2008年08月23日

『四つの嘘』 第7話

もう女子高生時代と美波の声も必要ないでしょう。
初回が遠い日のように、すごい展開になって来ました。
今振り返ると、美波の謎も何でもなかったんですかね?


満希子は号泣しながら「謝りなさいよ」と。
愛人の君子(星野真理)には既に負けてるんですが、
頼りの詩文も…
「じゃぁみんなで仲良くすれば。それも選択肢じゃないの」と助言。
満希子あんぐり(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
しかし自分のことは棚の上なんですね~満希子。
これはこれ、それはそれなのね(笑)

そしてお風呂の中でケイタイメール。
脱衣所にケイタイを隠し置く満希子も旦那より用意周到ずる賢い?
湯船にケイタイ落とすよ~…
ってより落とせっ!って思っちゃいましたよ(^_^;)ヾ(゚∇゚*)オイオイ

魔性と思われた詩文が一番常識人だったりして。
順応性もあって、冷静な判断も出来る。当然先のことも考えてますし。

満希子は、旦那と娘に裏切られたと、頭が痛いところ。
それでも森リンのことは別(笑)

アイドルはテレビの中だけに存在するわけではないんですね。
萌え系メイドで「芸を売る」娘のゆかり(夏未エレナ)。

満希子の「みんなで話し合いましょう」に家族は辟易。
この、自分が主義の主導権のまま家族を動かす態度がウザイんでしょうね。
何だか夫や娘に同情。
満希子の信じて来た「みんなのために」って何なんでしょう。。。
第三者だと冷静σ(^_^;(笑)


穏やかな暮らし。。。

「人生ってそれだけじゃないの。
 地道な生活の中にもきっとステキなことはあるわ」
ボクサーの英児ではなく、澤田との安定した生活を選ぼうとしている詩文。


「考えに考えておじいちゃんを施設に預けたの」
老人ホームから帰りたがる禮一郎をお思いやるつもりで連れて帰った冬子。
昼も夜も仕事で、誰がおじいちゃんの面倒を見るのかと話す詩文の姿に、
また澤田先生は惚れ直しちゃったかも。
「休診しますよ」ってホームまで送ってくれます。
「朝顔に会えて良かったですね…」なんて優しく語りかける痴呆老人扱いも上手。
でも車中では、澤田と詩文の仲の良い姿に
禮一郎の表情は安心したように見えました。


ネリをストーカーしてたのはやはり研修医の福山でした。
予想通りで驚きもなかったですが、どうもこの設定が無理矢理っぽい。
「先生が僕を認めないから」と言いつつも…
ネリのことが好きなんですね。怖いわぁ。


ヤケクソも手伝ってか、森リンの誕生日プレゼントに高級時計を購入する満希子。
店の金庫から200万円の束を持ち出して。。。
やっぱりこうなるんですかね。貯金はある!

詩文が森リンに近づいたのは、満希子の家庭を守るためでしょ。

ダンス指導にラッキィ池田さんの名前を発見したんですけど…
メイドの萌えダンスですかぁ。ほぉ~。。。
寺島さんにも指導したんですかね…あの振り付け(笑)

次回は森リンの魂胆がはっきりしそうですね。





↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

この記事へのトラックバックURL

http://manamanawatching.mediacat-blog.jp/t25517
この記事へのトラックバック
前回の終わり、武の愛人・君子の家を突き止めた満希子と詩文。
思いっきり、修羅場やん!と、ドキドキした1週間でしたが、包丁を持って大暴...
「四つの嘘」 第6話【ドラマ de りんりん】at 2008年08月23日 22:18
 さて、愛人の家に乗り込んだのに、満希子(寺島しのぶ)は泣いてばかり・・
付き添いの詩史(永作博美)は手持ち無沙汰でちょいお疲れ・・
武(渡辺いっけい)は一応、神妙な面持...
「四つの嘘」第7回【トリ猫家族】at 2008年08月24日 09:00
満希子が、無理に店から連れ出した詩文と、二人で武の逢瀬の場面に乗り込んだ。
実際に武が不倫していた場面では満希子は、取り乱し、泣くばかり。
相手の君子は、スタイリストで経済...
《四つの嘘》#07【まぁ、お茶でも】at 2008年08月25日 03:41
この記事へのコメント
ラッキィ池田さん、懐かしい…。
って、食いつくところはそこじゃないって?(≧∇≦)ノ彡バンバン!

今回は“魔性”な詩文が実は一番常識人やわ~と途中まで思わせておいて、最後にモリリンとの密会ですよっ♪ヽ(‘ ▽‘ )ノ ワーイ(笑)
またまた面白くなってきましたね。

どこへ落ち着くのか全く分からない展開になってますが、予想できないところにグイグイ惹きつけられますよね。
アラフォーも捨てたもんじゃない(笑)

お父さんを施設へ送っていく途中、車の中で熱唱していた3人。
永作さん、元リボンの割にはちょっと音程が…ψ(`∇´)ψ アハハ
Posted by りんりん@奈良 at 2008年08月23日 22:17
★りんりんさん

ニアミスにびっくり~°゚°。。ヾ( ~▽~)ツ ワーイ♪

エンドロールに流れて来た懐かしい名前発見!
「ラッキー」じゃなかったですかねぇ?…
そんなんどうでもいいって(≧∇≦)ノ彡バンバン!

そうそう、今回の詩文は一番常識人でした!…って思わせといて、
モリリンと…って思わせといて…澤田と…って思わせといて…
ってどないやねん!(笑)

予想外な展開にワクワクしますね~。
実はモリリンは…って予告で見せといて…
誕生日に友達を呼んだだけとか?ヾ(゚∇゚*)ナイダロ(笑)

しかしモリリンのケイタイ受信が満希子しかなかったのはどんな意味が?
本当は素直にイイ奴なんだと思いたいところなんですけどね~。

アラフォーは危険なのねん(笑)

ぅわぁ!リボンなんてすっかり忘れてましたわぁ。
当時は口パクだったんですかねぇ(`∇´)ヾ(゚∇゚*)オイ
Posted by manamana at 2008年08月23日 22:56
>今振り返ると、美波の謎も何でもなかったんですかね?
そうですよね~!
あの謎はどこいった??
ただの語り手になっちゃいましたね~
>魔性と思われた詩文が一番常識人だったりして。
ここにきて、ホントそうですよね。
満希子はすぐに結婚しちゃったからなのか、元々そういう性格なのか
全然回りの状況を見ようとしないところがスゴイ!
まぁ、えてしておばさんってそうなんだけど・・・
詩史の距離感が私は一番好きかなぁ・・・・
>「先生が僕を認めないから」と言いつつも…
ネリのことが好きなんですね。怖いわぁ。
これ、恋愛感情か恨みかどっちにすりゃ~いいのにね・・・
恨みが重なって執着にって・・・よくわからないわ~
福山役の役者さんには悪いけど、ホント、気持ち悪い感じ・・・
>寺島さんにも指導したんですかね…あの振り付け(笑)
したんじゃないかな~(笑
あの場面は笑ったわ~、このドラマけっこう笑えるところもあるのがいいですよね。
Posted by きこり at 2008年08月24日 08:57
★きこりさん

本当、美波はただの語り手になってしまってるので、逆に要らないと思っちゃいます。
あの謎を忘れさせといて、ドカーンとやってくれたりすると嬉しいんですけどね~。

今回の詩文は流石でしたね~。
モリリンのことを知ってても言わないところも人間出来てる(笑)
「見たわよ」なんて軽い口を叩く女とは違います。
包丁持って乗り込む女とも…ププ

>全然回りの状況を見ようとしないところがスゴイ!
そんな満希子にはピッタリの旦那さんなんですけどね~。
そりゃぁモリリンへ向ける可愛らしい目で見ろってのはムリですが(笑)
どうしておばさんって図々しくなれるんですかね。
満希子の振り見て我が振り直せ。。。ってか(* ̄m ̄)プッ

>これ、恋愛感情か恨みかどっちにすりゃ~いいのにね・・・
そっかぁ。どっちかならまだすんなり受け入れられたかも。
恨みってどんな?よく分からず帰っちゃうんだから~。

>福山役の役者さんには悪いけど、ホント、気持ち悪い感じ・・・
あ~、きこりさん言~ちゃったぁ( ̄b ̄) シーーッ!!(笑)

>このドラマけっこう笑えるところもあるのがいいですよね。
そうなの!さり気なく笑わせてもらえます♪
西尾夫婦も面白いんですが、
詩文の父・禮一郎の演技は美味しすぎるぞ~(≧∇≦)ノ彡
Posted by mana at 2008年08月24日 17:16