2016年08月17日

リオ五輪 アカツキファイブ

卓球女子団体の銅メダルも素晴らしかったですけど、
地味に応援してた日本女子バスケも熱かった~!

世界ランク4位の強豪フランスを79-71で破っての、
ベスト8って凄いじゃないですか!
そこから今朝の試合は準々決勝・アメリカ戦…
残念ながら負けてしまったけど、
オリンピック5連覇の強豪ですもん。
世界ランク1位のアメリカですよ~(ノ゚ο゚)ノ

64-110も惨敗とは思えない。。。
(23-30 23-26 13-25 5-29)

この4つのクォーターで40分タイムが
いつしか当たり前のルールには、
前半後半試合だった世代にはびっくりぽんやねん。
卓球のラケットが、ペンorシェークも同様に?
時代の流れを感じるもうイヤン親世代(笑)
応援は母の気持ち(゚-゚*)。。oO

微妙どころか相当ルールが変わってる現在。
ゴール下の台形ラインは長方形になってたり、
スリーポイントもなかったし…
ワンツーでのボールパスに注目しても、
スリーステップに見えて違和感~。
ポジションを「45度」とか言わんでしょ(笑)


地元には名門・桜花学園があるせいもあって、
テレビ番組や地元ニュースでも見守って来ました。
桜花と言えばの大神雄子(33)!
巧みなプレーはどんだけオトコマエ~♡
旧・名古屋短大付属高の名称も懐かしいわ。

井上監督は、
『プロフェッショナル 仕事の流儀』でも魅せてました。
同世代で活躍してた当時の有名選手も数知れず…
あ~あの頃が懐かしい。

リオ五輪にも
桜花出身の髙田真希選手がメンバー入りし、
ヒガシのナレーションでお馴染み『バース・デイ』で
魅せてくれた渡嘉敷来夢選手も…
その後の現在の活躍が嬉しい。
桜花高校時代に185㎝だった身長も193㎝に!
中学の時から夢を叶えて今、25歳の彼女…
輝いてるわぁ~('▽'*)。。oO


小学生から始めたバスケを、
高校の途中で退部してしまったことを後悔し続けた、
ずぶんσ(゚∀゚*)

弱いチームの上に部活の顧問とは合わず、
そんな理由で辞めたと思うと、バカコノー!
いつまで経っても「たられば」の悔いが残る。
高校選びから間違ってたと思ってしまうのよ~、
未だに…

  私 「桜花に行ってたらな~。
      バスケ人生が変わってただろうに」

  娘 「私は生まれてなかったよ」

  私 「そうだった~(゚∇゚ ;)
      行かなくて良かったんだ。ギュー♡」

幸せの欲張りさん(笑)


『しあわせはいつも
 じぶんのこころがきめる』 byみつを


人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ ありがとうございます。

この記事へのトラックバックURL

http://manamanawatching.mediacat-blog.jp/t118142
この記事へのコメント
うん^^めっちゃ頑張ってくれたし 

私は中学生の時にちょっとだけバスケ部でした
2学年上の近所の上級生さんがレギュラーで 当時のバスケ部は美人揃いだったんです♪
その上 強くて!
練習試合を応援に行って「すご・・・」って思いました


漫画の「スラムダンク」読んで ゴール下のくだりに 学生時代を懐かしく思い出したものです

味方のミスしたシュートをすかさず取ってすぐにシュートする
敵のミスしたシュートをすかさず取って味方にパス出す
入部して間もなく3年生の先輩にこれを叩きこまれました

あの頃とルールも随分変わったけれど ちょっとでもやったことのあるスポーツは テレビ観戦でも気持ちが違いますね
Posted by 夢見 at 2016年08月18日 10:25
★夢見さん

メダルラッシュに驚き!
獲れて当たり前と思われるベテラン選手はプレッシャーですわ。
新人の力…若いってだけで儲けもん♪
捨て身の勢いを感じるもん♪

夢見さんもバスケ!ナカマ━(_゚ロ゚)人(゚ロ゚_)━ッ!
中学の2年先輩って、雲の上の神でしたよね(笑)
中1には大人に見えたな~。
夏の甲子園球児は大先輩でした!
短大生なんてもう、大人の女性でしたわ~。

それが今ではどうです?
娘たちよりうーんと若い…
中坊なんてまだまだ子供(ノ∇≦*)

いつまで過去に戻りたがってるんだずぶん(笑)

ルールが分からなくてもスポーツ観戦は面白いですね~。
ラグビーの試合で、テレビ画面サイドにルール説明が出るのは親切でした。
レスリングの実況中も解説を入れてくれると、
あ~ここで足を抜くといいんだとか分かり易い。

早朝だった吉田選手の試合をネットで見ながら、
終了直後の涙とインタビューには貰い泣き(・・、)
24歳のマルーリス選手が頑張れたのも、
12歳で見たアテネでの吉田選手だってエピ。
目指せサオリ!打倒サオリ!
でレスリングを続けて来られたんですもんね。。。

どうしても思い出すのが…
若き千代の富士が貴乃花(父)を倒し、
貴乃花(息子)に返され引退すると言う時代の流れ。
「体力の限界!」って言葉にしみじみ。
気力も体力からだって聞くと、
年には勝てないって現実が一番辛いかもしれないですね。

陸上男子リレーも楽しみです!
ドラマより五輪で寝られない毎日ですわ。
録画消化の気力が私の体力について来ない(笑)
Posted by manamana at 2016年08月19日 18:25