2010年07月29日

『ホタルノヒカリ2』 第4話

まさか今回も…
二ツ木&山田姐さんのペアTシャツ姿が拝めるとは~!
どこの?オリジナル?二ツ木さんの趣味?だよね(ノ∇≦*)キャハッッッ♪
またまたこのお二人さんには笑わせて貰いましたわぁ。
山田姐さんは蛍の背中を押しながらも、自分も勇気を貰えたのかもしれません。

いくら恋愛下手だと言う蛍でも、手嶋マコトともラブラブを経験したはず。
居ないと寂しい。でも愛してるとは違う存在なんですかねぇ。
価値観が同じでも、ラブラブとは違う。。。ラブラブって何?ベタベタすること?


前回、瀬乃と美香が突然やって来たとこで終わったので、
どうなることかと思いきや、二人の関係を知らされても案外平然。
すったもんだはなくて良かったですわ。
って言うか高野の説明は「何か会社で会議してるみたいなんだけど」と瀬乃^^;

「部長とそういう関係ってことでいいのかな。男と女の関係」
「あ、まだそういう関係じゃありません」
「じゃぁどういう関係?部長のこと好きなんだ。つうか本当に好きなの?」
「え?本当って?好きに本当とかウソとかあるの?」
「だから本気で好きなのかってこと。何かピンと来ねぇんだよなぁ」

本当に好きかどうか答えられない蛍を心配そうに見る高野と、
それを確かめて蛍の様子に疑問を抱いた瀬乃。。。

高野は蛍にラブメールをするようになったり、
瀬乃は蛍のことを知れば知るほど惹かれてしまう。。。
改めて高野のことを好きだと分かった蛍でしたが、
そんな一途な思いの蛍を見ていた瀬乃の気持ちに変化が…
恋って分かりません。


不自然な二人の同居に、政略的結婚とか援助交際とかを疑う美香と、
全然ラブラブじゃないと言う瀬乃。

「桜木が言うには、結婚するって言って一緒に住んでる二人なら、
 もっとラブラブな感じがあるはずだって」
「ラブラブ。。。」

ラブラブがどう言うものなのかよく分からない蛍は瀬乃に訊きます。
「私、そういう流行りものとかちょっと疎いところがあって」
「いや、ラブラブは別に流行ってるわけじゃねぇから」 (ノ∇≦*)キャハッッッ♪

そこへちょうど現れたのが、新入社員の梅田翔太(井出卓也)。
彼女からのラブラブメールに浮かれる22歳。こういう使われ方をするのね(笑)


縁側で「ラブラブ」について語り合う二人。
「確かにそういう空気はないな」
「メールでラブラブなんてしたこともないし」

高野は遠距離からもメールや手紙をくれたけど、
自分は面倒臭くてそれが出来ないと言う蛍。

「ラブラブ出来ない私ですいません」
「いや、瀬乃が君に質問したろう?本当に好きなのかと」
「あぁ、それも私がラブラブって感じじゃないから訊いたんでしょうね」
「で?」
「どうすればいいでしょうかねぇ。…でも私そういうの苦手だし」
「いっそのこと、寝よう」
「そうですね。こういうどんよりした気分の時は、とっとと寝るに限りますね」
「そうじゃなくて。今夜は一緒に寝よう」
「ぶちょお?」
「私の部屋で」
「いい年して一人で寝れないんですか?」  なぜそうなる(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
「え?」
「台風でしょ?大丈夫ですよ。まだ来ませんから」

今度は高野に心因性のじんましんが出ちゃうんじゃないですか~?
キスも出来ないんだもん。させてくれないんだもん♪(笑)

【ラブラブ】が【我慢】の横に貼られました。
我慢するのはやめたのか?

ぶちょおからの初ラブラブメールは… 【ハート1ハート1ハート1お休みハート1ハート1ハート1

「何これ!キモッ!」と瞬間、ケイタイを放った蛍でしたが、
「こ、これは、ラブラブメール?
 あっそっか。分かりました、ぶちょお。私も頑張ります」

ラブラブメールって意識しないと、キモイんですか?(笑)
頑張って返信したメールは、
【了解!】 って、どんだけ~(≧∇≦)ノ彡 バンバン!

相手が喜ぶことまでは考えが及ばない蛍なんですね。
返すことで精一杯。自分のことで一杯一杯。”今”を生きてる(笑)


ラブラブメールを貰ったことで、会社ではテンションアゲアゲの蛍。
たかがお休みメールを貰ったことで、梅田と「ラブラブ~♪」と盛り上がりますが、
キスしたり一緒に寝たりしたら、どんなことになるんでしょうねぇ('▽'*)。。oO


一人焼き肉も平気な蛍を”可愛い”とは感じられない美香。でも瀬乃は、
「それは俺も全然OK。むしろ一人で飯食えない女って俺ダメだから」と。
ランチを一人焼き肉しようとする美香でしたが…
「あ~~、ダメだ~!私には出来ない」と店外へ。
蛍になろうとするのには、誰にでも勇気と根性が必要(ですから笑)


千夏から突然の電話を受けた蛍。
「部長さんを貸して下さい!お願いします」
パパって呼び方は小夏に止められたようです。

ママには内緒で、夏休みに高野と二人でどこかに行きたいらしい。

「部長も夏休みあるんでしょ?」
【俺の夏休みは 君のために使うハート1】  こういうことは口では言えないんだ^^
「もう!ぶちょおったら!ラブラブなんだから~!」  メールを読んで喜ぶ蛍。
「味噌汁に具が入ってないんだが」
「お味噌の汁ですから~」  確かにそうね(≧∇≦)ノ彡 バンバン!

「千夏ちゃん?ぶちょおからOK出ました~。そう。良かったね!やったね!」
どうしてこんなに喜べるんでしょうかねぇ。
人が喜ぶことにすっごく嬉しいと思えるのに、ラブラブメールは送れない(笑)

一泊まで許しちゃうのも、小夏が一緒だったら違ってたでしょうに。
高野の夏休みは3日。最後の1日は蛍とデート…
ではなく、家の大掃除^^

「メール送ってね。千夏ちゃんと出かけた時も」
「あぁ」
「箱根から、送ってね」  どこまでも待つ身の女(笑)
「いいよ」
「何かすっかりラブラブって感じですね、私たち」
「そう?」

ホントのラブラブをまだ知らない蛍なのでした。。。チャンチャン


二ツ木さんから山田姐さんに、小夏が高野の元カノだと言う情報が入り、
それをまた背後で聞き入る井崎。毎度上手いこと使える男だわぁ(笑)

瀬乃が小夏に店の件で連絡すると、今から千夏と箱根に旅行へ行くと聞き、
そのことが瀬乃から蛍の耳に入り…

高野が一緒に行くとは知らなかった小夏。
「俺は別に3人でも」
「何言ってんのよ。雨宮さんのことを考えたら」
「あいつが言ったんだ。千夏ちゃんが寂しそうだったからと」
「雨宮さんが?」
「…足バタバタさせて喜んで。そういうヤツなんだよ」

そう言う意味じゃないことがそういう解釈になって、そういうことに。。。

「でも、私が一緒だって知ったら」
「言わなきゃいい。行こっか、千夏ちゃん」

またそんな安易に。言わなきゃいいなら嘘をつかなきゃいいのに、ぶちょお。
小夏役を木村多江さんに設定したのも、上手いですわ。
どうしても憎めない^^;
千夏役が芦田愛菜ちゃんだったら即効許す。「パパ~」も許す(笑)


ラブラブメールをやり取りしてるから大丈夫だと言う蛍。
そのメールにビックリする瀬乃。
「了解!っと」
「えっ、それだけ?」
「いつもそうですけど」
「ウソだろ~」
「ホントですよ~。ほら」
【了解!】【了解!】【了解!】…
「グフッ。恥ずかしい」
「これのどこがラブラブメールなんだよ。業務連絡じゃねぇか」
「ぶちょおは、ちゃんと受け止めてくれてますよ」


台風接近のため、早めに帰宅するように呼び掛ける井崎。
「雨宮さん、小夏って言うの、やっぱ部長の女でしたよ。元カノだって」
「元カノ。。。」

その様子を見た瀬乃。
「連絡すれば~。放っとくとヤバイんじゃないの?」
「ヤバイ?」
「男と女が一晩一緒に過ごすの、ヤバイに決まってんだろ」
「でも、千夏ちゃんも居るから」
「関係ねぇよ」
「でも私と瀬乃さんだって、一晩過ごしたけど」
「あれは、酔ってたから。いや分かんないよ。俺とあんただって今後どうなるか。
 男と女って分かんねぇもんだよ。向こう元カノと一緒なんだよ。尚更じゃん」

信じたい蛍。。。と言うよりも?
「面倒臭いの。この手の話、深く考えるの面倒臭いんです」
「は?!」

縁側の戸をしっかりと打ちつけておくようにラブラブメールが入ると、
そんなことはすっかり忘れてた蛍は、慌てて帰るのでした。

あれもこれも考えられない性格、性分の蛍。
ぶちょおとの約束「縁側の戸をしっかり打ちつける」の方が大事。
「訳わかんねぇなぁ、もう!」と言う瀬乃は、やっぱり心配でつき合っちゃうのね。

ハート1報告ハート1  千夏ちゃんと二人で楽しくやってる♪ 
 心びっくりびっくりびっくりびっくり 台風気をつけなさい】

ところが、千夏から電話が!
「雨宮さん、ごめんなさい。私が勝手なことしちゃったから、きっと罰が当たったの…
 部長さんとママが戻って来ないの」
山小屋に忘れた千夏の帽子を取りに行った高野が足を怪我し、
その連絡を受けた小夏が山小屋へ行ったまま戻って来ないらしい。

「今すぐ行きます!」と言うまた一直線な蛍を落ち着かせる瀬乃。
「落ちつけよ!雨宮!こんな雨で今から箱根なんて。電車だって動いてねぇだろ」

こんな必死で、一途な蛍を見続けて来ちゃったら…
瀬乃の気持ちもグラッと来るものがあるかもしれないですね。
色気は全く感じられないんですけどね^^;

「瀬乃さん。こっち来て貰えますか」
って何をするのかと思ったら、縁側のそこは部長の場所。
いつの間にか、そこに部長が要ることが当たり前になっていた。
居なくなって気づいた蛍。自然と自分の横に居てくれた部長。

「一人で飲むビールも美味しいけど、二人で飲むビールはもっと美味しいって。
 部長に、会いたい」
「すっごい好きなんだね。部長のこと。そう言うの本気で好きって言うんだよ。
 部長にちゃんとそういう気持ち伝えてる?」
「あ、ないです。そう言えば」
「伝えなきゃ。
 そしたら小夏さんと箱根に一泊なんて行かなかったかもしんねぇだろ」
「どうやって、どういう風に伝えれば?」
「そんなの、好きって言うだけでもいいから」

「雨宮、面倒臭がってたら、大切なもん失うぞ」

こうやって恋愛相談されてるうちに好きになるって言うパターンのやつや~(*゚0゚)

メールで気持ちを伝えようと頑張る蛍。
すると瀬乃のケイタイに受信音。
【すき】
「何で俺に送んの~」
「練習してみました。すいません」 (≧∇≦)ノ彡 バンバン!
でもこのメール、瀬乃は消せなくなっちゃうんじゃ?

どうしてメールが出来ないのかと悩む蛍に「知るかっ」。
蛍のビールも「知るかっ」と飲み干す瀬乃の笑顔。
来てますね~、こりゃ来てますよ~♪(人´∀`)♡

翌朝箱根まで行く蛍。救急箱一つを持って。。。
リュックになんて入れないとこがミソ(笑)

山小屋で見たものは…
高野に寄り添って寝る小夏。
〈これこそ、ホントのラブラブ?ぶちょお、ぶちょお、私も入れて下さい〉
高野の横に寝そべる蛍。。。そっちかぃ(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
〈寒い。寒いです。私にも毛布を、毛布〉
毛布の下に見えたものは…高野の手の上に乗せられた小夏の手!
てかぶちょお、死んでる人みたいじゃないですかぁ。両手を組んで(笑)

山小屋を出る蛍。。。
瀬乃から電話が。
「鍵どうすりゃいい?」
「。。。」
「泣いてんの?雨宮」
「大丈夫。大丈夫です」
「俺、あんんたみたいの初めてだわ。俺、あんたのこと。。。
 雨宮のこと応援するよ。部長と末長くラブラブしていられるように、応援する。
 だからちゃんと部長に好きって伝えろよ。バ~カ!」
こりゃ完全にヤラれちゃったようですね~。
「あんたのこと」の後は言えなかったですけど、上手くごまかしましたね。


山田姐さんに相談する蛍。。。
そこには当然のように、おそろのTシャツを着た二人が♪もう違和感なし(笑)

「私がいけないんです。もっとちゃんと気持ちを伝えていれば…」
「じゃぁ伝えなさいよ~」
「それが、どうしても打てなくて」
「何?メール?」
「好きの”す”で止まっちゃうんです」

「じゃぁ俺が代わりに」
「こら、やめなさい」 パシッ(笑)

「どうして打てないの~」
「そういうの慣れてなくて」
「それだけじゃないでしょ」
「嘘だから」
「嘘?」
「小夏さんも一緒に居るのに、部長は千夏ちゃんと二人で楽しくやってるって。…」
「ホントのこと書いてあっても打てないんじゃないの?…
 できないことの言い訳をね、いくら探したって仕方がないの! 
 何のために口が付いてんですか!フタちゃ~ん。結婚しよっ」
「えぇ!」
「半同棲もいいけど、きちんと籍入れよっ。私をフタちゃんのお嫁さんにして下さい」
「あ。。。」
「愛してます」
「ヤマちゃーん!」 抱擁♪
「メールじゃこうは行かないわよ~」
「俺も、愛してる」  
「メールばっかりに頼ってちゃダメ」
「結婚しよう!」
「それから蛍ねぇ、ラブラブって言うのはね、こういうこと言うのよ~。フタちゃん」
「ヤマちゃん」
「あ~ん♡」 (* ^)♡(^ )

「分かりましたから、続きはベッドでお願いします」 (ノ∇≦*)キャハッッッ♪
立ち上がった蛍の体で、二人のラブラブシーンが見えないとこがミソ(笑)
もだえる足だけが可笑しい~♪
毎度、山田姐さんの言葉もググッと来ますね~。


救急箱を持って帰宅した高野。
「お帰りなさい」
「ただいま」
「大掃除に使う雑巾、買っておきました」
「雑巾は、要らなくなったシャツで作ったものがある」
「じゃぁこれは、顔洗うのに使います」 (≧∇≦)ノ彡 バンバン!
「アホ宮」  ホント、アホ宮だわ~♪
「大掃除しましょう。大掃除」

大掃除なので、何となく一休さんの格好で雑巾がけをする蛍。
リオのカーニバル、沖縄民族衣装…ってどんだけコスプレ好きなのよ(笑)
てかどうして一休さんなのかと思ったら…
とんちがしたくって~。好き好き好き好き好きっ好き♪(≧∇≦)ノ彡 ウマイ!

「小夏が一緒だと言うことを言わなかったのはすまなかった。
 が、どうして言わなかったのでしょう?」
「とんち?」
「どうでも良かったからだ。小夏がいようがいまいが、そんなことはどうでもいい。
 千夏ちゃんが楽しんでくれれば、そのために出かけたんだから」

「君の山小屋に来たんだろ?きちんと話しておかないと、
 君は勝手に良からぬ妄想に走って」
「私だって部長のことは分かってるつもりですよ。
 足、怪我して痛かったんでしょ?台風、怖かったんでしょ?」
「うん」
「日中は慣れない子供の相手して疲れちゃって」
「うん。あの子、しっかりしてると言うより、ちゃっかりしてるから」
「それで疲れて寝ちゃったんでしょ?」
「うん」

ぶちょおのことはちゃんと分かってるので、
よからぬ妄想なんてしないと言う蛍に感激する高野。
でも寄り添ってたのはショックだったと言う蛍。
でも本当のラブラブが何だか分からなかった、
自分がダメダメだったんだと反省するところが、男性からは可愛いかも~。
ここでギューッとかしちゃえばいいのにぃ^^

「君と一緒に居て、分かったことがある。
 一人で飲むビールも美味しいけど、
 二人で一緒に飲むビールはも~っと美味しいって」
共通しちゃってるんですよね~。
なのにどうしてラブラブに見えないんでしょ(笑)

「ぶちょお。す、すすす、す」
「何?とんち?」
「好き!」
「。。。今何て?」
「二度は言えませんよ」
「聞こえなかったもん」 ってもう~チュ~しちゃえば~o(≧∇≦)o

…そう思いながらも、この二人のそういうシーンは、
あのおそろのTシャツを来たカップルより笑えてしまうかもしれない。。。
やっぱり、ないない(笑)

縁側があれば。。。
ぶちょおとそこで二人でいることがラブラブなんだと結論を出した蛍でした。

そんな蛍の気持ちを知った上で瀬乃は、
「俺、雨宮に惚れちゃいました」と高野に宣戦布告?

次回は蛍の究極の変顔、どじょうすくい!こちらも必見です(笑)


人気ブログランキングへクリックありがとうございます。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

この記事へのトラックバックURL

http://manamanawatching.mediacat-blog.jp/t56247
この記事へのトラックバック
『部長遭難!?干物女のラブメール内容ゴーヤ事件も解決し、高野(藤木直人)ホタル(綾瀬はるか)が一服していると、突然、瀬乃(向井理)と美香(臼田あさ美)が、家を訪ねてくる...
ホタルノヒカリ2 第四夜 目指せラブラブ!【レベル999のマニアな講義】at 2010年07月29日 17:47
第四夜「干物女のラブラブメール」 視聴率14.9%
「ホタルノヒカリ2」第4話【またり、すばるくん。】at 2010年07月29日 17:50
ホタルノヒカリですが、突然たずねて来た瀬乃和馬(向井理)たちに雨宮蛍(綾瀬はるか)&高野誠一(藤木直人)の仲を説明します。一応会社内ではまだ秘密にするよう説得しますが、蛍...
ホタルノヒカリ2〜第4話 感想「部長遭難!?干物女のラブメール」【一言居士!スペードのAの放埓手記】at 2010年07月29日 17:51
しっかりではなくちゃっかりしている・・・その区別がつけば一人前である。 っていうか・・・何か忘れている気がしたのだが・・・。 水曜日のダンスは・・・。 9係・・・16.2%↘15.6%↘15.1...
目的のためには手段を選ばない女(石井萌々果)台風とホタルノヒカリ(綾瀬はるか)【キッドのブログinココログ】at 2010年07月29日 17:59
第4話「部長遭難!?干物女のラブメール」
ホタルノヒカリ2 第4話「部長遭難!?干物女のラブメール」【Happy☆Lucky】at 2010年07月29日 18:28
今週のお題は「ラブラブ」どう考えてもホタルのイメージからかけ離れていますねえ〜。
ホタルノヒカリ2 第4話【エリのささやき】at 2010年07月29日 18:43
ホタルノヒカリ2 #4

ラブラブ!!

もうラブラブを超えていますね!ぶちょお&ホタルは(笑)
すっかり夫婦ですYO!
ぶちょおのラブメールに「了解!」とだけ返信するホタルw
ギャ...
ホタルノヒカリ2 #4 感想【なんでもあり〜な日記(カープ中心?)】at 2010年07月29日 18:53
冒頭から瀬乃と桜木が
雨宮のうちにやってきて
ホタルノヒカリ2 第4話【渡る世間は愚痴ばかり】at 2010年07月29日 20:02
高野(藤木直人)と蛍(綾瀬はるか)は、家を訪ねて来た同僚の瀬乃(向井理)と
美香(臼田あさ美)に、結婚を前提に同居していることを伝える。
しかし、2人から、本当に付き合っ...
ホタルノヒカリ2 第4話【ぷち丸くんの日常日記】at 2010年07月29日 20:09
ラブラブ{/heart/}(v_v。)人(。v_v)ポッ♪
一時はどうなる事やらと思ったけど、ぶちょおと蛍の仲が元通りになって良かった〜{/onpu/}

と、思ったのも束の間・・・瀬乃がぶちょおに雨宮に惚れ...
ホタルノヒカリ2 第4夜:干物女のラブラブメール【あるがまま・・・】at 2010年07月29日 22:05
第4話「部長遭難!?干物女のラブメール」

結婚するために必要なこと43つめは「ラブラブ」・・・・??


前回の「我慢」レビューできな...
ホタルノヒカリ2 第4話【shaberiba】at 2010年07月29日 22:21
第4話の視聴率は、前回の15.1%より少し下がって、14.9%でした。平均視聴率、このドラマがこの夏クールで1番です♪ 今回のテーマは、「ラブラブ」。第4話にして、もう瀬乃と美香...
【ホタルノヒカリ2】第4話と視聴率「干物女...【ショコラの日記帳】at 2010年07月29日 23:51
桜木と瀬乃が家にやって来たぁぁぁ!ピンチの蛍と部長。でも、ここでにげるわけにはいかないという事で、ふたりに事情説明をする事に。高野部長=お高さん!?結婚を前提に同居して...
ドラマ「ホタルノヒカリ2」第4話「干物女...【◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆】at 2010年07月30日 00:08
ラブラブとは…に取り組む蛍。ぶちょおは小夏親子と箱根1泊旅行に出かけてしまい、蛍はやっと自分の気持ちと向き合うことに…。そして瀬乃くんがついにライバル宣言か?! 
「ホタルノヒカリ2」第4話【fool's aspirin】at 2010年07月30日 02:30
28日ドラマ「ホタルノヒカリ2」第4話を視聴した。

今回は部長とホタルの同棲が瀬乃と美香にバレてしまい

2人は事情説明をするのだったが、

どうも2人はラブラブに見えないと言...
「ホタルノヒカリ2」干物女の婚活4ラブラブメールで失敗し小夏と寝ている場面を観てしまったホタルだったが勇気を振り絞ってすきと言った【オールマイティにコメンテート】at 2010年07月30日 06:27
 「俺、雨宮に惚れちゃいました」って、ゲゲ、戦線布告か・・( ゚Д゚ )
まさか本気でぶちょおから奪うつもりなのか〜い?

 さて、突然現れた瀬乃(向井理)と桜木(臼田あさ美)...
「ホタルノヒカリ 2」 第4夜  干物女のラブラブメール【トリ猫家族】at 2010年07月30日 08:06
原作:「ホタルノヒカリ」ひうらさとる ホタルノヒカリ2 原作未読です。 簡単に感
ホタルノヒカリ2 #04【昼寝の時間】at 2010年07月30日 10:15
『ホタルノヒカリ2』第4話
「部長遭難!?干物女のラブメール」
ホタルノヒカリ オリジナル・サウンドトラック価格:2,249円(税込、送料別)
 ふと思い出したけど、『天地人』でも...
「ホタルノヒカリ2」第4話★ラブラブ山田姐さん、今夜もペアT!!【世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)】at 2010年07月30日 10:16
 了解!
 このメールだけで蛍(綾瀬はるか)の干物っぷりが集約されている。
 蛍にとっては世間でいうラブラブは、はるか彼方のものなのだ。
 香港に部長(藤木直人)が送っていた...
ホタルノヒカリ2 了解!【平成エンタメ研究所】at 2010年07月30日 11:26
ぬらりひょんの孫は旧鼠が敵で登場も







カナ&ゆら旧鼠に拉致で救出に行くだが







遂に百鬼夜行を見れ各キャラ攻撃も良く








夜リクオ技は良いが動き少ない感...
ぬらりひょんの孫&新9係&ホタルノヒカリ2【別館ヒガシ日記】at 2010年07月30日 18:37
(29日) RUN 16km,1時間16分07秒,心拍154 「夏は終わったね」
寝坊&パズル後の小雨ラン&『ホタルノヒカリ2』第4話【テンメイのRUN&BIKE】at 2010年07月30日 19:05
高野(藤木直人)と蛍(綾瀬はるか)は、家を訪ねて来た同僚の瀬乃(向井理)と美香(臼田あさ美)に、結婚を前提に同居していることを伝える。しかし、二人から、本当に付き合っているのかと疑...
ホタルノヒカリ2 第四話「部長遭難!?干物女のラブメール」【掃き溜め日記〜てれびな日々〜】at 2010年07月30日 21:52
蛍(綾瀬はるか)と高野(藤木直人)が家でくつろいでいるところに、
瀬乃(向井理)と美香(臼田あさ美)が訪ねてきた。
慌てた蛍らは瀬乃たちを家に...
ホタルノヒカリ 第4話【日々緩々。】at 2010年07月31日 08:40
この記事へのコメント
ほんと、ホタルのキャラは面白いですねぇ。

ラブラブとか分からないから
ぶちょおとの会話でもああいう反応をするし
おそらくムラムラとかもこないんでしょうね(* ̄m ̄)

でも、二ツ木と山田姐さんとのムラムラなラブラブは
凝視してましたけどねぇ ̄▽ ̄

ま、一人で縁側でビールを飲むよりも
二人で一緒に縁側でビールを飲むことが幸せだと思う

こういう風に思える間はラブラブって事ですね。

でもって、ホタルの
あのお味噌の汁は傑作でしたねぇ。

ホタルのおばあちゃんはかなりのうっかりさんだったかも
しれんですねぇ ̄▽ ̄ゞ
Posted by ikasama4 at 2010年07月29日 22:48
★ikasama4さん

ホント、蛍って憎めないキャラですよね~。
自然と不思議ちゃんに惹き込まれてます。
どんなことにでも必死に体当たり。一途で健気。
それが蛍の自然体なんですもんね。
恋愛に関しての「面倒臭い」はちょっと意味が違うとかがまた可愛い。
掃除とか片付けは本当に面倒臭いんでしょうけど…
お味噌汁の具を入れることも(笑)

もうこの二人にはラブラブやムラムラは必要ないかも~。

>でも、二ツ木と山田姐さんとのムラムラなラブラブは
>凝視してましたけどねぇ ̄▽ ̄
あれは良かったですね~。思い出しても笑える~(ノ∇≦*)キャハッッッ♪
ん?蛍ってまだそういうことは未経験でしたっけ?
初回で瀬乃のナニを覗いて「久しぶりで」みたいな言い方してませんでした?
あんな場面で堂々とした態度も…分からん子だわぁ(笑)

>でもって、ホタルの
>あのお味噌の汁は傑作でしたねぇ。
ぶちょおが作る朝ご飯でも、具入りは食べてるでしょうに。
サラッと言い退ける辺り、蛍恐るべしです(笑)
まさかおばあちゃんもそうしてたのかも?
DNAはおばあちゃんから…有り得るから怖いわ(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
Posted by manamana at 2010年07月30日 10:15
manaさん、見ました〜。

始めにぶちょおが「結婚を前提に」って言うとか、4回目にしてホタルが「好き!」って言っちゃうとか、このドラマ斬新ですよねぇ。これから一悶着も二悶着もあるんでしょうね〜。わくわく。

次回はホタルの仕事ぶりも見られるようで楽しみです。ふたちゃんと山ちゃんの展開も楽しみ〜。
Posted by えっちゃん at 2010年08月02日 05:33
★えっちゃんさん

こちらでは昨日『ホタルノヒカリ』の再放送が最終回を迎えましたよ。
3年前のはるかちゃんは少しふっくらしてました。
今よりも可愛いオーラを放ってましたね~。
「先輩」になった蛍。今後はどんな恋模様を見せてくれるのかも楽しみです。

>ふたちゃんと山ちゃんの展開も楽しみ〜。
前作では「二ツ木さん」って呼んでた山田姐さん。
今回のこの二人には大笑いさせてもらってます。
このまま結婚しちゃうのかな~。こちらも楽しみですね~♪
Posted by mana at 2010年08月03日 10:54