2009年01月11日

『コード・ブルー』新春スペシャル

「名医って何ですか?」
「その答えは現場にしかない」


誰?列車事故に遭遇したフェローは…
その7時間前にさかのぼり。。。

あぁ静奈が居て、父ちゃんと母ちゃんもそこに居る(笑)

「ほらぁ、ジャニーズ走り♡」と娘が言いました。
やっぱり山Pの走る姿はステキです♪
松潤も長瀬君も岡田君も…
あ、吾郎ちゃんは走らない方が(^▽^;)ヾ(゚∇゚*)オイオイ


黒田(柳葉敏郎)は病院を去りました。
タクシーの中で列車事故を知ります。そして黒田は…

耕作(山下智久)のおばあちゃんは治ったんですか?
耕作のことを思い出した?そんなのありですか(^_^;)
以前から申し込んでいた特別養護老人ホームへ行くと言う絹江(島かおり)。

緋山(戸田恵梨香)と心臓外科のフェローとの言い争いは面白かったです。
それがラストへの伏線だったとは…

脱線事故現場。
空からの映像はCG?すごくリアル。
福知山線の列車事故を思い出します。
「家族の心配の声」…ケイタイ電話が鳴り響いてたんでしょうね。

これでは何人医師が居ても間に合いません。
と思ってたところで黒田先生が登場!
さすが敏速・冷静な判断。居てくれるだけでフェロー達も心強い。
それがキャリアを積むってことなんですね。
そばに居てくれるだけで頼りになる、安心出来る。。。
そんな経験が、未熟な頃の私にもありますわぁ('▽'*)。。oO

緋山が列車の上から転落しました!
冒頭で見せた、瀕死の状態のフェローは緋山だったんですね。


レスキューからドリルを借り、子供の頭蓋骨に穴を空け血を抜く耕作。
「何もしなければ死ぬ」。。。
発狂する母親に「俺達も助けたいんです。手を握ってて下さい」
ドリルのスイッチを入れる度ゾッとします(||゚Д゚)ヒィィィ!
運が良かったからいいですが、そんな勇気も必要です。
諦めたらそこで終わり。

黒田の指導の下、足の切開をし剥離・止血する藤川(浅利陽介)。
「絶対足を残すぞー」と言った黒田の言葉は重いです。

今日が初めてだという弱気な救急隊員に、
「一緒に助けましょう」と声をかける藤川は大きく見えました。


患者の優先順位。トリアージ。。。
家族は納得できないです。当然です。仕方ないとは言い切れない現実。
「誰がそんなこと決めたのよ!…お父さんを見殺しにする気?」
そう白石に詰め寄る患者の娘。
「まだこんなにあったかいじゃない」と夫に寄り添う妻。。。


血まみれで意識を失った緋山を、黒田が見つけました。
心肺停止状態のまま何時間経っているのかも分からない。。。
心臓外科に運ばれ、緋山と言い争ったあのフェローが執刀するとは、
見せてくれますね~。


しかし連ドラ初回での彼らを思い返すと、みんな大きくなったなぁって感じます。
チームワークも良くなってます。
トリアージは間違ってなかったと黒田に言われた白石。
「辛い仕事。だからあなたにやらせた…もっともっと成長して貰わないと…」
そう三井に言われ、
「先生。もう泣いてもいいですか」。・゚・(*ノД`*)・゚・。

白石は黒田の右腕切断の十字架も背負ってましたからね~。
黒田の一言で、踏ん張って耐えて来たものが涙と共に溢れ出て来ました。


「私も自分を変えてみようかなと思っただけ。あなた変わったから」
と黒田に対して優しくなれた妻の有里子(奥貫薫)でした。
黒田も彼らと関わり、変われたんですよね。
”先輩が後輩を育てる”だけじゃなく、人が人を変える。
共に育つのは親子にも言えることですが。


藤川が助けた患者。
「いい先生に診てもらった」そう涙声で母親に電話するのを見てジーン(・・、)
藤川が頼もしく見えましたよ。彼には泣いたり笑ったり。
浅利君、この役が本当にハマッてて良かったです。


「一緒に暮らそう、ばあちゃん」
山Pが泣くと私も泣けちゃう(/_;)
「耕作の働いてるところが見れて、本当に良かった」
そう言い笑顔でお別れしますが、タクシーの中で泣いてました。

白石に励まされる耕作。
みんな自分のこととなるとパニクってしまうのに。。。
仲間っていいですね。

「別れが人を強くさせる」ですかぁ。
そうかもしれない。
失敗や別れを経験しても、そこから学び前へ進まなければそうは行きません。
彼らは本当に大きくなりました。
それぞれの成長を気持ち良く見ることが出来て爽やかな気分です。
続編、まだまだイケそうじゃないですかぁ!(^▽^;)




↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い  

2008年07月04日

『コード・ブルー』 第1話

山Pのサービスショットからスタート(u_u*)
背中もステキですけど…ムキムキ
腕を組んだ時の筋がイイ!キュッ!筋好きなんです♪


しかも、すごいメスさばき!動じることもなく早業で難なくクリア。
医学知識が豊富で冷静。
自分の腕には強い自信を持っている藍沢耕作(山下智久)。

救命センター・田所部長は、お懐かしゅうございます。ネズミの運び番♪
児玉清さん、今回はスタッフをあたたかく見守る上司で(^。^;)ホッ


外科医の黒田脩二(柳葉敏郎)。命に厳しい、こちらも自信家。
口うるさいが実は…なギバちゃんの姿をこの先見たいです。


あっちもこっちも「切断」って(||゚Д゚)ヒィィィ!
しかも右腕とは、きびしい~!

現場でのオペを「面白かった~」と語る藍沢。
でもこの言葉、逆に藍沢のやる気を見た気がしました。
「切断ですね」と判断した時の表情に冷たさを感じるんですが、
それも正しい判断であり、迷いはない。
本当はこういう人でなければいけないのかもしれませんね。
救命だからこそですけど。

「俺は名医になる」と言った藍沢。「なりたい」ではなく、
この言葉が確かな未来を期待させていいですね。

そうでない場合もある訳で。。。

ドクター候補生の一人、藤川一男(浅利陽介)。
藍沢とは逆に、小心者。
でも、腕を切断しなければならなくなった少女には、
藤川のような先生が勇気を与えてくれるのかもしれません。

腕は抜群の先生と、心を癒してくれる先生。。。
どっちがいい?(*'へ'*)

浅利君は20歳なんですね。
『キッズ・ウォー』で井上真央ちゃんと中学生やってた印象が。
『タイガー&ドラゴン』では、うどんでしたわぁ…って名前ですから(笑)
『ROOKIES』では小出君を「玉拾い」と馬鹿にした後輩でしたが、
今回はまた新しいキャラで、この先も期待の俳優さんになりそうです。


白石恵(新垣結衣)は勉強家のようですね。
マニュアル通りならOK。でも体が思いようについて来ません。
優等生と言うか、父親は有名医大の教授ですからそれなりに…
お嬢様育ち。
ガッキーは6月に20歳になったばかり。


積極的で負けず嫌いの桃山美帆子(戸田恵梨香)。
違和感ない役です。今回はイライラ度は低く(^。^;)ホッ
こちらは19歳!

いくら若き医師でも…若すぎません?
ちなみに山Pは23歳。君は全く違和感な~し!(人´∀`)♡

最年少フライトナース・冴島はるか(比嘉愛未)は、
若き医師達に上目線な物言いですし。

何だか冷めた雰囲気が、同じ脚本でも『救命病棟24時』とは違う印象。
進藤先生も「切断ですね」って言ってたのかなぁ。。。


昔散々世話になった姪さん、
あんな怒った言い方しなくても~(笑)

それぞれがどんな風に成長して行くのか楽しみではありますが、
不安でもあります。
イライラしない?(^▽^;)ヾ(゚∇゚*)ダレニ!


ミスチルはイイですね~。
この先、『HANABI』が泣かせてくれますかね~♪
過去ドラマで、ミスチル主題歌でハズレはないでしょう。