2011年01月08日

『赤い指』で魅せてくれたもの

さすがの東野圭吾作品を堪能しました。
そこでやはり思い出したのが、心残りだった『新参者』の見せ方。
今回のお話が良かったのか、2時間20分のSPが良かったのか…

スタートから引きつけられてました。
女児の遺体を公園まで運ぶシーンも、あらゆる部分を見逃すまいと釘づけ。
そしてそれらを残すことなく拾い集めて行く加賀恭一郎にも。

私は小説を読んでないので、恭一郎は阿部ちゃんなんですよね~。
やっぱいい!阿部ちゃんだからいい!
今回は父親との関係も見事に魅せてくれましたしね~。

佐々木すみ江さん演じるおばあちゃんは、
本当は認知症じゃないんじゃないかって思いましたけど、
看護師(田中麗奈)と、加賀隆正(山崎努)が将棋を指してたことに、
何の疑いもなかったんですよね~。
どうしても『ヤマト』の艦長を思い出しながら見ちゃうし…でなきゃ『クロサギ』。

実は将棋の相手が息子の恭一郎だったとは!
そして看護師からの、将棋の相手が誰か知っていたと言うセリフも泣かせます。

最後の最後にヤラれました。こういう隠し技、大好きです。
そして、父の言葉を守り通した息子の恭一郎も…
「自分の息を引き取るまでは絶対そばに寄るな」
その言葉通り、永遠の眠りについた父の枕元で、
「親父の勝ちだよ。良かったな」と、最後の駒を指し微笑む恭一郎。。。
上手すぎる(・・、)



殺人を犯した息子を守ろうとする母・八重子(西田尚美)。
息子の罪を隠そうとする昭夫(杉本哲太)。
息子の昭夫にその罪を気づかせようとする母・政恵(佐々木すみ江)。

親の立場と子供の立場から、上手く見せてました。
親は子供のために犠牲になれる。。。

そこで皮肉に見せてたのが、嫁の八重子の立場。
最初に政江との同居を決める際、、
毎日通って母親の面倒は自分が看ると言った妹・春美(富田靖子)を、
勝手なことを言う妹だと嫁目線から見てました。
同居して面倒を看るのは結局は嫁ですからねぇ。

ところがどっこい。
優しかった息子・昭夫の人生を変えた元凶は、
この嫁選びから始まったんじゃなかろかってほど、
息子への異常な溺愛ぶりと姑へのあからさまに見せる悪態にあんぐり。

西田さんって、『Q-10』での優しそうなお母さん役よりも、
こういう憎まれそうな役の方がピタッと来ますね。。。褒めてます。

娘役の富田靖子さんも、本当に良い娘(妹)でしたし。
実際は難しいことですもんね。
母親の面倒を看るために毎日兄嫁の居る実家へ通うなんて。
あそこまで姑を毛嫌いする嫁の理由も分からんけど┐(´-`)┌


杉本哲太さんが見事に演じてくれてたので、
阿部ちゃんが、父であり息子である昭夫を落とすシーンはグッと来ました(/_;)
この二人の対峙にゾクゾク。
あそこは親子ものに弱い人なら泣きどころ。
昭夫が小学生の頃に作った【前原政恵】の名札を使うなんて~。

警察に届けようとしていた昭夫も、妻に説得され変化して行く様子も見事でした。
優しかった息子も、我が子を守るために母親を犠牲にできる…のか?
いつも自分のことを思ってくれてた優しい母を思い出し、我に返った昭夫。

どうすることが我が子のためなのか、幸せなのか。
親の育て方は本当に重要だと思うと…重責を感じますわぁ。


最後に加賀が、いとこでもある脩平に言ってましたけど、
これは一番印象に残ったセリフでした。。。

「老人だからこそ消えない心の傷があるのかもしれない。
 それを癒す方法は人それぞれで、周りの人間には中々理解できない。
 だが大事なことは、理解できなくても尊重することだと、俺は思う」

大人になると、どうしても弱くなった親を越した気分で目下に見ることがあり、
「老いては子に従え」と、どんどん頑固になって行く親に対し抱く感情。
その歳にならないと分からないって言いますが、
理解できなくても尊重する。。。
これが大事だと思いながら中々できないことなんですよね。

親を思って助言することも、親からは「要らん世話」なのかもしれない。
「歳を取ったら優しくして欲しい」。。。そう母親は言うんですけど、
「可愛い母親(姑)で居なきゃダメだよ」と、軽くあしらう私。
「分かったよ。優しくしてあげるから安心して」とは言えない私がダメダメだ。

まぁ自分も娘にされて身を持って味わうことになるんでしょう。
必ず罰が当たる日が来ることを覚悟して。。。(笑)



東野作品の泣きツボは見事にビンゴしちゃうんですね。
でも小説は読んだことない^^;

今夜放送の『容疑者Xの献身』は、
下の娘が映画館で号泣したと聞き、その後DVDで鑑賞。
もうラストには号泣嗚咽でしたよ。・゚・(*ノД`*)・゚・。
これもまた堤真一さんの演技が見事だったんですが、
東野作品に登場する人物を演じる役者が皆素晴らしいこともあり…
『手紙』も泣きました。『白夜行』も映画化されましたね~。
あ、『秘密』は号泣ではなかったけど、内容もラストも好き。
『ガリレオ』も『流星の絆』も、ドラマでしか見てませんが、
親子ものや人情ものの泣きツボ、伏線やオチが大好きです。

『加賀恭一郎シリーズ』として今後も見せて欲しいですわぁ。
今回のSPの後に『新参者』をスタートした方が、贔屓目もあって良かったかも?
と思わせるほど、本当に惜しいことをしましたわ。。。
って連ドラの方も嫌いじゃなかったけど^^

今夜も見ちゃうだろうな~。。。『容疑者X~』。
昨晩も見てしまった『千と千尋の神隠し』。
映画も行ったしビデオも買ったし何度も見たのに…
でも我が家のテレビも地デジのお陰で「キレイ~」って感激してた娘たち(笑)

『味いちもんめ』は一応録画しようかな。
昨日録画の金曜ドラマ『LADY~』も早く見ないと。
こうして録画を追う日々はまだまだ続きそう≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ イソゲ!


人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ応援ありがとうございます。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

この記事へのトラックバックURL

http://manamanawatching.mediacat-blog.jp/t61811
この記事へのトラックバック
今回の作品を見て思ったこと
SPドラマ 赤い指【渡る世間は愚痴ばかり】at 2011年01月08日 20:03
息子が少女を殺害してしまったことを知った
父前原昭夫@杉本哲太と母八重子@西田尚美が
息子を守るために、隠蔽を決意、
捜査を開始した加賀恭一郎@阿部寛が
松宮@溝端淳平と共に...
赤い指 『新参者』加賀恭一郎再び!(1.3)【まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)】at 2011年01月09日 01:59
東野圭吾原作の名作をドラマ化! 
赤い指【Akira's VOICE】at 2011年01月09日 10:40
東野圭吾ミステリー新春ドラマ特別企画「赤い指」を拝見しました東野圭吾原作の同名小説をスペシャルドラマ化。どの家族にも起こり得る悲劇に翻弄されながらも、刑事の鋭い洞察力が...
東野圭吾ミステリー新春ドラマ特別企画「赤...【日々“是”精進!】at 2011年01月09日 10:43
2年前の墓参りのシーン。 加賀の後輩、青山も花を持って訪れる。そして加賀恭一郎の
新参者 赤い指 (TBS 1/3)【ぬる~くまったりと】at 2011年01月09日 10:58
 面白かったと思います。嘘を見破り、真実を看破し、クライマックスで相手を追い詰めていく加賀刑事(阿部寛)は、やはり怖いです(本当は優しい人なんですが)。
 また、加賀親子...
『赤い指』(東野圭吾ミステリー) 〜 新参者エピソード・ゼロ 〜【英の放電日記】at 2011年01月09日 11:17
新参者は連ドラより2年前の事だったが













加賀の父&加害者の家族だったけども













殺人事件で加害者家族が再生メインで













連ドラの時...
新参者SP【別館ヒガシ日記】at 2011年01月09日 11:44
これ、見た人しかわかんないだろうけど、犯人の父親がフィギュアを捨てに行った帰り、
「赤い指」 (TBS)【事務職員へのこの1冊】at 2011年01月09日 13:57
東野圭吾ミステリー新春ドラマ特別企画「赤い指~『新参者』加賀恭一郎再び!」内容墓地で再会する、加賀恭一郎(阿部寛)と青山亜美(黒木メイサ)二人は思い出していた。。。“ア...
東野圭吾ミステリー新春ドラマ特別企画『赤...【レベル999のマニアな講義】at 2011年01月09日 14:49


「アマルフィ 女神の報酬」と、「赤い指」どっちを観ようかと迷ったんですが、
「アマルフィ」は録画して、「赤い指」をオンタイムで観てました。
元日の「相棒」に続き、ヘヴィとい...
溝端淳平クンの似顔絵。【「ボブ吉」デビューへの道。】at 2011年01月09日 17:48
「赤い指~“新参者”加賀恭一郎再び!」 視聴率15.4%
東野圭吾ミステリー新春ドラマ特別企画「赤い指」【またり、すばるくん。】at 2011年01月09日 17:50
『新参者』加賀恭一郎再び!

続きは本家へ
赤い指【ぐ〜たらにっき by gooブログ】at 2011年01月09日 19:54
公式サイト 原作:東野圭吾「赤い指」 演出:土井裕泰/脚本:櫻井武晴、牧野圭祐
新参者~赤い指【昼寝の時間】at 2011年01月09日 20:15
 『人は嘘をつく』
この懐かしいフレーズと共に加賀恭一郎が戻ってきましたョ〜
(HPはこちら)
いや〜おもしろかった!これがSPドラマだよね。
ちゃんと独立した作品として成立し ...
新春ドラマ特別企画 「赤い指  『新参者』 加賀恭一郎再び!」【トリ猫家族】at 2011年01月09日 21:14
前半、暗かった・・・でも、最後には感動。 良かったです。 . このお話は加賀恭一
新参者スペシャル「赤い指」【山吹色きなこ庵・きままにコラム】at 2011年01月16日 11:39
この記事へのコメント
 こんにちは。
 余計なお世話かもしれませんが、八重子役の女優さんの名前は西田尚美です。
 ちなみに、西田尚美さんは八重子を息子と自分のことしか愛していない女性と捉えていたようで、全く共感できないセリフばかりで、かなり抵抗があったそうです。
Posted by at 2011年01月09日 11:25
>女児の遺体を公園まで運ぶシーンも、あらゆる部分を見逃すまいと釘づけ。
もうね、TV前で気持ちはすっかり哲太さんで、めちゃくちゃドキドキしながら視聴してましたわ。σ(^_^;)
女の子に付いた芝生を払い、それを必死で集めてトイレに流したり、自転車のタイヤ痕を足で消したり…。
あ~、今思い出しても動悸息切れが~って、これって年のせい?(笑)(^-^;A

東野圭吾さんは大阪がご出身ということで、「白夜行」でも知ってる土地が舞台になってたりして、勝手に(笑)ものすごく親近感が湧いてます。
隅々までの細かい描写や、最後の最後のエピに感心させられたり、「赤い指」も「あ~!」ヾ(@† ▽ †@)ノって感じにやられましたわ。
親子モノや人情モノには弱い世代(笑)ヽ( ^ー^)人(^ー^ )丿

加賀といえば、阿部ちゃん…ですしね♪(^_-)-☆
昨日の「容疑者X…」でも、やっぱり最後は号泣。
さて、録画中の「味いちもんめ」いつ観ようかな?(笑)(^-^;A
Posted by りんりん at 2011年01月09日 11:30
>『Q-10』での優しそうなお母さん役よりも、
こういう憎まれそうな役の方がピタッと来ますね
表情がすごく良かったよね~
姑との生活にうんざりしてるとことか、嫁として姑に憎しみのような感情を持っているようなとこ、最後まで姑のことを受け入れていなかったのが伝わってきて・・怖かったよね。
もし、このお嫁さんとお姑さんがうまくいっていたら、この家も違うふうになってたのにさ・・
って、仕事に逃げていた夫がせめて奥さんのぐちだけでも聞いてあげてたらね・・
>だが大事なことは、理解できなくても尊重することだと、俺は思う
コレはきっと原作にもあったんだろうけど、いい言葉だよね。
理解できないとどうしても関係を絶ち切ってしまいたくなるけど・・・
ひょうひょうとした加賀の深さを感じたわ~
やっぱ阿部ちゃんいいよね~
>昨晩も見てしまった『千と千尋の神隠し』。
今回は見なかったけど、私も3,4回は見てるよ~
音楽もいいし、宮崎アニメではトップ3に入るぐらい好き~
しかし、何回TVでやるんだか・・(笑
でも視聴率取れるんだろうなぁ・・
Posted by きこり at 2011年01月09日 21:13
★英さん

こんにちは~。
返事が遅れてすみませんでした。

>八重子役の女優さんの名前は西田尚美です。
思い込んでますね。西田さんって分かってても。。。西原って誰やねん(笑)
こういうこと多いんですよ。名前が思い出せないことも。
ご指摘ありがとうございました。書き直しておきます。

西田さん、抵抗ある役を見事に演じてましたね。
彼女を初めて知った『学校の怪談』を感慨深く思い出してました。
Posted by manamana at 2011年01月12日 16:24
★りんりんさん

お待たせしましたm(__)m

>気持ちはすっかり哲太さんで、めちゃくちゃドキドキしながら視聴してましたわ
誰かに見られやしないかドキドキだったね。
タイヤタイヤ~(ノ゚ο゚)ノ
って思ったらタイヤ痕を靴であんな適当にね~。
軍手も庭に放り捨ててるし。そしてその便器臭い軍手をまたばあさんは手に…
汚ない汚ない~(ノ゚ο゚)ノ
ってそこがミソだった訳で(笑)

しかし東野さんって、色々と考えてますね~。
私もやっぱり『容疑者~』を見ちゃったんだけど、
どうしてこんなワザを考えつくんだろうって改めて感動してた。
そしてやっぱり最後は号泣(T_T)人(T_T)

映画版『白夜行』も観たいな~。
舞台は大阪だったっけ?こりゃまた見返したいわ!

今回の『赤い指』は『新参者』とは違ってて、ホント良かった。
阿部ちゃんの父子関係の見せ方も良かったしねぇ。
原作が良くても、それをどう見せてくれるか脚本や演出スタッフ、役者って大事ね。
つくづくそう感じましたわ。

『任侠ヘルパーSP』を途中までしか見れず。まだ死ぬまで行ってない(笑)
あ!『味いちもんめ』のことはすっかり忘れてた。
りんりんさんはもう見た?その感想によっては捨てられるヾ(゚∇゚*)オイ

『美咲~』は、まんま『ごくせん』だったね。
BGMもまんまで懐かしく感じたほど。
あの生徒たちからまたブレイクする子が居るのかなぁ。
小栗君やもこみち君を思い出すわ~('▽'*)。。oO


★きこりさん

返事が遅れてごめんなさい!

西田さんね、こういう役の方が合ってる気がしたね。
てか役者魂を感じたかも。嫌~な嫁だったもん(笑)
そう言えば、何だっけ?嫌~なOLも演ったよね。それも怖かったな~。

>仕事に逃げていた夫がせめて奥さんのぐちだけでも聞いてあげてたらね・・
そうそう。私も後からそこを思った。
冒頭で見せてた、会社での昭夫。帰りたくない病のあの顔。
ずっと家庭から逃げて来てたんだね。
嫁選びを云々言っちゃったけど、夫選びだって同じかも。
私たちはそれなりで良かったね(笑)

>理解できないとどうしても関係を絶ち切ってしまいたくなるけど・・・
そうだね。でも親子はやっぱり切れないし。
今回の加賀の見せ方は本当に良かったね。
これでこそ東野作品だって思わせてくれたわ。阿部ちゃんも活きてたしね。

>音楽もいいし、宮崎アニメではトップ3に入るぐらい好き~
きこりさんも好きなんだ~。あの世界観に引き込まれるね。
下の娘は大好きで、湯婆婆の長台詞をあの声で見せて笑わせてくれるし。
上の娘はカオナシの声しかできんけど(笑)

ホント何回やるんだろうね~。トトロもね…
でも見ちゃうんだよ。
我が家は視聴率に貢献、してないか^^;
Posted by mana at 2011年01月13日 17:49