2011年10月02日

『おひさま』 最終回

初めて朝ドラを「書きたい」と思わせるほど、良いドラマでした。
半年間楽しみに見続けた最終回も、書いてみたくなったのは…
夏ドラマも終わってしまいポッカリと穴が、いや時間が空いてしまったせい?(笑)

朝ドラを見る習慣がなかった私も、今ではチャンネル合わせも忘れない。
途中から見てた『てるてる家族』も良かったですけど、
それ以降もチラチラとは見ながらも続かず。
『ゲゲゲの女房』の評判が良かったので、途中から視聴し始め、
そして『てっぱん』へと見続け、今回の『おひさま』では完全にハマりましたわぁ。

セリフじゃない部分でも涙を誘う、岡田惠和脚本にはヤラれました。
しかし坂元裕二脚本同様に、男性が描く「母性」には驚かされます。

特に最終週では、「すべての母より」と題したように、胸にグッと来ましたね~。
これは男性や独身者には理解し切れない部分だと思うんですけどね。
私自身も、今の年だからこそ見えるものがたくさんありましたし。。。


父親が危険な状態で、そこで初めて知った親の心。

〈私は、父のことは何にも分かっていなかったと思ったわ。
 母が亡くなってから、父がどんな思いで生きて来たのか、
 ちっとも分かっていなかった。
 親はいつでも強いものだと勝手に思っていた。
 親の心の中のことなんて、ちっとも分かっていなかった〉

陽子の気持ちに涙が出ました。
ここでは、父親の生きるか死ぬかのハラハラを見せたのではないので、
「な~んだ、死なないのか」と感じてしまっては、
作り手の本意ではない訳で…

日向子が「もっとお手伝いする」と言って火傷してしまったことも、
単に陽子の不注意だと見てしまえばそれだけの出来事なんですが、
母親ならそんな日常の出来事・経験があることだと思えたんです。

私が新米ママの時にも、そういう危なっかしい経験は多々あったんですが、
どんどん記憶が薄らいで行く中で、しっかり記憶が残ってるものがあるんです。
大事に至らなくて良かった~って冷や汗もんの出来事が。
死んでたかもしれない。。。(||゚Д゚)ヒィィィ!

上の娘も下の娘も、私の不注意で…
ちょっと目を離したすきにって、実際に経験したことがある母親であれば、
「あり得ない」って目線では見られないはず。
当然、車内に子供を置いてパチンコをするような親とは全く別もので。

日向子の痛々しい姿に、陽子自身も沸騰した鍋に手を入れようとした気持ち。
あのしっかりした陽子でさえ、自分の不注意から起きた失態に落ち込む。
鍋に手を…これはあり得ないシーンだとは思いましたけど、
それを叱咤する和成がまた見せ場だと思えましたし。

そういう見せ方のバランスが、今までを思い返しても見事でしたねぇ。
どのシーンも、セリフよりも役者さんたちの表情で見せてくれたり。


すべての母より。。。

メッセージはしっかり届きました。

決して最終回へ向けて中身が薄いものになってしまったとは感じませんでした。
これはどんなドラマでもそうですが、
好みはもちろん、自身の経験や感情移入の違いは大きいでしょう。

陽子が、亡くなった母と同じ年になり、あの時母親は何を思っていただろうか…
そう感じる陽子を想像するだけで、私は涙が出て来ちゃうんですよねぇ。

姑への思いやりも上手く見せてくれます。
それは嫁への気遣いも同じで…
それまでもそうして見せてくれたことで、丸山家を温かく見守って来られた。
あり得ない「嫁姑」って感じさせないところがまた、役者ですかねぇ。

相手が幸せな気持ちになれるって、どうしたらいいのか。
そういう「幸せ」を考えさせてくれました。。。


「お母さん」
「ん?」
「日向子の入学式のことなんですけど。一緒に行きませんか?」
「あ、和成から聞いたのかぃ。雅子のこと。入学のちっと前に亡くなったって」
「はい。行きましょ」
「ありがと。。。
 あんたと和成で行っといで。私はおばあちゃんとして、ここで見送る。
 こんな幸せなことはないよ~。。。幸せだねぇ」
「はい」  フフフフ

幸せなことを感じられる。それをちゃんと言葉で伝えられる。
そんな単純なことなんです。


オクトパス・いいだこ先生と育子の再会、
現在6浪中の茂樹、おばあ様と運転手のやり取りもお約束で、微笑ましかった。

「神蔵」
「はい、奥様」
「では、帰りましょうか」
「え?」  周囲のみんなが咳き払い
「あー!あ~~~、足が、足が急に、あ痛たたたっ」
「神蔵」
「はい、奥様」
「ご苦労さま」
「はい」
「ではもう少し、居させていただきましょうか」
「はい~」  (^∇^)アハハハハ!

今ではこんな和やかなシーンも、
おばあ様初登場のあの頃を思い出させますね~('▽'*)。。oO


入学式当日。。。

「行ってまいりま~す」
「行っといで~」

全員に見送られ、見守られる和成・陽子・日向子。

「幸せな後ろ姿だねぇ」  笑顔の徳子

それを見ることが、周りの人間の幸せでもあるんですよね~。
人を幸せにできるって、そういうことなんですかねぇ。
普通の幸せに感謝。。。


〈少し先の話をするわね。

 日向子は東京で結婚して、今も幸せに暮らしてるわ。
 
 そして和成さんは、焼き物作りに夢中になって、
 今でも1年のうち3分の2は多治見で仕事しているわ。

 真知子は、旦那様と2人の夢だった会社を興した。

 育子は、世界中を旅する番組を手掛けるようになった。

 そして、シゲ兄ちゃんは、やがて医大に合格。
 日向子と同じ年に大学生になり、須藤医院を開いて、育子と結婚した。

 みんなそれぞれに幸せだったんじゃないかしら〉


陽子さんから話を聞き終え、溜め息が出る房子ちゃん。
そこへ旦那様がお迎え。

「原口さん。房子ちゃんをよろしくお願いしますね」
「はい。家内がお世話になりました。ありがとうございました」

「陽子さん」
「楽しかったわぁ。ありがとう、房子ちゃん」
「こちらこそ、ホントに楽しかったです。ありがとうございました」
「またいつかいらっしゃい。”つづく”よね?」
「はい。”つづく”」
「心に太陽を!」
「心に太陽。。。じゃぁ」

そこへ登場しましたよ!現在の育子と真知子がヽ(*´∀`)ノゎぁぃ♪
黒柳徹子さんと司葉子さんがピッタリ。
逆だと騙そうとしてもムリ(笑)
ビンゴの二人を見て興奮する房子の気持ちも分かる~♪

「あ~、嬉しい!私、お会いしたかったんです~!アハハ」
そう!房子が代弁してくれた通り、全国の視聴者がそう思った瞬間でしょう。
この日が来ることを待ってたんですから~(ノ*´▽)ノ

「女性たちよ!」   拳を挙げる房子
「ん?あっ。良き人生を!」   元気よくグーッで応える3人


誰が最初に亡くなるのか…
そんな会話ネタがリアルな年齢でもあり可笑しかったりのガールズトーク(笑)
エンドロールが流れる中、最終回の寂しさを和らげてくれました。

「ちょっと嫌なこと言うわねぇ、育子さん」  陽子
「いやそうじゃなくて、私はね、絶対に最初は嫌だと思う。
 あっ、でも最後もやっぱり嫌かぁ」  育子
「う~ん、最後は嫌ね。私、絶対嫌。私は2番目がいいわ」  陽子
「あらズルイわぁ。私も最初と最後は嫌。2番がいいわ」  真知子
「じゃぁ私だって絶対2番がいい」  育子
「それじゃどうすればいいのよ」  陽子
「どうすればいいのって。。。ねぇ」  育子
「それじゃずっと生きてましょうか?」  陽子
「そうねぇ。それがいいわ!」  真知子
「賛成」  育子
「決定」  陽子
「決定!」  全員
「ちょっと、私たちって、バカじゃないの」  育子  (笑)

3人の右手が重なると、白紙同盟を結んだあの頃の3人を重ね、
トイレの中で右手を挙げて繋ぎ、はしゃぐ回想シーンにジーン。。。


〈あれから数年後。私は母の亡くなった年と、同じ年になった〉

「おはよう。お母さん」 
 
笑顔で朝日に向かって声をかける陽子でした。。。   完


不死身同盟はまだまだ長生きしそうな勢いでしたが…
誰が2番目をゲットする?(笑)


   『おひさま』今までのちょこっとだけ感想 → こちら


人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ応援ありがとうございます。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

この記事へのトラックバックURL

http://manamanawatching.mediacat-blog.jp/t71396
この記事へのトラックバック
おひさま (連続テレビ小説) 2011年4月4日〜 【キャスト】 井上真央 高良健吾 原田知世 寺脇康文 満島ひかり 渡辺えり 斉藤由貴 串田和美&a...
おひさま【ドラマQのトラックバックgoo支店】at 2011年10月02日 14:31
この記事へのコメント
とうとう終わってしまいましたね~(寂)

(゜-゜)(。_。) ウンウン
現代の育子と真知子さん、イメージ通りでした♪
で、最後まで期待していた現代の和成さん…
あれっ!?おらんのかいっ!(≧∇≦)ノ彡バンバン!

最終回は、これが楽しみだったのにぃ~(笑)
Posted by りんりん at 2011年10月02日 21:55
★りんりんさん

何?和成さん?多治見に行ってたらしい。。。チガウカ ←まだまだ活用中(笑)

って気分はもう『カーネーション』♪
面白かったね。岸和田は大阪弁でも粋がイイし(笑)
小林薫さんが金貸しに見えて来る(≧∇≦)ノ彡バンバン!

糸子役の子が、トトロのメイちゃんに見えて…
下の娘の幼少期を思い出しちゃうのよ~。あそこまで男勝りじゃないが。ププ

どうやって料理屋から集金するのか、明日も楽しみだわん♪
あ、『おひさま』の余韻も何もないね。すまん(笑)
Posted by manamana at 2011年10月04日 18:43