
最初は殺すつもりはなかったと言っても、カッとなる性格は怖いですわぁ。
よく代議士が務まって来ましたね。
宍戸さんの滑舌が気になるのは、ホッペのせいでしょうかねぇ(^_^;)


「…ずっと、自分ではない誰かを思い続ける。
 その思いは、消えないんだと思います」と雅の気持ちを思うキイナ。

「雅君の止まったままの時計も、これからは自分のために動かして下さいね」
と真理子の母も、雅のことを心配していたんですね。


「春瀬。。。ありがとな」
雅の中で決着をつけることができました。キイナのお陰で。。。

雅って実は甘党だった…とか?(^_^;)
やっぱり、キイナと似てたのね~。

いよいよ最終回は…
雅の満面の笑みでも見られるんですかね~。
素の沢村さんが見たいぞ!ってそりゃないか(笑)




↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い  

Posted by mana at 17:15Comments(8)TrackBack(6)「キイナ」

2009年03月05日

『キイナ』 第7話

「別腹」も科学で証明されるんですよ(笑)
ある番組でそれを証明するのを見ました。
満腹時にケーキを見せられると、
胃袋に隙間ができたのをレントゲンで見ましたもん!
それで「もう入んない!」ってほど満腹なのに、
デザートが別の腹に入って行くのね~って(^▽^;)


佳音ちゃんと一緒に働いてた宮崎美子さん!ヾ(゚∇゚*)ソコ?
お久しぶりは、一課の津田主任(金田明夫)の妻・真美子役。
人柄の良さそうな良妻賢母がピタッとハマります。
『イノセント~』での悪行ぶりにも驚きましたけど、
今回の、殴り殺そうとするシーンでのあの形相は凄かったです!
宮崎さん、やりますね~♪魅せてくれます。


今回も、荻野目慶子さんが登場した時点で「犯人かぁ」なんですけどね、
どうやって真美子をそうさせたのか…ワクワク見守りました(^▽^;)


投資会社の経営者・田所祐二(三上市朗)を殴り殺そうとした真美子。
入院する田所は、真美子の写真を見せられても面識がないと言います。
しかし、あれだけ鉄パイプで殴られて軽傷とは…マッチョだ(笑)

取り調べで真美子は、沖縄リゾート開発の投資話で
2000万円を騙し取られた復讐だと言います。
飛行機恐怖症の真美子が沖縄へ行き、そこで事故にも遭遇したと話しますが、
その時間に真美子は家に居たと、津田と娘は証言します。

「もしかしたら、テレポーテーション?…
 沖縄と東京を瞬間移動した。。。とか。…ドペルゲンガー現象。。。かも」


津田の家を訪れて話を聞くキイナとタケル。
真美子は飛行機恐怖症を克服するために、カウンセリングを受けていました。
結婚25周年の銀婚式旅行を海外旅行に決めてから。。。

「こいつのために何もしてやれなかったから…思い出を作ってやりたい」
と、お互いに夫婦愛を感じさせます。

二人は、霧島メンタルクリニックの桐島貴子(荻野目慶子)に会いに行きます。
催眠療法で治療することもあるらしい。。。

事件のあった夜、家の電話がワンコールだけ同じ感覚で3回鳴ったと話す津田。

「催眠術?そっかぁ、催眠だったんだ。犯人は桐島貴子!」
と閃くキイナでしたが、工藤によると…
他人を操って人を殺すように仕向けることができるかどうかの事例を話します。
ある程度は可能らしいですが、元々してはいけないと思ってることは
させることができないらしい。催眠で殺人は出来ない。。。
そして…

「莉子がですね、キイナさんだったらお母さんになってもいい。なんて…
 決して僕が言ってる訳ではなくて莉子が」
と振りむく工藤の目の前にはタケルが(笑)
「キイナさん行っちゃいましたけど、グフッ。伝えときましょうか」
ってこのお約束シーンにタケルを残すとは(≧∇≦)ノ彡 バンバン!


「会ったことのない田所祐二に騙されたという記憶。
 行ってるはずのない沖縄の記憶。
 そして飛行機恐怖症なのに、飛行機に乗ったという記憶」
「記憶は確かなのに、何一つその形跡はない」

謎を解明しようとするキイナ、タケル、桜の元へ、総務課の夕実とマキが現れ、
スキー場で出会った男性と再会した話をします。
「私の記憶の中ではすっごくカッコ良かったのに」と話す夕実に、
「頭ん中で勝手に理想の男を作り上げてたんじゃないの~」
と言う桜の言葉で閃いたキイナ。
しかしこういう「あれ?」な体験もありますよね。不思議現象だ(^_^;)


「実際に自分が体験した記憶と、頭の中で想像しただけの記憶と
 区別がつかないんです。退行催眠による前世の記憶なども、
 実は頭の中で想像して作ったものと言われています。
 …一度自分が信じてしまえば本物のフリをしてしまう」

”常に嘘の記憶が存在している”って言葉には怖くなりましたよ。
自分が体験したと思い込んでる出来事も嘘だったりして?σ(^_^;
幼少の頃の思い出に、現実なのか夢なのか分からないものはあります。
分からないうちはいいですけど、それを現実だったとすり込んでしまうと、
もうそれは現実になってしまうんですもんね。
人間の脳ってホント凄いです。
なのにほとんど使ってないって言うんですから、勿体ない話ですわ。
しかも毎日脳細胞が死んでるなんて~。大丈夫か私(笑)


「自分の恨みを晴らすため、津田さんの奥さんに催眠をかけて、
 田所を襲わせた人物こそこの事件の犯人、診療内科医の桐島貴子です」

催眠を使って人を殺させる方法が一つだけあった。。。

2000万円の投資をしていたのも、沖縄へ行ったのも貴子だったんですが、
こんなことは調べればすぐに足がつくと思うんですけどね~。
催眠でこんなことをすり込まれたらたまったもんじゃありませんよ。
でも…
津田家には2000万円の貯えも余裕にあるってことですかね。
津田は投資の話を聞いてもビクッともしてませんでしたよ。
「そんな金をあいつは…」なんて思わないのも”愛”なのね(^_^;)


貴子は殺人教唆を否定しますが、催眠による殺人の事例も知っていたらしい。
強迫観念を植え付ける。。。
田所を殺さなければ自分が殺されると暗示をかけた。

「あなたに私を逮捕することは出来ない。
 だってあなたの身体はもうそこから動かないもの。…」
その手があったか!(笑)

催眠を導入し易い部屋って何ですか!アロマとか?ヾ(゚∇゚*)チョウヤロ
許せなのは田所の方だと、キイナに優しく語りかける催眠術師・貴子(笑)
「ほ~ら、どんどん瞼が閉じて来る…」

「桐島貴子は無実だった」と報告するように催眠をかけます。
「気をつけて。田所を殺さなければあなたが殺される。…
 そうよ、田所を殺しなさい」

「こうやって津田さんの奥さんにも催眠をかけたんですね」

催眠にかけられたフリをしていたキイナは目を開けます。
その気にならなければ催眠にもかからないってことですかぁ。
部屋の外にはタケルも待機し、犯人確保。


「ねぇ、一つだけ訊かせて。どうして私が犯人だと気づいたの?」
「信じたからだと思います。
 津田さんを思う奥さんの気持ちと、その奥さんを信じる津田さんの気持ちを。
 きっと嘘の記憶より、その思いの方が強かったんだと思います」

今回は逆に犯人に訊かれちゃいましたね。「一つだけ…」って。
これも上手い流れですね~。
毎回何かしら飽きさせない小さな工夫が見られ(笑)
でも…
「信じたからだと思います…」ではインパクト弱い気がしましたわ。

今回の、夫婦愛の強さは充分伝わりましたよ。
序盤から終盤にかけて…
今回のテーマ「夫婦の絆」を見せてくれました。


「これからもよろしくお願いします」とあいさつする津田に、
「こちらこそ」と安堵した様子の雅でした。
津田も、雅が抱えた未解決事件のことを知ってるようでしたしね。
まだまだ引っ張るか…と思いきや、
次回はやっと雅の活躍に期待出来そうです♪




↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い  

Posted by mana at 17:40Comments(6)TrackBack(18)「キイナ」

2009年02月26日

『キイナ』 第6話

今回は「呪い」のお話なんですが…

呪うまでしなくても、嫌いとまでは行かなくても、
その相手が不幸な目に遭ったりすると、素直に喜べない。。。
人の不幸は蜜の味って言いますけど、
人の不幸を笑うと自分に回って来る気がして…
そんな年齢になったのかなぁなんて思ったりしますσ(^_^;

こういうこと(呪う)って、後味が悪いもんです。
警察に自主した小学生の莉子(森迫永依)は大人ですね~。
…って莉子が工藤の娘だったなんて!
亡くなったお母さんの代わりをしてるんですから、
そりゃしっかりしてるはずですわ。
しかしこういう展開だったとは予想外でした。

莉子の担任の牧野(泉政行)が密室で、呪い殺された…とか?
泉政行君って、4話で占い師に殺された黒坂真美さんと共演した、
昼ドラ『冬の輪舞』でのイメージが強く残ってますわぁ。

「担任の牧野先生を呪い殺した」と警察へやって来た莉子。
そこへ現れた莉子の父親・工藤を見て…
「えー!」っと自分のことには気づくの遅いキイナです。

「死ぬなんて簡単に言うんじゃない!」と娘をビンタする工藤は、
いつもの温厚な姿とは別人。急に父親目線で見ちゃうわ。

「パパには私達よりも大事な人が居て…半年前に別れたみたいだけど」
と莉子に言われたキイナはビックリ。
でもこれ、こっくりさんに聞いたらしいです(* ̄m ̄)プッ

私も小学生の頃にやってましたよ。
娘もやってたみたいですからね~、こっくりさんは永遠に不滅か。
どうして「こっくりさん」って言うんでしょうね。

しかし、牧野先生が「彼女がいない」と嘘をついたから呪うってのもどうかと。
でも「彼女がいる」と言われても、その彼女を呪ってたとか?(^_^;)
おませさんには気をつけましょう(笑)


「あの、すいません!」ってキイナが立川先生(入山法子)を
呼びとめるもんだから、今回はこの方が犯人かと思っちゃいましたよ。
前回、私がそんなこと言ったから?(^▽^;)ヾ(゚∇゚*)ナイナイ

しかも”赤いコートを着てマスクをしてた女性”と同じロングヘアって。。。
しかも似たような顔してややこやしい(笑)


呪いも科学で説明出来るだなんて、前回の幽霊同様にホッとします。

プラシーボ効果って言うんですね。。。
車酔いする人達に小麦粉を酔い止めだと言って飲ませると、
バスに乗っても酔わなかったと言う実験を見たことがあります。
不思議ですけど、「病は気から」とも言いますから。
治すぞ!って生きる気合もなければ薬だけでは良くならないかもしれませんね。
「薬なんて効かない」と民間療法を信じる私の母親は、
たまに飲む薬も効きません(笑)

こっくりさんも、指を乗せてる誰かの潜在意識で10円玉が動くらしい。
自己暗示は本人も動かしてると分からないなんて、摩訶不思議。
無意識の筋肉運動によるもので、不覚筋動説ってあるんですね。


牧野の死因は、蜂に刺されたことによるアナフィラキシーショック死。
この言葉、最近ドラマでもよく使われるようになりましたね。
『仰天ニュース』で見てたので、『キイナ』で見る事になるとは何てリアル!
このアレルギー症状、『ヴォイス』でも出て来ましたが、
初めて知ったのは何のドラマだったのか…思い出せません。ウーン(*'へ'*)モヤモヤ


半年前に約束をすっぽかしたのは、莉子が公園で怪我をしたからだと
工藤から理由を聞いて安心したキイナ。
と同時に、莉子から笑顔を奪った責任も感じるのでした。


莉子が、赤いコートにマスク姿の女性を目撃し、キイナに電話をしますが、
尾行しながらそのまま倉庫へと導かれるように入って行きました。
そう、お約束の倉庫です(笑)


交番勤務だったキイナをどうして一課に引っ張って来たのか…
御手洗管理官は雅に話します。
指名手配犯の顔を全部覚えていたキイナは、犯人を何人も捕まえたらしい。
「どっか似てるんだよ。あの事件に執着してるお前とね。
 徹底的に違う点がある。あいつはいつも前を見てる」
雅が引きずってる”あの事件”って何?


マスクの花子さんは、牧野の同級生・中野直美(江口のりこ)だったことを
キイナの記憶で探し出しました。牧野のストーカーだった女でした。
どっかで見た女優さんだと思ったんですけど、『時効警察』に出てたあの人!
全く気づきませんでしたわ(^_^;)

倉庫内では。。。
莉子を目がけて鉄パイプが振り落とされると、
そこへ父親の工藤が莉子を庇い「娘に手を出すなー!」と何度も殴られます。
工藤を何度も殴る方も殴る方ですけど、
工藤も犯人の方を突き飛ばした方が早かったでしょうに(^_^;)

「良かったね、莉子ちゃん。お父さんが守ってくれて。
 莉子ちゃんのお父さんカッコイイね」
「パパ、ごめんね」と泣く莉子。
上手いですね~。
銭ゲバでも、緑お嬢様を好演した永依ちゃん。ホント大きくなりました。

「私、パパがママ以外の人を好きになるなんて絶対嫌だと思ってたけど、
 キイナさんだったらいいな」
「え?」
「でも、キイナさんみたいにステキな人、パパのことなんて好きにならないよね」
「そんなことないよ~。莉子ちゃん達さえいいって言ってくれたら、私、あ」
莉子は居ない(≧∇≦)ノ彡バンバン!
「聞いてないし」
っていつもキイナが工藤にしてる仕打ちとおんなじ(*`▽´*)ウヒョヒョ

しかし3人の子持ちって…
キイナどうする?(^▽^;)


玉置浩二さんと菅野ちゃんの『あいのうた』を思い出してしまったのは、
衝撃的なニュース(ワイドショー)を見たせいだわ。あの頃の玉置さん、
こんな未来が待ってようとは想像もつかんかったでしょうな(笑)
しかし『あいのうた』からDVも想像出来ませんわねぇ。




↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い  

Posted by mana at 22:30Comments(6)TrackBack(21)「キイナ」

2009年02月19日

『キイナ』 第5話

ストレス性胃腸炎で入院したタケルが、「幽霊の声を聞いた!」と。
今回は心霊現象のお話。どうして病院ってピッタリなんでしょう(^_^;)
そんな噂が流れる病院内で事件は起こりました。。。

タケルが廊下で女性の悲鳴を聞きます。
通りかかった看護師に、声が聞こえたと言う502号室を開けてもらうと、
使われず締め切った部屋の窓は空いて…
覗くと下には看護師の小久保美由紀(浅見れいな)が転落死。

看護師たちに事情を聴いて回るキイナとタケル。
看護師の一人に西尾まりちゃんが登場するもんだから、
何か知ってる?って怪しく感じちゃったじゃないですかぁ。
まさかそれも狙ってたとか?(^▽^;)
愛と書いてめぐみ。。。
『パパはニュースキャスター』での子役が印象的。
存在感ある女優さんに成長しましたね~。もうすぐ35歳ですって!ウソー

吹越さんが登場しただけで犯人決まりでしたけど。。。
まぁ誰もがそう思いますわねぇ(笑)
しかも、
キイナが「一ついいですか?」と尋ねる相手は犯人だ(* ̄m ̄)ヾ(゚∇゚*)オイ

看護師たちの心霊体験は…
電動椅子が動く、誰も居ないのに肩に触れた手、鏡に映った幽霊。。。

話を聞いて怖がるタケルが可愛いo(≧∇≦)oキャー♪

キイナの推理。。。
502号室を開けた時にはまだ犯人がそこに居た。隠れる場所は扉の裏だけ?
そしてそっと抜け出し、今来たかのように現れた…宮下医師(吹越満)。


「命を粗末にするはずがない」と、自殺ではないと話す美由紀の母親。
ここで母親を登場させたのは、自殺じゃないと見せるためだけでは
なかったんだということが、ラストで分かりましたわぁ。


「医療ミスをしたのは小久保さんではなく、宮下医師。。。」

何か言いたそうだった美由紀のことを思い出し、気にするキイナ。
「あの時、彼女が何を言いたかったのか。
 そうすれば彼女が亡くなった理由も分かると思うから…」
「真実を見つけることが、僕達が今彼女にしてあげられることなんですね」

そう話すキイナとタケルを、にこやかに見つめる桜。
「やっぱり二人っていいコンビだね♪」(^-^)(。。)(^-^)(。。)ウンウン

桜が『ホスピタルホラー』と言うサイトを見つけました。
「502号室で死んだ」「今度は看護師が死んだ」
この2つの書き込み前には、幽霊のことなどは書かれていなかったと言う桜。

サイトの管理人は宮下医師なのはもう分かりますけれども…
それ以前にこんなサイトを立ち上げてたことがスゴくないですか?
タイトルは変えたんですかねぇ?
それ以前の書き込みが気になるわぁ~。何書いてた?(^▽^;)


そして今回もキイナに協力する工藤の優しい語りに癒されます。
「幽霊の正体なんて、勘違いや思い込みで…
 人間自身が作り上げた創作物だと、僕は思うんですけどね」

「僕は思うんですけどね」って話し方が何だかイイ♪
断言しない言い回しは逃げとかそう意味ではなく、
押し付けない感じって言うのかなぁ…
工藤のキャラがまたそう思わせるんでしょうかね。
それから先は、話を聞いてないってキイナもイイですが(笑)

また工藤は言いそびれちゃいましたよ。
てか聞いてないから。。。。キイナキイテナイ(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
早く聞かせて欲しいです。キイナが振られたと勘違いしてる理由。
「海よりも深い事情」って何なんですかー!


「日本中の病院で心霊現象は起きている」
そのことを調べ、解析したキイナ。

天井の換気ダクトからのクロストーク現象による音がうめき声に。
遺体保存保冷庫のコンプレッサー音が天井や壁に反響してお経の声に。
古い鏡は湿気の多い場所では成分が分離して、自分の姿が二重に映ると。


医療ミスをした宮下は、
その隠ぺいを告発すると言った美由紀を窓から突き落した。。。
でもその証拠は?

タケルがメモ帳を見る姿を見て思い出したキイナ♪
「見つけたー!かも」


「犯人の逮捕状が下りたそうだ」
「青葉記念病院へ向かってるらしい」
そんな書き込みを自分のサイトで見た宮下は、慌てて逃げ出そうとしますが、
そこへキイナとタケルが登場。

ふふふ、まんまと引っ掛かった宮下でしたが、
このサイトで自分の首を絞めることになるとはね~。

キイナは、医療ミス患者のカルテと、美由紀が使っていたメモ帳を見せます。
メモ帳に残されていた投薬の記録は、改ざんカルテのものとは違っていました。

「私は悪くないんだ。悪いのはあの看護師なんだ!… 
 告発するなんて言わなきゃ殺されずに済んだんだよ。
 そうだよ。私だって殺さずに済んだんだ。全部あの看護師が悪いんだ」

「あなたが命を奪ったのは”あの看護師”なんかじゃない。
 小久保美由紀さんと言う名前の一人の女性なんです。生まれて来る時に、
 ご両親が考えて考えて、有りったけの愛情を込めて付けてくれた名前。…」
美由紀の看護師と言う夢や未来を奪った宮下にキイナは、
美由紀の名前を忘れないで欲しいと話すのでした。

このキイナの言葉がなければ、一人の女性が殺された経緯、
その原因やトリックの方を重視してしまうところですが、
身勝手な犯人の思いと共に、
美由紀と言う一人の女性の尊厳を、改めて考えさせてくれました。
毎回キイナがラストで語るお約束シーンは、
このドラマを通して、見てる側に一番伝えたい言葉なのかもしれませんね。


「奇跡かもしれないねぇ」
「何がですか?」
「お前とキイナが出会えたことがさ」

そう御手洗管理官に言われた雅は、何を思う?。。。
雅の過去もチラッチラッと匂わせながら進行するのも上手いですね~。


「全ては科学で解明できるんです」
そう断言したタケル。怖がり屋さんが安心できた言葉です(笑)

「山崎さんって案外ビビリなんですね」と言った夕実はガッカリした様子?
私は、そんなタケルが可愛かったですけどね~(人´∀`)

まさかこの先、タケルは工藤にライバル意識なんて起こさないでしょうね~。
どっちも捨てがたい(笑)




↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い  

Posted by mana at 16:37Comments(4)TrackBack(16)「キイナ」

2009年02月12日

『キイナ』 第4話

沢村さんを見るなり…
ビストロスマップで魅せたセクスィー部長が過ぎってタマラン!
込み上げる笑いが抑えられない。思い出すぅ~(ノ∇≦*)キャハッッッ♪
BGMと共に蘇るあの両肩の微動な揺れ。。。上手過ぎますって!

「先入観にとらわれてるんじゃないのか」
ですって~?真面目な顔して(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
今にも背中が揺れ動きそう!ってもぉ~いいわぁ♪エロ男爵(笑)


占いって女子は好きなんですよね~。
信者になってしまうともう何もかも「当たってる!」からあら不思議。
お金が絡むと霊感商法や詐欺…な展開にも。
今回はそれとは違ってましたが、またまたラストでは唸らせてくれましたよ。
自然な流れが上手いな~。


桜は、奇跡の占い師・星宮麗香(南野陽子)に言われます。
「身近な人に死が近づいてる。純白のウェディングドレス…」
親友の美和子(黒坂真実)を思い浮かべ不安になります。

美和子のマンションへ急ぐ、キイナ、タケル、桜、麗香の4人。

毒殺された美和子。疑われたのは婚約者の須藤啓介(前川泰之)。
ところが…

「どうして星宮麗香は分かったんでしょうか。美和子さんに死が近づいてる事を」
と、キイナは婚約者のことよりも麗香の占いの方に興味が向いてます。
誰も相手にしませんが。

案の定、須藤にはアリバイもあり、殺す動機も…
ってまたタイミングよく3ヵ月前に保険に加入してるって。慌てて入らんでも(笑)


「先生は以前、美和子さんの部屋に行かれたことがありますよね?」
と、あの時迷わず部屋へ向かった麗香に尋ねます。
「それは、あの部屋が美和子さんの部屋だと感じたから」
と答える麗香。何かと都合の良い仕事です。「感じたから…」って(^_^;)


占いで10言われたことが3つしか当たってなくても、
当たった方の印象が強ければ、外れた7つのことはどうでもよくなってしまう。
なるほど霊感商法だ(笑)ヾ(゚∇゚*)オイオイ

工藤はいつもさり気なくキイナの力になってます♪

半年前、キイナのことが嫌いになったからではないのに別れを告げた工藤。
越えられない問題が生じたって何?う~ん気になるぅ!


私、占いのシーンを見て思い出してしまったのが保険のCM。

「恋の悩みですね」
「いえ、家の悩みです」
「2階のトイレが」
「トイレは1階です」
「猫を飼ってる」
「これ、犬の毛です」。。。って上野樹里ちゃんと占い師の掛け合い。
これが真実か?(笑)


そしてキイナが実証して見せます。占いは嘘だと。。。
大抵思い当たるようなこと、あり得そうなことを当たってると思わせる。
これって誘導させる腕前とでも言いましょうか。口八丁手八丁♪


麗香が美和子の部屋に行かなければならなかったのは…
自分の指紋を付けるため。
グラスに毒を塗るために残してしまった部屋の指紋をごまかすために。

ただ、動機が分からない。。。

「全ての事件に動機があるとは限らないだろう。
 お前も先入観にとらわれてるんじゃないのか」と雅係長、ナイスアドバイス。

男子トイレと間違えて閃いたキイナ。青いグラスと赤いグラス…
「もしかして。そっかぁ。そういうことだったのかぁ」
うんうん、私も分かっちゃいました\(^o^)/ワーイ

狙ってたのは男の方、須藤だったんですね。

麗香の妹と須藤は7年前につき合ってましたが、
須藤の運転するバイク事故で妹は亡くなった。。。
7年ぶりに見た須藤の幸せそうな顔が許せなかったと。

何の罪もない美和子を殺したことで、麗香は喉元にナイフを向けますが…

妹の月命日には欠かさず黄色いガーベラが供えられていたと話すキイナ。
こういうキイナのフォローで毎回救われます。
「須藤さんはこの7年間、罪を背負って生きて来たんじゃないでしょうか。
 あなたも、罪を背負って生きて下さい」

ナイフを落とし泣き崩れる麗香でした。。。
が、美和子に申し訳ないと言う割には、須藤の毒殺が成功してたとしても、
美和子に疑いがかかるわ、悲しませるわで、この計画は安易┐(´-`)┌

「先入観」と言う、占いにもかけたキーワードもグゥでした!
バレンタインと言う時期にもピッタリな流れで良かったですし♪

「また血糖値上がっちゃうなぁ」
って御手洗管理官は、総務課の夕実ちゃん(さくら)が好みだったのねん。フフ




↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い  

Posted by mana at 16:12Comments(10)TrackBack(25)「キイナ」

2009年02月05日

『キイナ』 第3話

どうしてこうも同じ役者さんばかり使われるんでしょうね。
今回の山崎樹範君と言い、田中圭君も。
全く違うタイプを上手く演じてるのは分かりますけど、
同じクールであちこち出なくても。。。ねぇ(^_^;)
色んな役者さんで見たいです。
でも今回も面白かったので許すヾ(゚∇゚*)ナニサマ(笑)


「幽霊?蘇り?ゾンビ?」
真面目にこういう推理も立てちゃうキイナがイイですね。
それに反論するタケルも新人らしくてよろしい(^_^;)
今回はタケルも成長出来ましたし。それを気持ち良く見せてくれた回でした。

建設会社の現場監督だった渋沢圭吾(山崎樹範)が、
事務所での石油ストーブによる爆発事故で亡くなった。
遺体は損傷が激しく、血液型と遺留品の指輪と時計で確認されましたが…

渋沢が目撃されたと言う情報から、妻の瞳(紺野まひる)から話を聞くことに。
家の中で自然な動きの瞳でしたが、目が不自由なことを見抜きます。
冷蔵庫の中の牛乳パックの口を指で確認する小さな動きも見逃さないキイナ。

「プロポーズされた場所で目撃されるなんて素敵~。
 私もいつかあんな場所で。。。」
とキイナの妄想で現れたのが…
塚地君のアーップ(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
そして一人照れる菅野ちゃんの表情が可愛いo(≧∇≦)oキャー♪

瞳の目は、このまま放置すれば光さえ見えなくなってしまうという。
アメリカで手術、旦那の保険金と来ればもうピンと来ますわね。
でもここで怪しげな同僚・河野(松尾敏伸)が現れたことでまた謎が。。。
しかし「瞳」ってまた名前がビンゴじゃないですかぁ(^▽^;)


「もしかしたら、死者も再生する?かも」と言うキイナに、
「あり得ません!」とキッパリ言い切るタケル。まだまだ青い新人君です。
この会話は後々上手い(面白い)使われ方をするんですよね~。フフ
キイナの柔らか頭塾を見習わなきゃ(笑)

犯人探しに躍起になるタケルに雅係長は言います。
「そんなに事件が嬉しいか。前にも言ってたよなぁ。
 着任早々事件でラッキーだって。
 楽しい事件なんて存在しねぇ。綺麗な事件なんてないんだよ。
 のめり込めばのめり込むほど、後に残るのは後悔の念だけだ」

我が身に沁みる経験者の言葉だなぁと思ってた所へ御手洗管理官が現れ、
「新人の頃ってみんな同じだね~。いやアイツも青かった時代があるってことだよ。
 みんな事件がやりたくて突っ走る。…正義感に燃えて…
 事件そのものがなければ、被害者も生まれない。
 まぁ俺達の仕事は暇が一番だ。だろ?」
「はい」

この二人の言葉があったお陰で、タケルの気持ちは随分楽になったでしょうね。

河野の不正を調べ上げたタケル。横領の罪を…
「それを押しつけて殺害した!とか?
 殺した相手が生きてると言われたら、誰だって不安になって
 確かめたくなるじゃないですか。それで瞳さんの家に押し入った。かも?」

とか?かも?…「あり得ません!」と断言してたタケルに変化が♪

コルクボードのピンの配置に驚きを見せてた瞳を思い出したキイナ。
しかもその配置を記憶したままホワイトボードに置いて見せるって。。。
やっぱキイナじゃなきゃ無理です(笑)
それは点字でした!「俺は生きてる」。。。

上手いですね~。
ボードのあれを見ても、点字だとは思いませんでしたもん。カラフルだし(笑)
ピンが足りないのか、配置がズレてるのか想像してました。
私もまだまだ青いな~(^▽^;)

渋谷が現れたと言う場所の監視モニターのチェックをするキイナ。
3台のモニターを早送りでって…
これもやっぱキイナにしか出来ません。ちゃんと渋谷の姿を見つけました。
そしてもう一人。。。渋谷の生存を確認するためにそこに立つ河野の姿も!

分からなかったのは、河野に殺されたはずの渋谷の代わりの人間は誰なのか。

渋谷に毒入りコーヒーを差し入れに来た河野。
それとは知らずに、身寄りのない日雇い労働に差し出した渋谷。
そこで、このまま自分が死んだことにしようと思いついたんですね。

光を見せたかったと言う渋谷にキイナは言います。
「あなたが居てくれればそれでいい。あなたこそが瞳さんにとって本当の光だから」

「ありがとうございました」と頭を下げる渋谷を見て、爽やかな顔を見せたタケル。

上司から天丼をご馳走になるのも新人の通る道なんですかね(笑)

渋谷に扮して河野に近づき、ナイフを向けられたタケルの
背負い投げもカッコ良かったですわぁ(人´∀`)
雅も新人の頃はこんな感じだったんですかねぇ~。フフ


捜査内容を絡めながら、タケルの成長を見れたのも良かったですし、
夫の妻への愛情も臭く感じなかったですよ。
どこかの法医学ネタよりジーンと来ました(^_^;)
どうして?ねぇ、どうして?(笑)




↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い  

Posted by mana at 12:45Comments(8)TrackBack(21)「キイナ」

2009年01月29日

『キイナ』 第2話

壁には「死ね」の文字が。。。
犯人は人じゃない?

変な事が起こる。ラップ音がしたり物が動いたり…
何かがこの家にとり憑いていると、娘の雪乃(川島海荷)を心配する
父・雄三(大高洋夫)と母・晃子(かとうかず子)。

そしてキイナと尊の目の前でコーヒーカップが動き出し、落ちて割れた!

ポルターガイストではないかと言うキイナは、
雪乃の部屋にカメラをセットし見守ります。
すると家が揺れ、雪乃が起き上がりました。
首が回るかと思った(笑)

「触るな!」
「誰?雪乃の声じゃない」
「サトシ」

それは8年前に水死した雪乃の兄・サトシ(嘉数一星)の声?
『流星の絆』のアリアケ弟君じゃないですかぁ!
今回は思いやりのあるステキなお兄ちゃん役がハマッてて、。
カッコ良かったですわぁ。
静奈役の熊田聖亜ちゃんにもどこかで会えたら嬉しいですけどね~(^_^;)


「お前が僕を殺した」
妹にとり憑いて告発?
部屋のどこにもサトシの思い出の品がないことに気づいたキイナ。
お兄ちゃんの話をすると両親が嫌がると話した雪乃。
母親が殺したとしたら動機は?
かとうかず子さんも怪しい顔するもんだから、
てっきり母親が殺したのかと疑っちゃいましたよ~(^▽^;)

屋根裏の物置部屋にあったのはお兄ちゃんの思い出の品…

「あーーー!私だ。私がお兄ちゃんを殺した」と、
写真を見てフラッシュバック。
兄を背後から突き落としたことを思い出した雪乃。


雪乃が居なくなったと母親から連絡を受け駆けつけた、
キイナ・尊・桜(小池栄子)たちの目の前で。。。

「お前なんか死んでしまえ。お前なんか死んでしまえ…」
そう言いながら橋の上から飛び降りようとした雪乃を助けたのは、雅係長!
この件は終わりだと言ってたのに、キイナを放っておけないのね。

雪乃は自分のせいでお兄ちゃんが亡くなったと思い込んでいたようですが、
母親の話によると、雪乃の帽子を取ろうとして海へ落ちたらしい。

母親でも雪乃でもなかったってことは…

「どうして家が揺れるの?
 どうして音がバンバン鳴るの?
 どうして私を傷つけるの?」

そうなんです。そこが読めなかったんですよね~。

「ごめんね。きっと答え見つけるから」とキイナ。
おねがおねがいしますおねが~(^人^)ヾ(゚∇゚*)オイ

『ガリレオ』3話でもありましたよね。家が揺れるって。。。怪奇現象。

共振現象だと解説する工藤でしたが、
ビーカーに水を入れて説明するほどのことでもないような。
これだけのための登場って(笑)
しかもこれって事件なんですか?忙しくないんですか、いいんですか?


また大量の資料を速読し「見つけた」とキイナ。
ポルターガイスト現象って過去にも結構あるんですね。

共振しやすい作りの家だったこと。
ラップ音は木材がきしむ音。
カンカン音がするのはウォーターハンマー、水道管が鳴っていた。。

雪乃の罪の意識から生まれた新しい人格。
そして雪乃の怪力は…火事場の馬鹿力ってことで(^_^;)

本に貼られたシールの謎。。。

全部で14冊あったのを思い出したキイナ。
それを並べ替えると…

【ゆきのとさとしのだいぼうけん】

お兄ちゃんが描いたパラパラ漫画をめくると…

お母さんのお腹にいる雪乃。
生まれた雪乃を抱っこするサトシ。
泣く雪乃をあやしたり、犬から守ったり
手をつないだりおんぶしたり…

「サトシさんはあなたの成長を、こうして絵にして描いてたんだねぇ」

最後は【ゆきのだいすき さとし】と書かれていました。

絵は上手いのに字は…(^▽^;)ヾ(゚∇゚*)オイオイ
しかし10歳の子が手の込んだことを。
そんな思いとは別にして、あのパラパラは良かったです~♪上手すぎ。

「あなたは、今も昔も愛されてる」
「ありがとう。お兄ちゃん」。。。で、めでたしなんですね(^_^;)


「味噌汁のお椀が動いた~」と御手洗管理官(草刈正雄)。
本気でしたの?(≧∇≦)ノ彡
これでも捜査経験豊富な元・名刑事だというから侮れません。


事実に基づいて…ってお話がいいんですかねぇ。
ストーリーとしては初回の方が面白かったかも。
次回も期待!




↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い  

Posted by mana at 01:05Comments(7)TrackBack(26)「キイナ」

2009年01月21日

『キイナ』 第1話

事実から生まれたドラマ。。。だそうで。
なら見てみようかな~と軽い気持ちが功を奏し…(^_^;)

何が驚いたって!
ドランク塚地さんが、菅野美穂ちゃんの元カレ役って(^▽^;)ねぇ。。。
工藤真一郎ってまたステキなお名前じゃありませんかぁ♪
真実はいつも一つ!何で「郎」つけた(笑)

菅野ちゃんの目がつって見えるのはメイクのせい?
変わらずキレイですね♪しかし細い足~。腿が足首みたい。
もう31歳なんですね!恋愛よりも仕事を選んだのか。。。


「魚が降って来たんだ。雨みたいに…」
遺体の周りには生きた魚が散乱。
それって竜巻のせい?
キイナ(菅野美穂)は睡眠薬を飲んで自殺したと、事件は解決した訳ですが…

考える姿は一休さん。おやつはマカロン。イメージは働きマン。
何かと繋がってる(笑)
速読力はスゴイですね~(^▽^;)
山崎尊(平岡祐太)の上着の内ポケットの名前のスペルもチラッと読み取り。
漢字名ならまだしも(笑)

雅一馬役の沢村一樹さん。
『必殺』でも珍しく悪役だと思ったんですけど、
今回もまたクセのある刑事役ですね。根は良さそうな人みたいですけど。
三枚目な役が多かっただけに、これからは脱エロ男爵とか?(笑)
『今週、妻が浮気します』のようなキャラはもう見られない?
個人的にはそっちの方が好き。


心臓移植してから突き落とされる夢を見るようになったと
相談に来た幸田絢香(白石美帆)。
取調室での白石さんには気づきませんでした。恋をしてると何かが違う(笑)
「この心臓を助けてあげて欲しいんです」

「グゥ・チョキ・パラッチョ」
と砂場で遊ぶ男の子とジャンケンした絢香。
これは、母子しか知らない秘密の合言葉。
絢香のドナーはこの子の母親だったんですね。

心臓移植の権威・東都大学の鷺沼教授(勝村政信)。
珍しい血液型の研究をしてるって…
もう登場した瞬間から怪しさプンプンでしたわぁ。


「工藤真一郎技官は?」
「僕ですが」
「え~!」
キイナの元カレだと聞いていた山崎の驚きようったら!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
塚地さん、ほんわかしたイイ役ですね。
こういう優しさにキイナは救われて来たんだろうなぁって感じるようなタイプ。
昔も痩せてなくてもイイ男なのです(笑)


「あいつは見つける必ず」
そう鷺沼に電話した雅刑事は、
何だかんだ言ってもキイナの能力は認めてるようですね。

「あの男がB型な訳ない」
って私もそう思いましたよ(笑)
あの几帳面さは「絶対A型」だと、鷺沼の性格を判断したキイナ。
そんないい加減に見えるキイナに、ムキになって反論するエリート刑事の山崎。
でも次第にそんなキイナを認めざるを得なくなって行くんですよね~。


『仰天ニュース』で見たような事件。
あり得ないこともないかぁと思わせますが…
キイナの能力の方がどうなの?あの速読力&記憶力はあり得ます?
それでもツッコミたくない魅力がありました。

鷺沼がどうやって血液型を偽れたのか?
どうして腕の採血をさせたのか。。。

しかしキャラが違うと別人のようですね。鷺沼役の勝村政信さん。
森本医師(コード・ブルー)には見えませんでした(笑)

研究のために殺した。。。
自分の腕に別の血液型の入ったチューブを埋め込んだって…(||゚Д゚)ヒィィィ!
これも実際あった話だと言うから驚き。

期待せずに見たせいか?
『ヴォイス』よりも面白かったですわぁ(^_^;)ヾ(゚∇゚*)ソーナッチャウ?
 
                                  公式HP




↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い  

Posted by mana at 23:58Comments(16)TrackBack(35)「キイナ」