2012年07月09日

『ビューティフルレイン』 第2話

今回視聴率は9.5%でダウン。
TBSでスタートした『サマーレスキュー』が14.7%に、やっぱりな。。。
日曜洋画劇場『トイ・ストーリー3』は12.1%って何で?
やっぱり何度目だのジブリなのか。。。恐るべし。
ちなみに来週は『スパイダーマン』ですが、
スーパーマンになった父ちゃんなら勝てるかも!

視聴率と同時に、録画率って出せないもんですかねぇ。
我が家も録画しながらもつい観ちゃいましたけど、
やっぱりおもちゃの仲間たちには泣きました。
ラストはそう持って来なきゃ~(/_;)

そういう見せ方、ツボが分かってないと感じた今回。

もしも、今回のラストが泣かせて盛り上げる演出だったとしたなら、
それは違う。あれでは貰い泣きもしないです。
てか、父ちゃんは子供か┐(´-`)┌

誕生日会に遅れて戻った圭介(豊川悦司)。
プレゼントのローラーシューズはサイズが違う。
この前は水筒を買うのも忘れてた。
買って来た本も隠すなんて怪しい。
何か嘘をついてる父ちゃん。。。

「こんなの要らない!父ちゃんのバカ!」 シューズを投げる美雨

「謝れ、美雨。ごめんなさいしろ。美雨、謝れ」

「嫌だ!
 美雨が一番大事って、世界で一番大事な宝物だって言ったくせに、
 どうして誕生パーティーに遅刻したの?
 何で?ねぇ何で?
 父ちゃん何で忘れ物ばっかりするの?おかしいよ。
 父ちゃんはこの頃おかしいよ」

「おかしくない。
 父ちゃんだって、色々大変なんだ。
 何にも知らないくせに、何にも分かってないくせに、
 父ちゃんばっかり責めるな!。。。

 美雨 ごめんな。悪いのは父ちゃんだ。
 ぜ~んぶ父ちゃんが悪いんだ。
 美雨 ごめんな。ごめんな。ごめんな。ごめんな。。。」

涙を流す2人のやり取り。
全くこちらに響いて来ないのは…

圭介が本屋で、『アルツハイマー病がわかる本』を買い、
住み込み先の中村工業の娘・アカネ(中谷美紀)に見られると言う見せ方。
圭介はネットが使えないのかな~って思って見てると、
夜中にこっそりPCを開き、若年性アルツハイマーについて調べてる。
持ってるんじゃ~ん。

この本の使い方がイマイチで、
小道具になってるようで邪魔してるようで…

その本を見た娘の美雨(芦田愛菜)に訊ねられた圭介は、
「これはあれだ、あの、大人の本。
 だから、あの、あっ子供は見ちゃ駄目」と手の届かない場所へ。。。

仲良し同級生の小太郎(高木星来)から、
「それは女だな。美雨の父ちゃんには女ができた」
なんて言われて益々不安になる美雨。
口裂けオヤジの噂話と言い、
すったもんだのタネを蒔く小太郎の使い方はグッジョブ(笑)
だって可愛いんだも~ん♡


中村工業社長・富美夫(蟹江敬三)が、
娘のアカネに何も言えない様子はどこも同じな父親像。
娘に弱いのは我が家とダブって見てました。

蟹江敬三さんっていいな~って魅せられたのは、
NHK土曜ドラマ『トップセールス』での上司役でした。
『龍馬伝』での汚らしい父親の姿もインパクトありましたけど、
『Sweet Season』で松嶋菜々子ちゃんの父親役も、嫌で印象的(笑)
好きな俳優さんの一人です。
今回も優しい人柄で嬉しい。

そんな社長だからこそ、圭介は相談するべきだと思うんですけど、
大事な取引先との約束も忘れ、
これ以上迷惑をかけられないって危機感が全く感じられない。

道に迷って家に帰ることができない様子も、自転車でグルグルグルグル…
あそこまで長く見せられちゃうとイライラする~。
「もう早く訊けばー!」って。
結局、交番で訊いてるじゃんって┐(´-`)┌
言いたいことは分かるのに何だか残念で。。。

本人がまだこの現実を受け入れられなくて、
パニックになるのも分からないでもないんですけど、
「何も分かってないくせに、父ちゃんばっかり責めるな!」ってセリフにも唖然。

謝れ!って言う前にちゃんと説明してあげて~。
上手な嘘もつけないんだから。
その葛藤が、再三周囲の人間に迷惑をかけることで見せられるのが辛いところ。

全てを受け入れ、周囲の協力も得ながら前向きに…
そこからが見せ場でしょうか。
早くしてくれないと視聴者の心は他局に奪われちゃうよ(笑)

不安な表情が切なくて…
困った顔して立ちすくむ圭介を見てたら、
『愛していると言ってくれ』の続編が見てみたいな~って過ぎりました。
ここに常盤貴子ちゃんとか、麻生祐未さんとか、
余貴美子さんとか相島一之さんとか…
出て来てくれないかな~って。

「榊くん!紘子のことは覚えてるでしょ?
 話せるようになったのに、全部忘れちゃったの?」

妄想するしかおまへんねん(笑)ヾ(゚∇゚*)ナンデヤネン


人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ応援ありがとうございます。

この記事へのトラックバックURL

http://manamanawatching.mediacat-blog.jp/t80802
この記事へのトラックバック
フジ系ドラマ『ビューティフルレイン』(公式)の第2話『記憶を失うとき一番大切な人を傷つける』の感想。 主人公の病気はどんどん進行しているのに… ★記事の続き(詳細)は、下記...
ビューティフルレイン (第2話・7/8) 感想【ディレクターの目線blog@Seesaa】at 2012年07月09日 15:04
story「記憶を失うとき一番大切な人を傷つける」 2012.7.8 sun.on-air 木下圭介(豊川悦司)は、医師の古賀豊(安田顕)から、若年性アルツハイマーだと診断される。しかし圭介は、愛娘の美...
ビューティフルレイン 第2話【ドラマハンティングP2G】at 2012年07月09日 16:33
最近父ちゃんはため息が多い----------。先陣切って始まった夏ドラマ。1回目の視聴率は12.9%とまぁ普通な数字だったわけで、今週からは「サマーレスキュー」も始まって2本がどんな...
ドラマ「ビューティフル・レイン」 第2話...【◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆】at 2012年07月09日 16:56
 第2話「記憶を失うとき一番大切な人を傷つける」

JUGEMテーマ:エンターテイメント

ビューティフルレイン 第2話「記憶を失うとき一番大切な人を傷つける」【Happy☆Lucky】at 2012年07月09日 17:04

『記憶を失うとき一番大切な人を傷つける

内容
仕事中のケガで頭の検査を受けた圭介(豊川悦司)は、
医師の古賀豊(安田顕)から若年性アルツハイマーだと告げられる。
だが“隠し事...
ビューティフルレイン 第2話 【レベル999のgoo部屋】at 2012年07月09日 17:53
『記憶を失うとき一番大切な人を傷つける』

本文の続きとトラックバックの送信先は本家へ
ビューティフルレイン #02【ぐ〜たらにっき by gooブログ】at 2012年07月09日 19:58
「記憶を失うとき一番大切な人を傷つける」第2話の視聴率は、前回の12.9%より下がって、9.5%(関東地区)でした。裏で『サマーレスキュー』が始まったので、仕方ないでしょう。ちな...
【ビューティフルレイン】第2話感想と視聴率【ショコラの日記帳】at 2012年07月09日 23:33
「記憶を失うとき一番大切な人を傷つける」 第2話の視聴率は、前回の12.9%より
【ビューティフルレイン】第2話プチ感想と視聴率【ショコラの日記帳・別館】at 2012年07月09日 23:33
・サマーレスキュー 天空の診療所第1話
山の診療所に突然勤務を命じられた心臓外科医速水圭吾@向井理が
大学病院のやり方がまったく通用しないことにとまどいながら、
成長していく話...
サマーレスキュー 天空の診療所第1話 & ビューティフルレイン第2話(7.8)【まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)】at 2012年07月10日 00:22
■ビューティフルレイン二話
豊川悦司が父親役で芦田愛菜が娘役。この親子の何気ないやりとりは微笑ましくて楽しい。が、豊川は若年性アルツアイマー病なわけで・・。なんでまたそん...
ビューティフルレイン二話&リッチマン、プアウーマン一話感想【NelsonTouchBlog】at 2012年07月10日 06:06
・・・独身男女だろう・・・それに寂しくて死んじゃいそうになるのは小太郎の母親の新井春子(国生さゆり)だろう。 いや、だから、子供の心なんてこんなもんだろう・・という比喩的表現...
父ちゃん(豊川悦司)たち大人の独身男性は寂しいと死んじゃうらしい(芦田愛菜)【キッドのブログinココログ】at 2012年07月10日 06:15
この記事へのコメント
mana様、こんばんは。

ふふふ・・・迷える子羊ちゃんですな。
このドラマは泣かせようとしてないと思いますぞ~。
どちらかといえば・・・微笑んでもらおうとしているのですな。

まあ、ストレートに言えば笑わせようとしているのです。

だって・・・幼い娘がいるのに
若年性アルツハイマーなんて・・・
もう笑うしかない状況なんですから~。

「わたしたちの教科書」では
「mother」の脚本家が悪魔のような設定を
展開してましたな。

主人公の女弁護士は
子連れ男を恋人にするのですが
男は娘を残して失踪。
男に捨てられたと思ったヒロインは
娘に冷淡にふるまう。
そして娘はいじめのからんだ事件で
死亡・・・。
ところが・・・ヒロインを捨てたはずの
恋人は単に若年性アルツハイマーで・・・
ひっそりと実家で生きていたのです。
何もかも忘れて・・・。
どっひゃあああああああっでございますよ。

それにくらべたら
このドラマの下町人情オールスターズ。
どんなに困難で
せつない主人公でも
きっと優しく包み込んでくれる・・・
キッドはそう考えています。

そうでなかったらユーミンを捨て
怨みます・・・
と中島みゆきモードに
チェンジすればすむ話ですしーーーっ。

どうせ、もうすぐオリンピックですしーーーっ。
Posted by キッド at 2012年07月11日 20:07
★キッドさん

こんにちは~。

そっかぁ。。。
やっぱり求めてはいけませんね。
素直に見なくっちゃ。

圭介のわざとらしいため息も、父子の朝食風景も、
明るいBGMと共に「何のドラマ見てたんだっけ?」
なんて思わせるような始まりでしたもんね。
笑うとこ。
それでも深刻なシーンに、
グッと来るセリフでもあるといいんですけどねぇ。

口数は少なく、切ない表情で、たまに軽く微笑む
トヨエツ像がチラリズムしちゃって。
笑える父ちゃんは何か違うけどギリギリの状態。
弁護士のクズの斬新さに驚きはしたものの、何か違う。
信長様はしっくり来てたのにな~。。。

どんなドラマでも贔屓目は大いにあるものの、
『もう一度君に~』の和久井ちゃんがムリでも、
『清盛』では全く問題なく受け入れられるのと同じ感覚のような…

>恋人は単に若年性アルツハイマーで・・・
>ひっそりと実家で生きていたのです。
そうでしたっけー!
『わたしたちの教科書』と言えば…
暗くてキモかった教師役の水嶋ヒロくんが、
後に『イケパラ』登場で同一人物だと知って驚いたもんです。
校長の息子役の五十嵐隼人くんも印象的。
って内容よりも出演者の役柄に左右されるみたいですσ(^_^;

夢中で見てたのに、どっひゃあああああ…もすっかり忘れてるって、
ドラマの何を見てるんですかねぇ。
やっぱり精進します(笑)

>このドラマの下町人情オールスターズ。
老人ホームを訪れたシーンも、
忘れてしまう未来は不幸なんかじゃないんだよって見せ方で、
辛い暗い臭い汚ない、そんなものを見せられても何だかな~だし。
周囲の優しさに包まれながら、
どんな人情を見せてくれるのか…
介護されるトヨエツを守りたいと思います(笑)
これぞドラマでしか見られない醍醐味…チーズ味♪

ユーミンの歌を愛菜ちゃんに歌わせたことも…
営利目的なんかじゃない。
笑わせようとしてるだけですよね。
アハハハハハハ…ハァ
Posted by manamana at 2012年07月12日 12:05