2017年04月18日

『ひよっこ』 青年団の会合

♪愛の言葉をリ~ル~
 シャイなハートがド~キドキ~
 あの日観てた
 サウンド・オブ・ミュージック
 瞼閉じれば蘇る~

今朝はこの歌が脳内グルグル。
掃除機をかけながら鼻歌(。ˇε ˇ。)ア~

毎朝、心地いがっぺ~♪
そして、毎日泣がされる。。。

昨日のギュッと三連チャン♡
ハグはオキシトシン出っからよぉ(/_;)
親身はありがでぇな。


「お母ちゃん」 みね子

「ん?」 美代子

「 一人で行ったの?東京」

「んだよ」

「怖かった?
 一人で怖かったんでしょ?
 心細かったんじゃねぇの?
 私がもっと大人だったら、
 一緒に行ってあげられたのに。
 そしたら」

「みね子!」 抱き締める美代子

何て娘だ。・゚・(*ノД`*)・゚・。

普通だったなら、
話してくれたら良かったのにぃと来たもんだ。

思いやりってこう言うもんなんだって、
全ての登場人物で見せて来る。
君子(羽田美智子)も、
時子(佐久間由衣)も…
ギュッでキューン♡


今日は、きよ(柴田理恵)の母ちゃんキャラで
現実に戻され(笑)
太郎(尾上寛之)の偉そうな態度にムキャー!
ちょっと前は勘助だったのにヾ(゚∇゚*)カーネーション

と思わせといてからの、
何なのよ~もう(/_;)
3人の母にも貰い泣き。


青年団の会合が始まるド緊張の中、
聖火リレーを提案する三男(泉澤祐希)。

「何だこれは!くっだらね」 太郎

即行却下。
でも私たちは、
予告で走ってるの見ちゃってるしぃ…

「…俺はこの村が奥茨城村が大好きだ!
 でも出て行く。
 農家の三男坊だがらね。
 俺の居場所はこの村にはねえ。
 生まれた時から決まってんだ。
 そんな俺でもこの村が好きだ。
 俺みでぇに大好きなのに
 ここに居らんねぇやつもたくさんいる。
 …
 余計なお世話だなんて言わねぇでくれ。
 なぁ兄ちゃん。俺こんなの初めてなんだ。
 生まれで初めてなんだ!
 もうちっとだけ考えてくれよ」 泣いて頼む三男

「お願いします!」 時子

「お願いします」 みね子

「話になんねぇな。
 甘ったれてやがんな~。
 んだから三男坊は嫌だわ。
 腹立づわ~」 太郎

「んだな」 豊作(渋谷謙人)

「結局無責任だ。
 現実っつうもんをちゃんと見でねえ。
 自分たちのことばっかし
 考えやがって。甘ったれが!

 いいが三男。
 おめえ、生まれだ時からこの村出で行ぐ
 運命だ~どか、おら可哀想だ~
 みてえな顔してっけどな、
 じゃぁ聞くが、
 生まれた時からこご出て行ぐこどなんか
 できねえ運命の人間のことは考えねえのか?
 あ?
 こんないい加減な紙っぺら作って。
 実現すっと思ってんのが
 ちゃんちゃらおがしいわ!
 責任ってもんがねえからこんなもんで
 やれっと思ってんだバカが!」 太郎

それもごもっとも。
兄弟それぞれの思いも違う。
ぶつけ合い、分かり合ういい場になりました。

現実を見るとはどういうことなのか、
兄ちゃんたち青年団の男たちが魅せます。
親戚がNHKに入ったもんも居んだぞ(笑)

「それって」 みね子

「もしかして」 時子

「兄ちゃん?」 三男

「兄ちゃんでねえ。団長だ」 太郎

だんちょうね~(*ノД`*)ノゎぁぃ♪
こういう役の尾上寛之くんも最高だぁ!


そしてアンカーはみね子に決まり。
う~んいい流れ。

イノッチが言ってた、
「胸が躍る」ってこういうこと。

毎日15分の中身がギュッて、
さすがっすね!


人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 今日は14話

第35話『ひよっこ』 手作りのブラウス

この記事へのトラックバックURL

http://manamanawatching.mediacat-blog.jp/t121773