2018年09月23日

『検察側の罪人』 それぞれの正義

どんな職業、立場であっても…

にんげんだもの。









前回鑑賞の
『インクレディブル・ファミりー』上映前、
多くの予告作品が流れる中…

「木村拓哉カッコ良かったね~!
 観たくなる」 

ってそこをチョイスした娘の言葉に
同感だった予告編。

それだけで予備知識もなく
もちろん原作も知らず
鑑賞したせいか、
詰め込まれ過ぎてて勿体無い感が。

これは何度見れば分かるとかじゃなく
中身の濃いものだからこそ、
NHK版全5話で見たらなぁ…なんて
思わせた作品でした。


『三度目の殺人』のように、
検察や裁判官の都合や裏事情で
冤罪も決まる運命だとか…
『99.9-刑事専門弁護士』も然り。

好きなジャンルの上に、
それを木村拓哉と二宮和也が!

好き♡


ネタバレあります。


======================



演技では魅了されても、
仇討ちに肩入れできるまでの
過去の関係性が伝わり難く、
少女のためにそこまでする必要が
あったんだろうかとか、
同情より達成感の無さが消化不良?
いっそのこと、
妹だったとしたらまだ分かる。

あなたの『正義』、
それでいいんだよ。

って思えなかったんだもの。。。


最上(木村拓哉)の家庭内も、
子連れの年上女房と一緒になった
経緯もよく分からない。

仲間との関係もそう。
え?誰?
あ~大学時代の友人ね。

で?誰が誰?

自殺した友人も説明なしに登場。
丹野(平岳大)は議員で?
嫁の親(矢島健一)は大物政治家?
お久しぶりの真中瞳さんは、
ヒステリック嫁役でインパクト大!
もう少し見させて欲しかった。

闇献金疑惑は、
義父の身代わりなのかも分からないし…
義父役の矢島さんって、
岐阜なのねんφ(.. )フロムヾ(゚∇゚*)オイ


橘(吉高由里子)も、
ただの事務官じゃなく…

沖野(二宮和也』は、
あっさり辞めちゃうし…

白川雄馬(山崎努)って、
何者~(ノ゚ο゚)ノ

皆さん贅沢使いで…


2時間じゃムリよ。

原作を読んでる方には
面白く見比べられたかも。



とにかく私は、
何が一番驚いたかって!!


猟奇的殺人犯の松倉が…








『半分、青い。』

一番馴染んだ東濃弁で魅せた
仙吉っつぁんのギター部後輩の
農協の西村さん!

酒向芳さんだったなんて~(ノ゚ο゚)ノ

酒向さん(59)、
多治見出身だで~
そりゃ上手いわなぁ。

今回の犯人役なんて、
おそぎゃぁにぃーーー(||゚Д゚)ヒィ!




松重さんや八嶋さんは、
どうしても『HERO』が過り、
大倉さんは『CHANGE』とか♪
面白かったなぁ…って。

ほやけど、
面白くは見比べれんにぃ(笑)
役違いすぎ…良い意味で。


人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

この記事へのトラックバックURL

http://manamanawatching.mediacat-blog.jp/t130855
上の画像に書かれている文字を入力して下さい