2014年10月28日

『信長協奏曲』 第3話

史実とは違うはずなのに、
同じ道を辿って行く辻褄合わせが楽しい♪

スマイリーに『フォレスト・ガンプ』を
思い出したんですけど、
ここでその絵を残してもいいんですか?
とか(笑)

老夫婦があの分かれ道で一服してたことも、
お春に出くわしたことも、
絆創膏を貼ってあげたことも、
花火を持ってたことも、
そうなる運命に動かされてるんですね~。
サブローが度々斬り殺される寸前で
命拾いすることも、もちのろん♪とか。

修学旅行にどんだけ花火を持ち込む(笑)

この先、
藤吉郎がどうやって信長に心動かされて行くのか見もの。


桶狭間(豊明市)近し!
(名古屋市緑区の隣市で国道1号線沿い)
454年前の出来事に今頃ミーハーで困っちゃう。
ロケ地どころじゃない(笑)

長篠の戦場跡には見学に行ったこともあるんですけど…
今なら理解できそう(*ノ▽ノ)
(織田・徳川連合軍VS武田勝頼軍)

桶狭間は長篠から15年後の戦いなんですね~ φ(.. )
今更知った史実ヾ(゚∇゚*)オイ

地元の歴史にも興味なく生きて来たことを今更、
惜しみ恥じる(笑)
てな訳で今更、桶狭間の戦いも調べちゃう…

信長の父・信秀が亡くなったあの日から、
9年の月日が流れたことになるのか φ(.. )
斎藤道三が息子の謀反で討ち死にしてから早4年。

豪雨が降ったことで兵を進め、
雨が止んだ直後の奇襲で合戦に勝ったらしい桶狭間…

豪雨が花火で史実も変わる?(笑)

織田家臣たちが話し合ってた篭城するか否かは清洲城。
そこから出発し立ち寄った熱田神宮で戦勝祈願したなんて、
全く知らなかった~。

今川軍には松平元康(徳川家康)も加わってたんですね。
柴田勝家もそうでしたけど、
親方を失うと寝返るのは簡単でも、
信用度ってどうなんですかね。
生きるか死ぬかの戦国時代。
忠誠心より計算高い腹黒さも必要?

農民たちの方が生きるも死ぬも兵に取られるのも、
殿様の勝手で死活問題ですよ。
戦いたくもないのにホント迷惑な話。
そんなことは昭和の時代まで続く。

「倒したい」じゃなくて、
「助けたい」だったなら平和だったかもしれない。。。

そんなことをサブローが感じさせてくれますね。
信長は「戦いたい」訳じゃなかった。
そう見えて来るから不思議~。


今川領では敵味方でも…

「私たちが決めたことではありませんから」 お春(前田敦子)

「えっ?」 サブロー

「敵か味方かは今川様がお決めになることです。
 私たち村人には尾張を憎む気持ちなんてありません。
 戦だって好んでしている訳じゃ」

「分かる。
 その気持ちスッゲー分かる!」


信用するのも裏切られるのも、賭けてみる…
現代も同じようなもんですけど、
本当の意味で命がけでしたね。

恒ちゃんが本当にいい奴だったかどうかも、
夢のまた夢、歴史ロマン('▽'*)。。oO
想像が膨らむからまた楽し♪

前田犬千代(藤ヶ谷太輔)の名前から、
後の利家だって分かるんですが、
藤吉郎とは同郷で隣村の幼馴染みに思えるのは、
『利家とまつ』のイメージから?
と言っても最初の方しか見てないんですけどね。
あ~今なら真剣に見るのに~!
香川照之さんの名古屋弁だけが残ってる(笑)
『独眼流~』のBS枠で再放送しないかな。


「さっきはごめんね。
 俺何にも知らないのにさ。
 村の人たちがあんな辛い思いして暮らしてるなんて」 サブロー

「辛いだなんて思ってません。
 ずっとこの暮らしですから。
 生まれた時から戦があって
 ずっとこうやって暮らして来たんです。
 きっとこれからもこの国はこのままなんです」 お春

「それは違うよ。
 いつかこの国は平和で戦なんてなくて
 楽しいことがそこら中に転がってる。
 そんな国になるよ。
 お春ちゃんぐらいの年の子が
 普通に買い物をしたり学校行ったり遊んだり。
 そんな当たり前のことができる未来が
 きっと来るから。だから」

「誰が作ってくれるんですか?」

「えっ?」

「そんな世の中を。
 そんなの夢物語です」

でしょうね。
見せてあげたい、こんな時代が来たよって。
そして孫の孫の孫とご対面~♪させてあげたい。
夢物語はず~っと繋がって来てる('▽'*)。。oO


お春に出会い、目標を見つけたサブロー。

「俺つくるよ。
 楽しいことそこら中に転がってる国。
 500年ぐらいかかっちゃうかもしんないけどね」

そのために天下を取ってこの国変える…

「つうか、天下取るって何すりゃいいんだ?」
確かに(笑)

殿様って城で何してたの?
城の外で暴れん坊将軍か(ノ∇≦*)

 第4話へ

人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ応援ありがとうございます。

この記事へのトラックバックURL

http://manamanawatching.mediacat-blog.jp/t104076
この記事へのトラックバック
信長協奏曲(コンツェルト)第3話

小生は原作コミックもアニメ版も知らないので、予備知識もゼロ。
−◆−
織田信長(小栗旬)に成り代わっているサブロー(小栗旬・二役)は、村人...
信長協奏曲(コンツェルト)第3話★お春(前田敦子)が花火をあげて【世事熟視〜コソダチP】at 2014年10月28日 17:16
『戦国の空に花火!?サブロー版桶狭間戦記!』
信長協奏曲 #03【ぐ~たらにっき】at 2014年10月28日 22:01
異次元の彼方では・・・歴史も微妙に違う時があるから・・・地形が違っても平気だ。 だよね~。 朝食のためにパンをコンビニに買いに行く時・・・。 「明日は牛乳配達のある日だっけ」...
桶狭間は桶狭間山の向こうだら、ここは田楽狭間村だに(前田敦子)【キッドのブログinココログ】at 2014年10月29日 03:03