2016年06月30日

安楽死って

尊厳死とは違うんだ。

犬や猫が話せたら…
何て答えてくれるんだろう。











包帯から染み出る膿と血…
三日と持たない。

仕事帰りに実家へ立ち寄り、
病院へ連れて行ってくれる弟には感謝。

診察台での様子を聞いてたら、たまらない…

「嫌がる病院へ連れて行くのももう可哀想だ」
って弟の気持ちと、

「元気がなくてもまだ食欲があるうちは」
って考える母。

「じゃぁ食べられなくなって苦しんで
 寝たきりになってからってこと?」 弟

「。。。」 母

黙~って聞いてるモモを見ながら、
みんなが泣く(・・、)













娘が昨日、会いに行った。
病院から戻ったところをパチリと
送ってくれた写真。

手術もできない乳がんは悪化するだけで、
足まで膿が溜まって腐敗臭もすごいのに、
病人の顔をしてないのが逆に辛くて…
決められない。

17年。
病気もせず長生きしてくれて、
老衰するもんだと思ってた。

いつかその日は来るんだけど…

決めてしまった命の限りは、
自然死する運命を受け入れるよりも辛いかも。


「モモちゃん、またねって。お別れして来た。
 またねなんてないのに」 
って話す娘とまた泣いた(ノ_・、)


人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

Posted by mana at 16:58Comments(0)TrackBack(0)思ったこと
 

2016年06月22日

オキシトシン不足?

『ガッテン!』で見た、癒しホルモン。
認知症も改善されるほどのパワーが!
”ママの手は魔法の手”は嘘じゃない。

娘に話したら、
黙ってスリスリさせてくれるこの頃ヽ(*´∀`)ノゎぁぃ♪

不足してるなって感じたら、
どこでもさすってもらいましょう!
娘の手は魔法の手(笑)


Tさん(70代)のグチを聞きながら、
娘側の気持ちも母親の気持ちも分かる年頃で、
困るわ~。

 Tさん 「そんなことしんでもいいって言ったら
      娘が急に怒って、
      ”そこはありがとうって言うとこでしょ”って」

娘さんの言い方がきついらしいんですが、
キレる気持ちも理解できたりして…

うちの母もおんなじだから~。

「買って来んでもいいのにぃ」って変な遠慮。
なぜまず「ありがとう」が出ないのか。
ガッカリしますぜ┐(´-`)┌

謝って欲しい時には言わないで、
ごめんねもありがとうも、
「悪かったねぇ」で済ますクセ、直せ(笑)
















今年の記念日は、
焼いて焼いてお祝いしました。
娘たちがご馳走してくれた~♪

「ありがと~」

会計後 あすなろハグして オキシトシン♡


人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ ありがとうございます。  

 

2016年06月19日

『トットてれび』 最終回

もう、何て終わらせ方なの。
泣かせといて笑わせて終わるなんて…

「あのね、一回どう?」 森繁

「また今度」 徹子

「あなたね、また今度また今度って、
 しわくちゃになってからじゃ嫌ですよ」

これが最後の2人の会話。
90歳になるまで言い続けてくれた森繁の粋。
さすがです。


第1回『徹子の部屋』ゲストの森繁さんから、
25周年のゲストを森繁さんで…
それを見てる100歳の徹子さんが居て、
そこに森繁さんがタバコを買いに来る。

「おばあちゃん、素敵な髪形だね。
 。。。一回どう?」 森繁

「今度ね」 100歳徹子

繋げて来るわぁ。
初回の「一回どう?」からマンモスの夢までも。

カンペを持つADに一寸(前野朋哉)も時の人!
カメラマンには森田屋ちゃう梅さん(ピエール瀧)?
その横には水たくちゃうけどマネージャー(松田龍平)で、
前回のモギリ(片桐はいり)だって…
あんべちゃーん(ノ゚ο゚)ノ

贅沢だ~♪
何て日だ!


『ザ・ベストテン』では、
3人の徹子が並んでコント(笑)
あり得な~いヽ(*´∀`)ノゎぁぃ♪

セットはTBSからお借りしたんだろか?
テレビもゆる~い時代になりましたもんねぇ。。。
「おしっこ」はNGワードですってよ(  ̄ノ∇ ̄)

「追いかけます。
 お出かけならば、どこまでも」

懐かしいー!
そこに久米さんは要らないんだ…
ってちょいと過ってみたり(笑)


役者の皆さんがそれぞれに良かったんですけど、
吉田剛太郎さんは私のツボでした。
今回も素晴らしかったです!
鏡の回転扉からちょいと覗いてヽ(*´∀`)ノカワイイ

『真田丸』超短出演の信長と、
『トット』の森繁久彌は忘れないと思う。
『ゆとり』も良かったけどね(  ̄ノ∇ ̄)

『カラマーゾフ』の時は怖くて嫌だったのに、
この3年…めざましい活躍ぶりで、
色んな顔を魅せて来るからお驚き。
伝助もよかばってん。
まさかの森重久彌とは。。。憑依!

徹子の部屋に居るだけで、
そこに座って遠くを見て黙ってるあなたに、
泣けて来た(・・、)

〈森繁さんは、
 深く考える話は面倒だという雰囲気だった。
 トットちゃんは、
 年を取るとはこういうものだろうと思った〉

ホームで過ごす王さんたち老人を見せながら、
私たちも考える。

戦後の時代をつくって来た人たち、
テレビと共に生きて来た人たちの晩年を。。。

便利な時代になるにつれ、
「あの頃は良かったなぁ」と思うのは何故なのか。
若い頃には気づけなかったものが、
目には見えない何かが見えて来るんですかね。
それが年を取った証拠(笑)

25周年の記念番組で、
25年後の徹子と森繁なんて、
あら斬新!

「あ~やだな。
 この人たちの生」 伊集院

分かります(≧∇≦)ノ彡バンバン!
でも見たいぞ!
みんな見たいはずだぞ!


25周年『徹子の部屋』ゲスト、
88歳の森繁さんが思い出せるのは…

「友達はみんな逝っちゃった。
 のり平も、清も、向田さんも。
 みんなね、
 あっちでおいでおいでってしてるんだよ」 森繁

「あの、
 今日はそういったお話をなさりたいんですか?
 森繁さん、ね、そういったお話を?」 徹子

「。。。」 

「。。。ここで一旦CMです」

森繁を叱責する徹子。
これがまた満島徹子の口調や表情が黒柳徹子で!
タマネギヘアは若い頃と変わらなくても、
メイクも含めて年相応の徹子になってるからスゴイ!

「森繁さん!
 あのね、ちゃんとやっていただかないと困るんです!
 ね、森繁さん!」

「。。。」

「森繁久彌 という俳優がね、どんなに魅力的でね、
 どんなに素敵かって言うことをね、
 みんなに知っていただきたいのにね、
 それじゃ放送できません!
 こんなのね、テレビじゃありませんよ!」

「。。。」

「森繁さん、
 ご存じかと思いますけど『徹子の部屋』はね、
 生と同じで、編集しないで放送しているんです。
 テレビは生。ね、そうでしょ?!
 わたくし森繁さんに教えていただいたんですよ!
 今日のじゃおもしろくありませんよ!
 ねぇ、おもしろくないの!
 おもしろくないですよ」

「。。。一曲いいかぃ?
 あなたが好きだった、
 僕が作った、あなた好きな、あの歌だよ」

「。。。まぁ。随分むちゃな展開ですけれど。
 お願いいたしましょうか」

「。。。♪知床~の~岬に~ はまなす~の咲く~頃
 思~い出~しておくれ …」

泣けて来た~。
徹子さんも泣いた~(ノ_・、)


〈あんなにおもしろい人達が、
 もう死んでしまっている。
 というのは、やっぱり悲しいものだ。
 でもトットちゃんは、
 逆に死ぬのは怖くない、とも感じている。
 あんなにすごい人達みんなが、
 体験したことなのだから〉

確かにそうだ。
ある程度の年齢を越えた時、
「死」に対する思いが変わって来るのかも。
お迎えを待つ余裕って…
元気で長生きしないとね。
「死にたい」は生きてて最悪だもの。


オープニング曲で盛り上げ~の、
ベストテンに繋げ~の、
3人揃い~の!
逝っちゃった人たちも登場し~の。

♪さぁさぁ お別れだ さぁさぁ出発だ

とことん、泣かせるね~ヽ(^◇^*)/
めでたしめでたし♪

【追記】 http://otomoyoshihide.com/1711/
     大友さんのブログ記事を読んで、
     あっちこっち見返したくなります♪
     うちのヒロシとか(笑)


人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ ありがとうございます。  

 

2016年06月17日

末期の乳がんで…

老猫なので、
手術はしないと獣医に言われ数ヶ月が経ち…

グジュグジュになってペロペロしちゃうので、
しこりが飛び出し血だらけに(゚ロ゚ノ)ノ

見かねた弟が別の病院へ連れて行き、
傷口を焼いてもらって小康状態の現在。。。















母も寝不足続きでダウンしたり無理したり…
右腕の点滴痕が痛々しい。

ホットヨガを始めたことはいいんですが、
毎日通うハマりっぷりで…
「無理しないでね」は、意味がない言葉がけ。

休みたくないから行く…血圧上がる…
めまいする…点滴…休む…
夜中起こされる…昼間寝る…
朝ヨガ悩む…

無理なんて 無理した後に 分かるもの┐(´-`)┌

白内障手術後で、
3種類を1日3回って忙しい点眼と、
にゃんこには抗生剤を朝晩2回。
注射器で口から投与するのも一苦労だったのに、
最近は鳴きもしないし、
嫌がる力も無くなって来ちゃって可哀想に。

借りて来た猫に、
猫なで声の母…

あ、こんなん要らんかった?(ノ∇≦*)
笑い話にしとかんといかんでねぇ。

『真田丸』は…
なんで秀吉と寧だけ名古屋弁で喋らっせるんだろか。
通訳が居らなんだら、
諸国大名ぜったゃ~話になれせんにぃ。

…無理やり繋げるでしょぉ(ノ∇≦*)

綾野剛と春菜の結婚式みたいに、
どこまでも繋がっとるでねぇ♪(笑)


ペットロスに耐えられるだけの根性が、
母にはないかもしれないな~とか…
考えてもしゃーないで。
なるようにしかならんのさ。
ハチのムサシも死んだのさ♪

好きなように生きたらいいわって。
あーだこーだ言わんようにしなかんのも闘い。
それも親孝行かもしれんでさ。
煮てさ焼いてさ食ってさ♪

今さら老骨に何を直せって言うのさ(笑)


ティッシュの箱底開封なんて、
まだ序の口さ(。ˇε ˇ。)


人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ ありがとうございます。  

Posted by mana at 13:10Comments(2)TrackBack(0)思ったこと
 

2016年06月15日

ボケたんとちゃう

思い込んだらまっしぐらやねんヽ( ◔ ڼ ◔ )ノ

そりゃそうだわね~って。
見た目は若い母も、年相応?
座席も譲って欲しいそうな…

「若く見られて損」
って仰っとりますがな(笑)


しかし小さい子供がするなら、
おもろい子や言うて感心するとこやけど…















いよいよなのか?(笑)

まさかの…
さかさまのほら?
SMAPちゃう~(ノ゚ο゚)ノ

♪涙吹いてさ~

笑うしかないか。

♪本当は 泣いてるんだ (ノ_-。)


人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ ありがとうございます。  

Posted by mana at 15:34Comments(2)TrackBack(0)思ったこと
 

2016年06月12日

『トットてれび』 第6話

〈なんで兄ちゃんがあんなに笑ったのか、
 あとになって分かった〉

亡くなった理由も年月日もうろ覚えだったので、
平成6年(1994)はどんな年だったのか、
ドキドキしながら見てました。
この2年後に肺がんで逝去(-人-)


またもや、消せない留守電に泣かされる。

「お嬢さん。元気ですか?
 僕はもう駄目ですけど、
 お嬢さんは、元気で居て下さい。ピー」 


♪俺が居たんじゃ お嫁にゃ行けぬ
 わかっちゃいるんだ 妹よ
 いつかお前の 喜ぶような
 偉い兄貴に なりたくて

さくらより徹子がしっくり来るエンディングに涙。

泣いてたまるか!
元気が一番!

ほんにほんに~(・・、)


「正月になると寅さんを観に連れて行かれた」

男性客の思い出話を聞いたことがあるんですけど、
それで改めて知ったお正月映画だったんだってこと。
今回も思い出しながら見てました。
国民行事的にお正月の恒例行事だったんですね~。

そして…
『世にも奇妙~』からの渥美清・妻(中村優子)登場と、
ワンさん(松重豊)クイズ出すかと思ったあるよ!

分がるやつだけ分がればいいのことよ(笑)


「読んでごらんなさい」って、
徹子さんから手渡された『星の王子さま』。
覚えてしまうぐらい心に刺さったんでしょうね。
記憶力抜群で勉強家だったと言う渥美さんだもの。

「心で見なくちゃものごとはよく見えないってことさ。
 かんじんなことは目に見えないんだよ」

新宿の映画館では笑う観客も、
浅草の映画館では笑わないのはどうしてか…

観る人の感性は土地柄も関係して来るんですねぇ。
育つ環境って、そういうこと。

〈兄ちゃんは小さな目で
 世の中と人生を誰よりも深く
 しっかりと見つめていたのだ〉

小さな目って…ププ
 

チンドン屋さんの格好をした写真、
渥美清で見てみたかったです。
現存しないんですかねぇ(゚-゚*)。。oO

…してもしなくても、
本人は存在しないんですもんね。
そうして形見や思い出で生きていくしかないのね。

100歳の徹子さん、
可哀想より羨ましいかも…

生きてるうちにみんなに会えました!
まぁ斬新(笑)

 最終回へ


人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ ありがとうございます。  

 

2016年06月10日

お座敷de絵本

絵本を買うなんて何年ぶりのことかしらん。
奥までキッズコーナーに行くこともないし。
選んでる時間も楽しかった~♪

小説なら有り得ないことだわ(笑)









もう少し大きくなったらね、うんち系♪
子供って好きよね~。
おならぶーとか(ノ∇≦*)

従弟のチビちゃんにプレゼントする前に…
娘たちに読み聞かせしちゃった。テヘ
懐かしかったし~('▽'*)。。oO


みんなで食事会。。。













もう生後9ヶ月になってる!

つかまり立ちするようになったって、
安全グッズの装着にビックリした。
ここでヘルメットか~ぃ!

似合いすぎて一同爆笑♪
転んで見せて欲しいのにヾ(゚∇゚*)オイ
尻もち止まりか~ぃ!

しかし色んなグッズが出て来て感心する。
ベビープールでは首に浮輪つけて回ってる、
ママの方が楽しんでるムービーとか(ノ∇≦*)

歩行器は良くないんだとか…
それで娘たちは育ったんですけど何か?
お風呂上りは天花粉だったでしょ。

最近の子育て事情に興味津々φ(.. )ヘェ

迷子ひもは姪っ子の時に知って驚いた。
天使の羽がついた後ろ姿…
ヨチヨチ歩きが可愛かったあの頃(゚-゚*)。。oO

私は、犬のリードと同じだとは思わないけど。


さて、座敷で絵本のお披露目。
お待ちかねは私。ププ
そして一番喜んでたのは…

小6の姪っ子だった(笑)











   姪っ子 「ハゲ!ハゲ!」










   

   私 「惜しい!ちょんまげ~」




 






   
   姪っ子 「ハゲ!ハゲ!」










   

   私 「ジャーン!」

   姪っ子 「(ノ∇≦*)キャハッッッ♪」

9ヵ月のチビは、
めくりたいばっかo(≧∇≦)o

それにしても…
従弟の子供って、私の何?
甥っ子でもないし…
おばちゃんには違いないが。


そっか、
子供は「ハゲ」も好きだったか。

忘れちゃうなぁ、
どんな子育てしてたのか。。。


産むつもりなら早くして~(ノ゚ο゚)ノ マゴマゴー!


 【追記】
  『18禁カレー』が3000円もするって聞いて、
  辛さより驚いたわ(゚∇゚ ;)ヒーハー!


人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ ありがとうございます。  

 

2016年06月08日

嫌われる勇気

お客様からありがたいお話が聞けると、
自分もそうありたいと
色々と考えさせられるんだけれど…

小さいにんげんだもの(笑)


哲学や心に響く言葉など
自己啓発には飛びつくものの、
すぐに忘れると言う私に…

  Sさん 「それでいいんだよ。
        にんげんだもの。。。」

さすが、みつを返しo(≧∇≦)o
キャッチボールが楽しい会話力。

そんなSさんが『7つの習慣』をススメてくれた。

  Sさん 「『7つの習慣』でもティーンズがいいよ。
        娘に買ってあげたけど解り易い」

後で調べて気づいたんですけど、
前にも読んだことあるなって。
本じゃない方で(笑)

どちらにせよ、
すぐ忘れるにんげんだもの┐(´-`)┌アキレル

で、思い出したのが…
心理学者のアドラー!  

『100分 de 名著』(Eテレで放送中)
http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/51_adler/
シャブリさんに感謝♪


偶然にも雑誌の中で見つけたアドラーの教え、
「嫌われる勇気」を身につける5ステップ。

人の悩みは全て人間関係φ(.. )ナルホド

 1. 人の評価を気にしない
 2. 今の自分を受け入れる
 3. 競争をやめる
 4. 怒りに走らない
 5. 他人の課題を抱えない

”いい人”をやめると人生うまく行くφ(.. )ナルホド


「嫌われる勇気」に救われる。。。

自分らしくいけばいいんだって信念があれば、
必要以上の気遣いに気疲れすることもないんだって…
最近思う。


【アルフレッドアドラー 名言集】

本じゃない方でも毎日読まないと!
忘れるにんげんなんだもの(笑)


それでいい~のだヽ(*´∀`)ノゎぁぃ♪


人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ ありがとうございます。  

 

2016年06月06日

東海地方の梅雨入りは…

10年日記に書いて来たので一目瞭然。

昨年より1日遅かったんですけど、
今年は何が違うって…
















おにぎりの具か!(笑)


書いた記憶がございません。
東海痴呆(≧∇≦)ノ彡バンバン!


人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ ありがとうございます。  

Posted by mana at 17:12Comments(2)TrackBack(0)思ったこと
 

2016年06月05日

『トットてれび』 第5話

今回のエンディングも、上手いなぁ。。。

『寺内貫太郎一家』ヽ(*´∀`)ノ
♪パヤパ~をバックに徹子さんが踊ります。
100歳の徹子さんも一緒に。

「向田さん。
 私ね、面白いおばあさんになる」


『寺内~』も『時間ですよ』も、
向田脚本だったんですね~。
『阿修羅のごとく』は知らないんですけど、
『パパと呼ばないで』もそうだったなんて、
今更ながら驚きましたよ。

しかも、今回を見るまで…

向田さんは九ちゃんと一緒の飛行機で亡くなったと
思い込んでましたもん!

《昭和56年(1981)8月22日》
って映像を見て「ん?」って考えてました。

どこで脳内変換されちゃったんだろう?
この4年後に九ちゃんが…(-人-)

飛行機嫌いだったと言う向田さんが、
それまでの原稿を全て捨てて引っ越し、
事故に遭うと言う運命。

他愛もないお喋りに花を咲かせた日々。。。

〈あの時間は一体何だったのか、
 トットちゃんは今でも不思議に思う〉

振り返ると、不思議なことだらけですよね。
ここまでよく生きて来られたわってぐらい。


キョンキョンの語りにトランペットのBGM、
『あまちゃん』の切ないシーンと重なる
大友音楽が心地良くも切なくも見せてくれる。。。


向田さんと初めて会った日のことを思い出す
トットちゃん。

「禍福はあざなえる縄の如し。
 というのはどういう意味でしょうか」 徹子

「人生は、幸福の縄と不孝の縄、
 2つの縄がよってあるようなものだ。
 つまり、幸福の裏には必ず不幸がある。
 っていうことじゃない」 向田

「そうかな。。。その、
 幸福の縄だけでよってあるってことは
 ないんですか?」

「ないの」


乳がん克服後の直木賞受賞に、
この後の不幸を想像できるはずもなく…

「あれ、正しかったみたい」 笑顔の徹子

「そうね~。
 人生悪いこともいいこともあるわよね」 向田

死ぬほどの事って最悪の事態でしょうけど、
本人より周囲の人にとって…ですかね。
生きてる側の方が辛いもの。

にゃんこたち、どうしたんだろう。。。












【手作りの洋服から一流ブランドの洋服まで
 向田邦子流に着こなし、料理上手で
 骨董品や美術品の目利きのセンスも抜群。
 人気脚本家となっても庶民的な感覚を持ち、
 愛され続ける向田邦子さん】 blogs.yahoo.co.jp

あの写真に似たものを探すうち、
どれも本当に美しくて…本当に残念。

51歳って今だから若いと思えますけど、
その当時は
小説家のおばさんが亡くなったんだってぐらいの印象。
ひばりも裕次郎も同じ、若すぎる~。
昔の人って落ち着いてたと言うか、大人でしたね。

『とと姉ちゃん』で、
乳繰り合う星野さんと常子に、
「最近の若いやつは!」って言う大人に笑ってしまった。
現代の若者を見たら嘆くどころじゃないでしょうね。
いつの時代にも「今の若いもんは」って言う大人が居ると言う。
「乳繰り合う」ってこう書くんだって言う(笑)


たまねぎヘアのせいもあってか、
メイクもそっくり「黒柳徹子」まんまで感心しちゃう。
ミムラさんの向田さんも、そう見える。。。

親友の別れにジーンと来ちゃいました。
留守番電話をまた上手く使って見せるんだもの。

【当時珍しかった留守番電話を
 早い時期に導入していた。
 機械に慣れない人々が
 面白いメッセージを多く残したが、
 中でも秀逸は黒柳徹子で、
 一分/一通話のシステムでは足りなかったらしく
 特有の早口で九通話連続で
 吹き込まれていたというものであった。
 しかし用件には全く触れられておらず
 「後で直に会って話すわね。」
 という楽しいオチであったため、
 消去せずに保存して来客に聞かせて、
 もてなしの一つにした】 wiki

留守電テープの声って、消せないですね~。

黒いニチャニチャしたお菓子も、
上手く見せてくれました~(・・、)
中園さん、さすがっすね!


幸運の中で生かされてるとしたら、
その裏の不運はちょこっとでお願いします(-人-)

 第6話へ
 

人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ ありがとうございます。