2013年01月07日

『ダブルフェイス 偽装警察編』

あ~切ない(*'へ'*)

前回の潜入捜査編と言い、魅せてくれましたわぁ。。。
こういうドキドキワクワク気分は久しぶりで、
西島&香川のダブル主演にも堪能させて貰いましたし♪
悪役の小日向さんもおいしかったです(笑)


森屋純(西島秀俊)が書いた「用心棒」の文字、キタ━ヽ(゚∀゚)ノ━!!

どうしてあのシーンをアップに映して見せたのか、
間違えたことに意味があるのかって考えたシーンでしたからねぇ。
こう繋げて来た瞬間が大好き♪

高山の封筒ポンポン癖、キタ━ヽ(゚∀゚)ノ━!!

織田組の犬をもうちょっとで!
ってところまで尾行しながら逃したシーンでしたからねぇ。
高山亮介(香川照之)の癖を見て確信する森屋。
アノ時のアレがココでこうしてビンゴ~!
って瞬間が大好き♪
しかもこの癖の見せ方は、
そうなることを願ってたので本当にスッキリしましたよ。

犬と言えば…
随所に「犬」を意識させて来るんですよね~。

ずぶ濡れの捨て犬と二人をオープニングで見せながら、
途中回想でも挿入する見せ方、上手いですわぁ。
所詮…捨て犬、飼い犬の2人。

捨て犬を見つけた女の子に、
帰ったら手を洗うように注意する父親の言葉も、
汚れたものとしての扱いが印象深く残りました。
せめて雨の当たらない場所に移動してあげる優しさを~(ノ゚ο゚)ノ


織田組組長(小日向文世)が、
高山を含む構成員予備軍の少年たちを前にハッキリと教えます。

「今この国を牛耳ってる連中政治家、官僚、上場企業のトップも
 ほとんどが血統書付きのサラブレッドだ。
 普通に頑張っても、そいつらを押し退けて
 上に這い上がることは出来ない。
 いいか、正義ってのは正しい人間のことじゃない。
 勝った人間が正義になるんだ」

頷いてしまうのはなぜ?
薬(ヤク)を歯に塗るのはなぜ?ヾ(゚∇゚*)ツイデカ(笑)


そして織田が犬の餌…と言ってもステーキ肉を飼い犬に与えるシーン。

「犬は部屋の中で人間と暮らしてると
 自分を飼い主と同等だと勘違いして、
 人間が飯を食ってるとワンワン吠えるようになる。
 だから時々、犬は死ぬまで犬なんだと躾てやらなきゃならない。
 どんな立派な服を着せて貰って良いものを食ってたって、
 犬は死ぬまで犬だ」

念を押すように高山に語るその言葉も意味深で、
高山もそれを簡単に理解するキレ者にと成長していること、
ラストで見せた感謝の言葉と涙を堪える表情を思い出しても、
拾われた時からの気持ちの揺れなど、
セリフがない場面でも香川さんの上手さには感心しきり。
イイ男・デキる男の色香ってこう言うものなのかもって。


前回同様に、ドキドキ感がこのドラマの醍醐味であり、
音楽の使い方も上手し!
『SP』を思い出させると思ったら、菅野祐悟さんですも~ん♪
もう言い尽くせないほど好きな作品を手がけてます。

静かなシーンに流れるピアノの音も心地良く、
緊迫したシーンのBGMには手に汗握る思いで…
セリフがないシーンが多いだけに、
役者(2人の表情)と映像(映し方)、
音楽のバランス、見せ方も見事でした。

高山が、小野寺警視正(角野卓造)の遺品のケイタイから、
電話をかけるシーンもドキドキ。
出るのか、出ないのか…出たー!

「もしもし?」
「お前誰だ?」
「県警の高山だ。。。お前が。。。潜入か?そうなんだな?
 小野寺警視正の敵を取りたい。俺と手を組まないか?」
「なぜ潜入のことを?」
「警視正から聞いた。
 協力してくれればもちろん、警察官としての身分を戻してやる。
 どうした?俺の言っていることが信じられないのか。
 それともそのまま一生ヤクザとして生きて行くつもりなのか」
「。。。」


モールス信号の繋げ方も上手かったですね~。
小野寺のパソコンのパスワードも、「潜入」のモールス信号でしたけど、
高山がケイタイから送ったモールス信号で、
かけ直して来た森屋の見せ方も良かった。

と言って思い出すのは…
前回モールス信号を高山に読まれてた小野寺ですよ。
読まれてる以前に、全部高山に喋ってるし。プンプン
死んだ人のことは言いたくないですけどね、
森屋のデータもそう、ちゃんと考えてあげてなかったんですか?
「知ってるのは俺だけだからな」って脅迫じみた言い方には、
は~?でしたよ。

森屋が高山にパスワードを教えるタイミングが遅かったら…
「用心棒」と書かれた封筒をスッと押し戻して立ち去ってれば…
たらればを言い出したらドラマは始まらないってことは分かっていても、
この2人を助けてあげたくなる衝動は捨て切れず(笑)


で、あの場で森屋が撃たれたことにもビックリでしたけど、
撃った松岡くん…じゃない堺刑事(高橋光臣)も織田組の犬だったって?(*゚0゚)
高山が仲間だっていつ知った?
屋上で?
最後に織田組一網打尽の突入場面でも、上司である高山に対して、
どこまでもあなたについて行きますって勢いの優秀な部下でしたもんね~。
ボスからは能無し扱いされてたらしいですけど…
それで織田組壊滅に協力的だった?


ヒロシ(伊藤淳史)が死に際に言ったセリフ。
「気をつけろ。何気なく、こっちを見てるやつが居たら、
 そいつは、刑事だ」

兄貴から教わった言葉を、ここで使う見せ方からの~、
織田に拳銃を向ける高山。

「なぜなんだ?」
「俺の。。。ファミリーを守るためです。
 自分の道は。。。自分で決めます」

織田から洗脳されるよう育てられた高山が、
ここで使うってo(≧∇≦)oモー!

心臓一発!◎・----------‥…-o_(・_-) バン!
優秀な警察犬に成り上がってしまったため、
飼い犬に手を噛まれることになってしまった織田。

「俺はお前を、実の息子だと思ってる」
子供騙しな言葉をいつまで使う。
織田がもう少し情のある人間だったなら、
本当の親分になれただろうに。。。無様にご愁傷様(-人-)Ω\ζ゜)チン


「チャンスをくれ。
 これから俺は、生まれ変わって善人の道を歩きたい」

森屋にチャンスを求める高山の気持ちも分かる。。。

6年も織田組に潜入しながらも、染まらない熱血漢の森屋には通用せず。
刑事魂を最後まで持ち続けた森屋の人生も何だったんでしょうかねぇ。

「最後のチャンスにかけてみる。
 上手く行けば、刑事に戻れるかもしれない」 森屋
「上手く行かなかったら?」 奈緒子
「その時は、死ぬだけだ。。。
 本当の自分に戻って、もう一度君と出会いたい。
 今度こそ乾杯しよう」


お互い、女性との出会いで生きる希望みたいなものが芽生え、
人生を変えたい、やり直したいと思い、
そこからのお互いの心理や葛藤の見せ方が良かったですね~。

香川さんの立ち居振る舞いを見て、
指先から表情、足の先まで神経使って演技してるな~って思わせました。

ラスト近く、特にそう感じさせたのは…
屋上で森屋に手錠を掛けられ拳銃を突きつけられながら、
少しずつ前へ進むシーン。

西島さんの力が抜けた感じと相まってそう魅せてたと思うと、
益々この2人が本当に役にハマッてて良かったと思えます。


「明日人生が変わる」
そう願って奈緒子(和久井映見)との乾杯を夢見た森屋は、
堺に撃たれて死に…
その堺を同じ犬仲間だと知った高山は堺を撃ち…
これで善人の道を歩けると安堵の表情から一転。
織田組は敵対していた黒辰会の傘下に。
高山の事情も状況も知る黒辰会組長(北見敏之)が、
子分たちを引き連れ挨拶に来るなんて~)゚0゚( オーマイガー

表面上だけでも頭を下げる親分とは違って、
誰一人頭を下げるどころか、ポケットに手を入れ上から目線の子分たち。
完全に高山を犬扱いして見せたラストも見事でした。


明るい未来を想像させる終わらせ方じゃないのに、
逆にそうじゃないせいでこの余韻は何?
見応えのあるドラマで、3度も見返しちゃいましたよ。
娘たちも引き込まれて見てました。

ラストに「あ~ん!」って。

この結末に、感想をどう表現すべきか言葉が見つからない。。。


WOWOWバージョンのためか、
変な切り方でのCM入りも「あ~ん!」だったんですけど、
WOWOWさんとTBSさんに感謝しよう(笑)


人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ応援ありがとうございます。

この記事へのトラックバックURL

http://manamanawatching.mediacat-blog.jp/t86576
この記事へのトラックバック
 これは先日TBSで放送された「ダブルフェイス 潜入捜査編」の後編で、織田組のスパイとして警察官として生きねばならなかった男・高山亮介(香川照之)を中心に描いている。
HPは ...
「ダブルフェイス」 偽装警察編【トリ猫家族】at 2013年01月08日 17:47
あの香港映画の傑作「インファナル・アフェア」が、横浜を舞台。日本の名優達で、こういう風にリメイクされるとは思わなかったので「をを~!」だったのでした。

(2度あることは...
ダブルフェイス 潜入捜査編・偽装警察編【のほほん便り】at 2013年01月10日 17:16
小説などでは、悪人が「ろくな死にざまはできないよ」と言われたりします。どうも、現
偽装【哲学はなぜ間違うのか?】at 2013年01月17日 22:46
SPドラマ「ダブル・フェイス 偽装警察編」を見ました。 

26日 TBSにて9時からやってました

さて先週の潜入捜査編からの続きで

今回は偽装警察ということで、香川さんのパートが多く
...
善人になることの苦悩【笑う社会人の生活】at 2015年11月18日 20:57
この記事へのコメント
こんばんわ~♪ いや~良かったよね~
もうちょっとCM少なくして欲しかったけどさ~(笑
も~記事かくまでに3回ぐらい見ているのに、12月のWOWOW放送でも見ちゃったし、正月の地上波放送も見ちゃったよ~
どんだけ好きなんだよってね~
「潜入捜査編」とはまた違った、ヒヤヒヤがあったよね。
>森屋が高山にパスワードを教えるタイミングが遅かったら…
「用心棒」と書かれた封筒をスッと押し戻して立ち去ってれば…
そうなんだよね。
もしかしたら、森屋が高山のことに気づいても黙っていれば、死なずに済んだんじゃないか・・って思ったりもする。
自分と同じように2重生活を送ってきた分身のような存在だもんね。
生きて欲しいって思ったんじゃないかな~って思ったよ。
でも、正義感の強い森屋が黙っている訳ないんだけどさ・・・
>完全に高山を犬扱いして見せたラストも見事でした。
そうそう、憎たらしいったらありゃしない(笑
オマエラ、その態度はなんだ・・って思っちゃった。
あの堕ちていくエレベーターの中でも泣き笑い・・あの演技もすごかったよね。
も~やるせないったらありゃしない・・と思いつつもあの美しい音楽に浸ってしまうという・・・
本当にすごいドラマでした。
Posted by きこり at 2013年01月08日 17:46
★きこりさん

こんにちは~。ホント、余韻がいつまでも…
きこりさんの松岡への思いが太字でめちゃ伝わって来たし(≧∇≦)ノ彡バンバン!
松岡にも完全に騙されてたしね~!
って、きこりさんが「松岡」呼ばわりしてるだけで笑えたよん♪
3回見てしまった自分にも驚いたけど、上には上が居たもんだ(笑)

我が家では最初のダイジェストがあったお陰で、
下の娘がハマッてしまってもうドキドキの釘付けでしたわ。
最近はドラマを見て語り合う機会も少ないから嬉しい母なのだ♪

『潜入~』は西島さんの今までにない役柄と演技に見惚れ、
『偽装~』では香川さんに集中してたせいか、その演技の上手さに脱帽!

>自分と同じように2重生活を送ってきた分身のような存在だもんね。
うんうん。PCを取りに行った時には敵対心どころか、同志のような思いがあったはず。
織田組の犬を見つけてみせるって張り切って見せる森屋に、
どんだけ熱血刑事なんだよ~って心配してたら、簡単に死んじゃって。
正義って何なんだろうね。死んだらお終い。。。

>あの堕ちていくエレベーターの中でも泣き笑い・・あの演技もすごかったよね。
心情の見せ方も本当に上手かった。
セリフのない場面でも、見てる側に想像させてくれたりね。
やっぱ二人の演技力ですかねぇ。見事でした!
香川さんの演技が流石なのは分かってても、
『龍馬伝』は置いといて、『アンフェア』の頃を思い出しても…
色気を感じるなんてことはなかったヾ(゚∇゚*)オイ
ところがですよ、今回は色んな場面で感じちゃったのよ~。
政治家の娘・万里とベランダで花火をしてるシーンとか、
恋とも違う感情の見せ方に「男」の切ない部分が見えちゃって、
現金輸送車の強盗犯を捕まえるシーンと合わせてカッコ良くて、
万里も心掴まれたんじゃなかろうか?とかね。
騙されたと思った万里に「違うんだ」「俺を信じてくれ」って言う高山に、
「違うんだってば」「信じてあげてよ~」って肩持ったところで、
一言では説明出来んでしょーがー(ノ゚ο゚)ノ

本当の「悪」に成り切れなかった二人。
悪人に成り下がってたらどんだけ楽に生きられたか…

きこりさんはレビューでもコメントでも語り尽くしてるはずなのに、
私も思い出しながらつい語ってしまって、
消化不良をココで解消しようとしてるよごめんよ~(笑)

今期は熱くさせて貰えるかしらん?
またよろしくです(^-^*)/
Posted by manamana at 2013年01月09日 17:26
私的にはオリジナルの香港映画インファナル・アフェアの方が当然良かったですが、このリメークも楽しめましたね!
Posted by senchan at 2013年01月13日 00:41
★senchan

日本のドラマでこんなにドキドキさせて貰ったことって…
何かあったかしら?
ホント面白かった~♪
トニー・レオンとアンディ・ラウ。。。また違ってイイんだろうな~('▽'*)。。oO
Posted by manamana at 2013年01月13日 14:02
とにかく主演の2人の演技力は脱毛じゃなくて脱帽ですよね。
Posted by senchan at 2013年01月16日 21:50
★senchan

オヤジかっ!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
頭皮の毛は大切に(笑)
Posted by manamana at 2013年01月18日 10:59
うん!うん!…思わず観いちゃった~~

やくざ&刑事映画なのに、とってもハートフル。

ラストの・・・むむ??…なムナシサ。余韻感。
重厚な作品でしたよね~

なぬ!?三度も観た?
あたしは「ドラゴン・タトゥの女」を二度観て、やっと内容が理解できた。←ボケか?!
でも、これもおススメ作品よ~~26日にwowwowでやるってえ(*^^)v
Posted by ゑ女 at 2013年01月22日 14:00
★ゑ女さん

良かったでしょ~♪
こんなスリリングで切ないお話がありますかぁ!
また思い出して余韻が…(笑)
何度も見たくなるドラマは久しぶりですよ。

>あたしは「ドラゴン・タトゥの女」を二度観て、やっと内容が理解できた
そうなの?
この映画も評判が良かったし、観たかったんですよ~。
ゑ女さんもオススメしてくれるんだから間違いなしね。
WOWOWが見られる人が羨ましい。
『ダブルフェイス』同様、早めに地上波で放映してくれないかなぁ^^;
Posted by manamana at 2013年01月23日 17:32