2009年04月01日

ワルキューレ作戦

  政治的な内容で、もっと
  難しいものかと思ってました。
  序盤からドキドキが続き、
  ハラハラの展開に
  寝てる暇なんてありません(笑)

  面白かったです!
  『ワルキューレ』


数日前にテレビ放映された『トップガン』を観て、娘達は「カッコイイ~!」と。
当時はあの曲と共に、私もゾクゾクしながらホレボレと観たもんですけど、
今では、若すぎるトムに「小っちゃいなぁ」の印象の方が…(^_^;)ヾ(゚∇゚*)オイオイ

『ビストロスマップ』での素顔のトムはカッコ良かった!笑顔もグゥ~!
「ウマイ」「チョーウマイ」もしっかり自分のものにしてました(笑)

トム演じるシュタウフェンベルク大佐は知的で凛々しくてステキでした♪
小さく見えるどころか、右腕と左手指2本、左目を失くした彼の
立ち居振る舞い・姿勢の良さ、自信に満ちた表情が大きく魅せてたようでした。


こういう映画を観る度に、戦争の意味を考えさせられます。
独裁者・ヒトラー暗殺計画の一つである『ワルキューレ作戦』。
過去に40回以上もその暗殺をくぐり抜けて来たというから驚きです。
世界中の独裁者のカリスマ性にも驚きですが。
周りに信用できる人間なんて居なかったんじゃないんだろうか。。。

そのカリスマ支配者を倒すために、どちら側に就くかの
探り合いや駆け引きがまた面白いところです。

映画の中でのヒトラーはそっくりで、オーラや存在感が漂ってましたわぁ。
あのチョビ髭が似合うのは、ヒトラーかチャップリンしか思い浮かばず(笑)
ワルキューレ改訂の承認を貰うために、
シュタウフェンベルク大佐がヒトラーに初対面するシーンはドキドキ!
サインするのか…しないのか…


総統ヒトラーとその忠実な従者ヒムラー。
同時に暗殺できなければ計画の意味はなさない。
決行するのか否か…
緊迫感の中、命令は「NO!」
あ~、ヒヤヒヤする~!

映画の中でも使われたレコードから流れる曲。
当然のように『地獄の黙示録』が思い浮かんだんですが、調べてみると…
ワーグナーの『ワルキューレの騎行』なんですね。
30年前の映画で、曲しか印象にないんですが、ちょっとビックリでした。
この映画のための曲のようで。。。

ナチス・ドイツを背景にした戦争映画を思い出すと…
あの軍服とロングコートが印象的で、『戦場のピアニスト』が思い浮かびました。
軍人達の耳上と襟足をスカッと刈られたヘアもセットなんですよね(笑)
これは、ちょっとくだけてるイメージのアメリカ軍人には感じない部分です。
「ハイルヒトラー!」と手を上げ忠誠を誓うポーズがお国柄の違いでもあり…

チラッと理髪シーンがあるんですが、坊主にはしない所がオシャレ♪
日本人のような「坊主が当たり前」みたいな貧乏臭さを感じない。
どうして高校球児は未だに坊主頭なんでしょうね。高野連の規定?


何としても遂行せねばのラストチャンス。
首につけた剃り傷はどんな意味があるのか…
なるほどです。そこで爆弾準備を始めます。。。
ここからはもうドキドキの連続。力が入っちゃいましたもん。

任務遂行後、飛行機へ戻るまでも油断できません。
運転手も始末しとけば良かったのに。

ヒトラーがどうなったのか引っ張ります(笑)
死なないとは思っていても、もっと重症を負ってるのかと期待してました。
電話で命令する主も本人ではないのかも?とか思ったりして(^_^;)

あ~、もう少しで違う未来が。。。

処刑のシーンは胸が熱くなりましたわぁ(・・、)
しかもこの9ヵ月後にヒトラー自殺って。
終戦を目の前にして飛んで行った日の丸特攻隊にも、やり切れない思いが…
戦争をして誰が幸せになったんですか。。。
いつもこんな思いの繰り返しです。

最後までベック将軍を守り、家族の心配をしたシュタウフェンベルク大佐。
時代がほんのちょっとズレてれば…
4人の子供達も大好きな父親と、貴族の幸せな生活を送れたでしょうに。。。

戦争映画は事実なだけに、
無意味な死と残された家族の思いに、悔しさ切なさが残るんですよね~。
それでも嫌いじゃないんです。
矛盾してる私σ(^_^;

さすがのトム・クルーズを見ることが出来て良かったです。満足感♪




↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い 

この記事へのトラックバックURL

http://manamanawatching.mediacat-blog.jp/t34223
この記事へのトラックバック

 『ワルキューレ それは女神の名を冠した「作戦<ミッション>」』
 コチラの「ワルキューレ」は、紆余曲折を経て3/20に公開されたトム・クルーズ主演のサスペンス・アクション超...
ワルキューレ【☆彡映画鑑賞日記☆彡】at 2009年04月02日 00:19
VALKYRIEワルキューレそれは。女神の名を冠した「作戦<ミッション>」作戦は「10分」一線を超えたミッションに世界が委ねられた。上映時間120分製作国アメリカ/ドイツ公開情報劇場公...
★ワルキューレ(2008)★【CinemaCollection】at 2009年04月02日 00:37

作戦は「10分」一線を越えたミッションに世界が委ねられた。
ワグナーの旋律「ワルキューレ」が死者の中から“勇者”を選択する。
物語:国家に忠誠を誓ったドイツ人将校シュタ...
ワルキューレ【パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ】at 2009年04月02日 00:50
今週の平日休みは・・・
久しぶりにラゾーナ川崎の「109シネマズ川崎」で鑑賞。
★「ワルキューレ」【★☆ひらりん的映画ブログ☆★】at 2009年04月02日 03:27
「ワルキューレ」を鑑賞してきましたトム・クルーズと「ユージュアル・サスペクツ」のブライアン・シンガー監督が初タッグを組んだサスペンス・アクション。実話を基に、非人道的なナ...
劇場鑑賞「ワルキューレ」【日々“是”精進!】at 2009年04月02日 06:23
ワルキューレ (ドイツ語:Walküre、「戦死者を選ぶ者」の意) 北欧神話に登場する複数
ワルキューレ を観たゾ【ヤジャの奇妙な独り言】at 2009年04月02日 07:09
□作品オフィシャルサイト 「ワルキューレ」 □監督 ブライアン・シンガー □脚本 クリストファー・マッカリー、ネイサン・アレクサンダー □キャスト トム・クルーズ、ケネス・ブ...
『ワルキューレ』【京の昼寝〜♪】at 2009年04月02日 08:27
2009/1/27、一番町の東宝東和試写室での開催。

当初「スニーク・プレビュー」ということでブログでの感想公開を懸念したが、
むしろ、Yahooの何とかに書いてほしい、とまで言われたので、...
試写会「ワルキューレ」【ITニュース、ほか何でもあり。by KGR】at 2009年04月02日 09:24
スッキリと痩せてカッコ良く見えたトムがスマスマに出演したのを見たし(『トロピック・サンダー』の時とは大違い・笑)、TV放送された『トップ・ガン』も見た。楽しみだなぁ〜ワルキ...
ワルキューレ【★YUKAの気ままな有閑日記★】at 2009年04月02日 09:55
失敗は成功のもと。
 
ワルキューレ【Akira's VOICE】at 2009年04月02日 10:27
試写会で みてきました。「ワルキューレ」公式サイト実際にあったヒトラー暗殺計画を題材にした戦争サスペンス。久しぶりのトムちん、トロピック・サンダー以来だしてかソレをカウン...
「ワルキューレ」【かいコ。の気ままに生活】at 2009年04月02日 10:30
原題:VALKYRIE公開:2009/03/20製作国・年度:アメリカ/ドイツ、2008年上映時間:120分鑑賞日:2009/03/21監督:ブライアン・シンガー出演:トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、ト...
ワルキューレ【映画鑑賞★日記・・・】at 2009年04月02日 15:45
4月1日(水) 18:35~ TOHOシネマズ日劇1 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:600円(買っていない) 『ワルキューレ』公式サイト ナチスドイツの軍人によるヒトラー暗...
ワルキューレ【ダイターンクラッシュ!!】at 2009年04月02日 19:24
「ワルキューレ」★★★☆
トム・クルーズ 主演
ブライアン・シンガー 監督、2008年、120分、アメリカ、ドイツ



「ドイツ帝国の全部が
ヒトラーを支持して居たわけではない、
歴史...
「ワルキューレ」緊張の連続、サスペンスの1級品【soramove】at 2009年04月02日 20:54

Valkyrie(2008/アメリカ)【劇場公開】
監督・製作: ブライアン・シンガー
出演:トム・クルーズ/ケネス・ブラナー/ビル・ナイ/トム・ウィルキンソン/カリス・ファン・ハウテン/...
ワルキューレ【小部屋日記】at 2009年04月02日 22:40
この間の日曜日は映画を観に行ってきました。
見てきたのはトム・クルーズ主演の「ワルキューレ」です。

今回は予備知識を一切つけずに観...
映画「ワルキューレ」感想【0からオメガへ 〜お小遣い稼ぎ奮闘記〜】at 2009年04月03日 01:47
『ワルキューレ』を観ました第二次世界大戦時に実際にあったヒトラー暗殺計画を題材に、トム・クルーズが主演を務める戦争サスペンスです>>『ワルキューレ』関連原題: VALKYRIEジャン...
『ワルキューレ』を観たぞ〜!【おきらく楽天 映画生活】at 2009年04月03日 07:37
JUGEMテーマ:映画


2009年3月20日(金) 公開

★★★★★ 軍服にアイパッチのトムに萌える 星5っつ!


「そぉーとぉー!!!」「なんだね、吉田くん」


しっかし、悪党っ...
ワルキューレ【UkiUkiれいんぼーデイ】at 2009年04月03日 08:01
映画「ワルキューレ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、テレンス・スタンプ、トム・ウィルキンソン、エ...
「ワルキューレ」レビュー【映画レビュー トラックバックセンター】at 2009年04月03日 12:20
本作「ワルキューレ」は実際に第二次世界大戦中にあったドイツ将校によるヒトラー暗殺
「ワルキューレ」 計画を成功させるためには【はらやんの映画徒然草】at 2009年04月03日 19:41
 久しぶりに映画館に行って来ました。観て来たのはブライアン・シンガー監督&トム・クルーズ主演の『ワルキューレ(英題:VALKYRIE)』、第二...
映画『ワルキューレ』劇場鑑賞【続・蛇足帳〜blogばん〜】at 2009年04月03日 22:21
「ワルキューレ」は第2次世界大戦のナチスドイツでヒトラー暗殺計画を企てた幹部たちのワルキューレ作戦の全貌を描いた実話の歴史ストーリーである。第2次世界大戦でヨーロッパを恐怖...
「ワルキューレ」祖国のために独裁者ヒトラーと戦ったレジスタンス集団【オールマイティにコメンテート】at 2009年04月03日 22:58
映画館にて「ワルキューレ」

第二次世界大戦時に実際にあったヒトラー暗殺計画を題材にした実録サスペンス。

おはなし: 第二次世界大戦末期のドイツ。名門貴族出身の将校・シュタウ...
映画 【ワルキューレ】【ミチの雑記帳】at 2009年04月04日 00:12
第二次世界大戦末期。 シュタウフェンベルク大佐はナチス総統ヒトラーの思想や政策に絶望し、祖国ドイツの未来のため、ヒトラー暗殺を企むレジスタンスに加わった。 彼は自ら暗殺の...
ワルキューレ【象のロケット】at 2009年04月05日 00:01
第二次世界大戦中に実際に起きたヒトラー暗殺計画を基にヒトラーを暗殺 することでドイツを救おうとする将校が同志らとともに計画に邁進していく 様を描いたサスペンス。第二次世界...
ワルキューレ【だらだら無気力ブログ】at 2009年04月05日 23:20



 最近忙しく、ブログを書く暇がない・・・。今回のワルキューレでも観てきてから記事にするまで2週間も経ってしまった。う~ん、だから感想も薄味です。。
映画:ワルキューレ【よしなしごと】at 2009年04月12日 12:20
最初この映画の予告編を観た時に「今時ヒトラー映画!?」って思いましたが・・・当時ヒトラー暗殺計画なるものが40数件も起こっていたとは知らなかったので、ちょっと興味をそそら...
映画「ワルキューレ」の感想レビューです。【MOVIE レビュー】at 2009年04月17日 11:30
▼動機
この頃流行の実話物
▼感想
「へぇ~」
▼満足度
★★★★☆☆☆ そこそこ

▼あらすじ
第二次世界大戦下のドイツ。戦地で左目を負傷した将校・シュタウフェンベルク大佐(...
【映画】ワルキューレ【新!やさぐれ日記】at 2009年04月19日 17:08
祖国を救うために戦う・・・それが、全てを犠牲にする選択だったとしても。
ワルキューレ【Addict allcinema 映画レビュー】at 2009年07月28日 16:40
全編に緊迫感はあったけど、冒頭の暗殺計画のところが一番ドキドキしたかも
「ワルキューレ」【心の栄養♪映画と英語のジョーク】at 2009年08月15日 18:31
え〜っと、ブログを蔑ろにし続けているピロEKです{/ase/}
ちゃんとした近況報告も含めてどのくらい放置してるんでしたっけ{/hiyo_oro/}{/ase/}…

先週からはAmazonで購入したPSPとモンハンポー...
【映画】ワルキューレ…君とトムと僕と僕とトムと君と【ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画】at 2010年01月21日 21:37
トム君のサスペンス?
予告編を観た時はそんな印象。

第二次世界大戦下のドイツ。
アフリカ戦線で左目を負傷したシュタウフェンベルク大佐は、
“良心”と“忠誠心”の葛藤に悩ん...
ワルキューレ【映画、言いたい放題!】at 2010年02月23日 12:07
あらすじ連合軍との死闘によって、ドイツの敗色が濃くなった第二次世界大戦末期、ドイツ人将校シュタウフェンベルクはヒトラーの危機管理オペレーション≪ワルキューレ作戦≫を巧み...
『ワルキューレ』'08・米【虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...】at 2010年05月20日 21:25
この記事へのコメント
こちらにもお邪魔しま~す♪
史実には基づいているわけですが
難しいお話ではなくて、上手くエンタメな
サスペンス映画になっていましたね(^_-)-☆

>運転手も始末しとけば良かったのに。

あはは~。manaさん、さりげなく凄いこと
言ってません?(笑)

戦争映画は、あまり好きではない私です。
実際に戦争があって亡くなった人がいて・・・
と言うのがすごく重いんだ(T^T)

今回もラスト処刑のシーンは辛かったですが
大佐の妻やこどもは生きながらえたようで
それだけがせめてもの救いでした(T^T)
Posted by ひろちゃん at 2009年04月02日 00:52
こんにちは~♪
来日したトムはカッコ良かったですよね!
なんだかトップガンの頃に戻ったような顔つき、、、もしかして若返った?!(笑)

映画は、作戦が失敗すると分かっていてもドキドキ&ハラハラしながら見守りました~
不可能を可能にするトムちんが主演だし、史実を変えて成功させちゃうかもしれないし(そんなバカな・笑)
もう少し重厚感が欲しかったなぁ~と思いましたが、とってもお勉強になる見応えのある映画でした~

PS.ナイト君のスペシャル、、、
ナイト君に会えたことは嬉しかったけど、あの結末は悲しいわ~
まだ引き摺っています(立ち直りが遅いの・笑)
Posted by 由香 at 2009年04月02日 09:49
ワルキューレの騎行が有名ですが、これはオペラの中の組曲の1つで4日にわけて公演するような壮大な曲「ニーベルベンの指輪」の中の序曲の次の1日目「ワルキューレ」の中の一節ですね。
演奏が楽なのでオーケストラ版が繁用されていますが、(mana様リンクのように)「地獄の黙示録」でも使われた後半部に伸びのいいオペラを含んだ奴がやっぱり一番いいです。
ただ、なかなかこのオペラ版だとワルキューレの騎行だけが含まれるアルバムはなかなかないのですよ。
それもそのはず、ニーベルゲンの指輪とは15時間にも及ぶ超大作。ワルキューレだけでも4時間近い大作です。基本は全曲入っているものが当たり前なので、ハイライトだけとなると意外にないんですよねえ。
私はこの曲レコードでオペラハイライト盤を探して聴いてました。
Posted by しとろえん at 2009年04月02日 21:22
★ひろちゃんさん

こちらにもありがとうございま~す♪
ドラマも映画も予備知識なく観ることが多いんですが、
この映画もこんなドキドキするサスペンスものとは思ってませんでした。
エンタメ大好きですし~♪

あのドイツ人顔の運転手。
チクッたみたいに映ってたでしょ。チッて思ったんだもん(笑)

戦争ものは事実だけに重すぎますね。
でも事実だからこそ見ておきたいって気持ちもあるかも。
「実話に基づいて」とかに弱いの。
「期間限定」とかに弱いのと同じ?(^▽^;)ヾ(゚∇゚*)チャウヤロ

処刑シーンには泣けました。
と思うと…
『貝になりたい』の処刑には泣けなかった。なぜだ…
やっぱトムが良かったのよ~(人´∀`)♡

大佐の妻は長生きしましたね~。つい最近までって凄いですね。
これから生き証人が居なくなって、遠い昔のお話になってしまうんですかねぇ。
ひろちゃんさんのレビューでの写真はまたリアルに見比べることが出来て、
実話なんだなぁって改めて感動しました。
ひろちゃんさんのマメさにも感動…いや感謝(笑)


★由香さん

こんばんは~。

>来日したトムはカッコ良かったですよね!
うんうん、素顔のトムはステキですね~。笑顔がイイ!
由香さんも『スマスマ』を♪(*^o^)/\(^-^*)

映画での彼は若返って見えましたね。
失くした指はCGなんですか?お顔もちょいと修正したとか?
ついでに大きく見えるように錯視効果を出したとか?ヾ(゚∇゚*)ナンデヤネン(笑)

>作戦が失敗すると分かっていてもドキドキ&ハラハラしながら見守りました~
そうなのそうなの~。成功するかも!って不思議な感覚になっちゃいましたよね。
だから「爆発するのを見た!」と言い張るしかなかったんでしょうけど、
大佐らしくないって感じも残りましたね。
由香さんの物足りなさも理解できますわぁ。
私は観終えたとき、単純に「面白かった~」でした。
きっと難しいお話じゃなかったことが私には嬉しかったんですね~(笑)
「ワルキューレ作戦」も「ワルキューレ騎行」も知らなかったので、
お勉強になりましたわσ(^_^;


ナイト君は目覚めない方が良かったのかもしれません。
私は創志にも肩入れしてたので(^_^;)
で!今朝のニュースでびっくりしたわぃ!!
水嶋ヒロ君も出演のTBS土8ドラマ『MR.BRAIN』(5/23~)楽しみにしてるんです♪
さて次はどんなドラマで由香さんがイチコロになるのか楽しみ~(*^m^*) ムフッ
誰か早く由香さんを立ち直らせてあげて~(笑)


★しとろえんさん

>ワルキューレの騎行が有名ですが
曲は有名すぎても曲名を知りませんでした。お恥ずかしいことですわ。
本来クラシックって1曲全てを聴くとすごく長いですよね。
しかし15時間ってどんだけ~!作曲者もどんだけ~!
演奏する人はもっとどんだけ~(^▽^;)

クラシックのおいしいとこだけ(ハイライト)を集めたような楽譜で、
弾けた気になって鍵盤を弾く自分に酔ってますσ(^_^;ワタシ
しとろえんさんのように、クラシックにも詳しい方には失礼な奴です(笑)

しかし今はすぐに調べて聴けるので便利ですね~。インターネット♪
曲調べは本当に助かってます。
しとろえんさん情報にはいつも目から鱗が落ちまくり(笑)
辞書のようなしとろえんさんにも感謝です(^_^;)
毎度ありがとうございます。
Posted by mana at 2009年04月03日 21:34
manaさん、こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました。
戦争物を見ると、manaさんじゃないけど「これで誰が幸せになったの?」って思うんだけど、嫌いじゃないんですよね。
いえ、むしろ好きなんです、戦争映画。
戦争映画を見るからこそ戦争の愚かしさが分かるんですよね。
知ることが抑止力になるかと・・・。

この映画はヒトラーには全く言及していないところが却って潔かったと思いました。
彼の悪行は周知の事実ってことで。
Posted by ミチ at 2009年04月04日 00:18
★ミチさん

こんにちは~♪
こちらこそいつもコメントありがとうございます。

>いえ、むしろ好きなんです、戦争映画。
私もそうかもしれない。

>戦争映画を見るからこそ戦争の愚かしさが分かるんですよね。
>知ることが抑止力になるかと・・・。
さすがミチさん、上手いこと言うわぁ~。
仰る通り!これが言いたかったのよ私(^▽^;)
知らなきゃ何も語れないですしね~。

ヒトラーはそっくりだし(笑)43回も暗殺を逃れたことも、
そういう反逆者もいっぱい居たんだということも分かったしで良かったです。
私にも分かり易い映画で楽しめましたわ♪
Posted by mana at 2009年04月05日 12:00