2014年12月02日

『信長協奏曲』 第8話

昭和時代も戦国時代も戦争は、
「立派な死を遂げた」なんて言いますけど、
死んだらおしまいですからね。
遺された者たちの無念な思いを和らげるため、
志を見失わないため、
モチベーション上げて、
生きて行かなきゃならないんだもの。

死に方に立派も惨めもない…

「あの時、父上に言えば良かった。。。
 頑張ってって言ってあげれば良かった。
 そうすれば、
 父上は死ななかったかもしれないのに」 蘭丸

泣かされましたよ(/_;)

どうしたって、家族には心残り。
天命を全うしよう。。。

いつまでも悪いことしてると、
いつか地獄へ堕ちちゃうよ(笑)

蘭丸役の田中悠太くんって…
『PRICELESS』や『Oh,My Dad!!』にも出てた、
田中奏生くんだと思って見てたら違ってた(*゚0゚)
事務所も違うから他人よね。
次々と名子役ちゃんが出て来て大変。
見てる方は無責任に楽しいからいいですけど~♪


衆議院議員総選挙間近で、
選挙カーの上で力説する政治家が過ぎる、
サブローの演説がまたリアルにウケる。

「織田、織田信長です。
 皆さんの話聞かせてください。
 国民のため、暮らしやすい世の中をつくります。
 それが私のマニフェ。
 マ。。。マニ。。。何だっけ?

 マニファクチャー!
 とにかく、いい国つくろう織田信長!
 私が変える!元気ですか!」

プチッと切り感がナイスにタイトルコールへ(≧∇≦)ノ彡バンバン!
演出や編集の上手さをあちこちに感じる。

帰蝶が風車を選んでる時に登場した爺さん。
『テルマエ・ロマエ』の平たい顔族の長!
ほんのちょい役で印象を残す菅登未男さんo(≧∇≦)o
83歳ですって…
高倉健のそれとは違う存在感。

『幸福の黄色いハンカチ』が心に響いたのは、
故人に思いを寄せて見たからなのか
分からなかったけれど、
いい作品だと感じられたのは、
自分がそんな年齢になったんだなって
思いました。。。


ちょい役と言えば森下能幸さんもそう。
今回のレギュラー陣の中、
森りん役も光ってました~。
『オモクリ監督』でバカリズムさんに起用されてましたけど、
そこでも子供たちとの絡みが心地良かった。
子供だけに見える妖精が見事でしたよ(ノ∇≦*)
北野武監督も彼の演技力を高く評価してたほど。

森可成の名を現代の歴史物語に残した
森下能幸氏の功績は大きい(笑)


サブローが言ってたように、
笑顔しか思い出せない森りん。
何でだろうね?

スタッフの力ヾ(゚∇゚*)オイ

一々笑顔で信長を見守る森りんを見せとき~の、
そして息子たちとの前振りがあり~の。

「俺分かったわ。
 戦のない世の中つくりたいって
 ずっと言って来たけど、
 俺がつくりたいのって
 ああいう人たちの笑顔なのかもしれないなぁ。
 ようやくその第一歩が踏み出せた気がするよ」 サブロー

「大きな一歩でございますな、殿」 涙の森りん

「もう、また泣いた」

「す、すいません。
 わしはもう泣きません」

からの、宇佐山城攻めへ。。。

「わしが守りますぞ。殿。
 よいか、皆の衆。
 わしが敵の盾になる。
 お主らは何としてもこの城を守り抜くのじゃ。

 わしはこの命を織田のために捧げる。
 わしを支えてくれた皆のために。
 わしを許し、そばに置いてくれた殿のために。
 そして!
 せがれたちの誇りであるために。
 わしは武士として戦う!」


1570年9月。
『宇佐山城の戦い』で森可成討死。享年48歳。
翌年の『比叡山焼き討ち』へと続き、
戦のない世になるのは簡単じゃないサブロー。
徳川の時代で変われたのは、
あの時グラビア雑誌を手にしたからでござろう(*ノ▽ノ)

『座』=商人たちの組合
なんですね~。
あの時代の団子も、
美味かったのかなぁ('▽'*)。。oO

今回もサブローが歴史通り動いてくれました(笑)

一、座の廃止
一、関所の廃止
一、徴兵の廃止

これらもそうなの?
もう何も、
心配~ないさ~o(≧∇≦)o

愛知県大村知事も提唱してた『楽市楽座』。
名古屋城周辺の集客は簡単じゃないでしょうから…
USJをつくってくれたらなぁ('▽'*)。。oO
みんなぜったゃ~名古屋にも来てくれるにぃ。
でSMAP呼んで欲しい!
いやその前にスパイダーマンリベンジとハリポタ♪
個人的希望ですヾ(゚∇゚*)オオサカイケ!


「光秀殿にお伺いしたいことが」 秀吉

「いかがした」 光秀

「信長様は双子であらせられるのですか?」

「。。。はて、存じませぬが」

「あぁ、さようですか」

「何故そう思われたのですか?」

「いやぁ。この間
 殿によく似た者を見掛けたもので、
 もしやと思ったのですが。
 他人の空似ですな」

「。。。」

秀吉の謀略とは。

諦めたらそこで試合終了だけど…
覆面取ったらそこで終了(笑)


次回は、
メリ~クリスマ~ス♪

サブローのモノマネo(≧∇≦)oダレ?
一週間待てない!

 第9話へ


人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ応援ありがとうございます。

この記事へのトラックバックURL

http://manamanawatching.mediacat-blog.jp/t104977
この記事へのトラックバック
2014年の流行語大賞は、「ダメよ~ダメダメ」と「集団的自衛権」。なるほど ね。
『信長協奏曲』第8話、原作コミックとの比較など【テンメイのRUN&BIKE】at 2014年12月03日 02:52
信長協奏曲(コンツェルト)第8話

森可成「わしはこの命を織田のために捧げる。わしを支えてくれた皆のために。わしを許しそばに置いてくれた殿のために。そして!せがれたちの誇り...
信長協奏曲(コンツェルト)第8話★森りん(森下能幸)の最期【世事熟視〜コソダチP】at 2014年12月03日 11:43
『命に代えても守るもの…信長様と見た夢』
信長協奏曲 #08【ぐ~たらにっき】at 2014年12月03日 12:53
下剋上とは・・・下のものが上のものに打ち勝つことである。 つまり・・・実力主義である。 これに応ずるのが年功序列主義なのか血統主義なのか・・・適当な言葉がないような気がする...
元亀ですかーっ。元亀元亀元亀の包囲網(小栗旬)【キッドのブログinココログ】at 2014年12月03日 14:41
■信長協奏曲八話
森可成(森下能幸)のお話。のっけから死亡フラグ立ちまくりだったが、やはり討ち死にしてしまったと(泣)
わかっていたけど、結構泣けたなあ、特に息子が、「が...
信長協奏曲八話&きょうは会社休みます。八話感想 【NelsonTouchBlog】at 2014年12月04日 14:13
この記事へのコメント
もりりんこと森下能幸さん 本当に良かったですね
素晴らしい演技でした

ほのぼのさせて下さる もりりんがもういないと思うととても寂しいです

怪しい古田新太さんにも笑ったし イイクニ作ろうのサブロー信長も良かったけれども


もりりん最期ー
主役は森下能幸さんでした
泣かない私が 涙腺にじわっときましたもの
Posted by 夢見 at 2014年12月02日 17:12
★夢見さん

>もりりんこと森下能幸さん 本当に良かったですね
ここまでの伏線も見事でしたもんね~。
森下さん、ピッタリでした。泣きました(・・、)

このタイムスリップ、どこまで見せて終わるんですかねぇ。
戻れるんですかねぇ。
歴史は変わっちゃうんですかねぇ。
毎回唸らせますね~。

>怪しい古田新太さんにも笑ったし 
高校教科書に載ってないってね。
サラッとでも触れてなかったの?
その程度の歴史上有名人(笑)

>イイクニ作ろうのサブロー信長も良かったけれども
1192鎌倉ぐらいは知ってたんだ。
羽柴は知らなくても(ノ∇≦*)

最近は涙腺が緩んでしまって、
作品がいいのか自分が弱いのか分かりません。
夢見さんがじわっと来たなら間違いないっしょ!
Posted by manamana at 2014年12月02日 22:10