2016年03月07日

『ちかえもん』 最終回

♪不孝糖~ 不孝糖
 おやおやおやおや 親不孝の不孝糖~

ぐるぐるぐるぐる リピ~トの不孝糖~♪
わての脳内、リフレインで叫んでる(笑)

もう何やの~?
こんな最終回、見たことあったぁ?
何枚も何枚も上手やんか~(ノ゚ο゚)ノ
泣いてたとこへ笑わされて、
忘れてたとこへ…
ここで歌かいな~♪

これまで万吉がして来たことは
偶然なんかやなかったんや!
初回で鯖を取って来たことから…
みんなちかえもんのためやったんや~(・・、)
鯖で繋げるんも、流石やなぁ。。。

ほんまに痛快娯楽時代劇やった。
年増の遊女とくそじじいの恋も、
おもろかったで(ノ∇≦*)

最終回を見終えた爽快感…
万吉が居なくなってしまった寂しささえ
笑顔にしてくれよった('▽'*)。。oO


「生きとってくれたらそんでええ」 忠右衛門

その通り。これしかない。
この言葉の重みがここでグッと来るよう、
これまでの見せ方がほんまに上手い。

大事な人を失いたくない想いを、
親が子供に死なれる辛さにも重ねながら、
ちかえもんのセリフを聞いてました。。。

〈ありえへん。
 何かの間違いや。こんなんウソや。
 誰かウソやと言うてくれ〉

とにかく生きてさえ居てくれたら…
死んだら終いなんや。

皮肉にもその思いが、
『曾根崎心中』を書かせたと言う。。。

〈あぁ、わしはあかん人間や。
 こないな時に、涙も出ん。。。
 涙の代わりに、言葉が溢れて来る。
 言葉が溢れて止まらん。
 言葉が溢れて、止まらん〉


斬りつけようとする久平次にも、
言い返すちかえもんはこれまでとは違うてた。

「お初、徳兵衛が死んだのを幸いと
 面白おかしく浄瑠璃に仕立て上げ
 金と名声を得ようと言う浅ましい
 腐れ戯作者を、
 地獄から生還した九平次がたたき殺す。 
 …
 何とか言ったらどうだ!
 この腐れ外道が!」 久平次

「何があかんのや。
 お初、徳兵衛の心中を浄瑠璃にして
 何があかんのや!
 わしが書かなんだら誰が書くねん!
 大坂に、あほな男とおなごがおった。
 この世で添い遂げられんのやったら
 あの世でちゅうて胸突いて死んだ。
 そらあほや。親不孝や。
 けど、他に手だてがなかったんや!
 この元禄ちゅう義理でがんじがらめの
 世に生まれて2人のまこと通そう思たら、
 心中するしかなかったんや。
 死んで物言えん2人の思いを
 浄瑠璃で伝えて何が悪いんや!

 わしはこの浄瑠璃で銭もらう。
 名声かて欲しい思てる。
 あさましい腐れ戯作者や。
 けど、この他の誰にもでけん
 あさましい仕事すんのがわしの務めや。
 作家に生まれた者の背負うた業や!」 ちかえもん

よう言えた!
こんな顔、初めて見た。
いっつも、
「書けてな~い」言うてたちかえもんが、
ほんまの仕事しよったんや。
これまで待ってたんや~この時を。
義太夫も母上も、万吉も…
う~ん痛快や~。

そして危機一髪ここにも、
万吉が助けに来てくれた~ヽ(*´∀`)ノ

「ちかえもん!
 ここはわいに任して行きなはれ!」 万吉

「えっ?」 ちかえもん

「今日あんたの
 にんじょうぎょうるりの初日でっしゃろ?
 早よ行きなはれ!
 早よ行きなはれ!」

「うぅ~。
 人形浄瑠璃や!」 ちかえもん

にんじょうぎょるり。。。

まさかこの掛け合いに、
こない深い意味が隠されてたやなんて(゚-゚*)。。oO

「今日のためや~!
 今日のこの日のために
 わいは不孝糖売り万吉になったんや~!」


新作『曾根崎心中』初日は大成功。
義太夫節もさすがやった~♪
母上にも褒められた~♪

「信盛。
 そなたは日本一の孝行者じゃ」 喜里

親不孝者と嘆いたあの日からここまで…
見事であった!


久平次と川に落ちた万吉、見つからず。
その姿を探すちかえもん。

「お~い!万吉~!
 大事ないか~!?」 ドボン!

川から引き揚げられたちかえもん。
その袖には、人形が!ヽ(゚Д゚;)ノ!!
蘇る遠い記憶。。。


「稽古が足りん!
 今日は飯抜きじゃ。
 仕置き部屋で反省しておれ!」 

父上のお仕置きに、
蔵の中で人形を相手に耐え忍んだあの日。。。

「ねえ、腹が空いた。

 ”では私が握り飯を作りましょう。
 さぁ出来た。召し上がれ”

 かたじけない。お前も食うか?

 ”ありがたき幸せ”」

そこから続きがありました。。。


「坊ちゃん。
 お母上とお出かけですか?」 近所のおばちゃん

「にんじょうぎょうるりを見に行くのじゃ!」 チビちかえもん

「人形浄瑠璃です」 喜里


「かと言って、
 にんじょうぎょうるりも書けやしまへんで」 万吉

「人形浄瑠璃や!」 ちかえもん

繋がった(゚∇゚ ;)エッ!
まだまだある。思い出す。。。

「母上。信盛は京へ出て
 人形浄瑠璃の作者となります」 ちかえもん

「武士の身分を捨てると言うのか?
 この親不孝者!」 喜里

「私はきっと、
 後の世に残る名作を書いてみせます」 ちかえもん

人形万吉は傍で見て聞いておりました。。。

「ちかえもんは、きっと、
 傑作にんじょうぎょうるり書きまっせ」 万吉

人形を見つめるちかえもん。。。

「万吉。
 お前やったんか~。万吉~。
 わしに、ええ浄瑠璃書かそう思て。
 万吉、万吉、万吉、万吉、万吉~~!」 

予告の号泣はここやったんか(/_;)

〈その後家路についたわしは
 道中ずぶ濡れの怪しい男が人形を抱いて
 泣きながら歩いていると通報され
 危うく奉行所の世話になるとこやった。
 そんなわしを祝おうと
 平野屋はんが開いてくれた宴の席で
 わしは更なる衝撃の事実を知らされるのである〉

まだ終われなーい。
痛快娯楽やさかい(笑)

徳兵衛とお初が生きてると知らされたちかえもん。
越前で漁師の見習いをしてるて、
鯖取ってるて聞いて、
皆の芝居にホッとするどころか…

「わしは、わしはお初、徳兵衛が死んだと思て、
 ほんまに死んだと思て、
 『曾根崎心中』を書きましたんや。
 それが何や!?皆ウソやったて。
 そないなウソの浄瑠璃書けられるかー!
 竹本座の木戸閉めい!幟降ろせ!」 ちかえもん

〈ウソの何があきまへんねん〉 万吉の声

「え?」

〈ウソとホンマの境目が
 一番おもろいんやおまへんか。
 それを上手に物語にすんのんが
 あんたの仕事でっしゃろ?
 なっ?ちかえもん〉

にやりもん(* ̄ー ̄)

♪下駄をならして 奴が来る~
 腰に 手ぬぐい ぶら下げて~
 派手な着物に 沁み込んだ~
 男の臭いが やって来る
 あ~あ~ 夢よ よき友よ
 おまえ 今頃 どの空の下で
 俺と おんなじ あの星見つめて
 何 想う~

見事であった!

『我が良き友よ』 (1975)
かまやつ…ひろしですヽ( ◔ ڼ ◔ )ノ バンザーイ♪

 第1話~第8話(最終回)


人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ ありがとうございます。

この記事へのトラックバックURL

http://manamanawatching.mediacat-blog.jp/t115255
この記事へのトラックバック
 さて、身の潔白の証を立てるために自害する決意をした徳兵衛(小池徹平)に
お初(早見あかり)ももちろんついて行くと言ったさ。

「あの世で待っとるさかい・・・何十年でも ...
「ちかえもん」 最終回 曽根崎心中万吉心中(そねざきしんじゅうとまんきちのおもい)【トリ猫家族】at 2016年03月07日 16:27
たくろう・・・来たな。 たくろう・・・来たね。 結局、ひろしだったけどな。 かまやつひろしだったね・・・。 ひろしのことが好きだったんだな。 鯖も好きだったけどな。 結局・・・み...
これからこの世の暇乞いせめて心が通じなば夢にも見えてくれよかし(早見あかり)【キッドのブログinココログ】at 2016年03月07日 16:36
この記事へのコメント
記事のアップをお待ちしておりました^-^

高岡早紀の女将も良かったし 

みんななんてお人よし

山崎銀之丞さん また新番組にも出演されるし やすみなしのお仕事ぶりだわと


ストーブのヒロシ  やっと春ですねえ

小池徹平さんは舞台もされてるし
今後 どういう俳優さんになっていかれるのか 楽しみです
Posted by 夢見 at 2016年03月07日 22:03
こんにちわ~いや~楽しかったよねぇ・・ヾ(=^▽^=)ノ
そして大満足の最終回だした。
私の脳内ではまだ終わってないけどな。
>初回で鯖を取って来たことから…
みんなちかえもんのためやったんや~(・・、)
きれいにつながりましたなぁ・・
喜里さんがあんなに『鯖、鯖』いうてたのも、このためやったんやなぁ・・『ちりとてちん』にも繋がってたし・・
>その通り。これしかない。
この言葉の重みがここでグッと来るよう、
これまでの見せ方がほんまに上手い。
んだな。いろんな親不孝、子不孝見せてもらってきたし
ちかえもんも何が親不孝で親孝行なのか悩んできたけど
お互いがほんとのほんとに幸せになるなら、そんなもんどうでもええがな・・
万吉はちかえもんが小さい頃からずっと見守ってきたんやもんね。
そしてお母ちゃんとの会話も聞いてきた。
そして名作を書く脚本家やってずっと信じてきたんやもんね。
も~万吉がかわいくて愛おしくてたまらんよ。
ラスト、ちかえもん、机の上に万吉人形おいて執筆していたけど
実は別の場所で元気に不孝糖売ってるんやで~と思わせてくれる姿が嬉しかったね~
最高の痛快娯楽時代劇やったわ!
Posted by きこり at 2016年03月08日 11:20
★夢見さん

言葉が溢れて止まらん(笑)
どんなに遅れても、
書きたい最終回でしたもんちかえもんヽ(*´∀`)ノゎぁぃ♪

どの役も憎めないキャスティングでしたね~。
久平次さえも悪党に思わせず?

実は子供を愛してた忠右衛門の見せ方も良かったし。
アホボンほど可愛い…
これでいいのだ(笑)

>小池徹平さんは舞台もされてるし
>今後 どういう俳優さんになっていかれるのか 楽しみです
ほんにほんに~。
わては相方の方が心配なんだす。
『ジャックと天空の巨人』での声優には…
わてのとは違うな┐(´-`)┌イメージ
鬼太郎も、ちゃう…

単に好みの問題だけなのかもしれん。
せめてイングリッシュが出来てたら(笑)


★きこりさん

こんにちは~♪
まさかの展開で驚きの最終回だったわぁ。
きこりさんは薄々感づいてたかもしれまへんけどな。
万吉は何者やねんて、早よから言うてたし。

人形もまさかだけど、鯖がこんな風に繋がるなんてね~。
もちろん『ちりとてちん』ありきやわ!あら小浜やわ(笑)

>いろんな親不孝、子不孝見せてもらってきたし
このドラマのテーマが多すぎない?
どれもこれも考えさせられて、
せやのに全部繋げて見せて来るっちゅー、
何ちゅーやっちゃ藤本はん♡
最後も「んなアホな~」て思わせしまへんやろ?
それが凄いっちゅーねん♪

>も~万吉がかわいくて愛おしくてたまらんよ。
ほんにほんに~(^^)(--)(^^)(--)ウンウン
人形だと分かってからが尚更可愛かったよ~♪
あの人形に命を吹き込んだらアレなんだよo(≧∇≦)oニンジョーギョールリ

役者達それぞれがキャラを見事に演じてて、
嫌な奴も居なくて、久平次までも心地良く見れたわ(笑)

>実は別の場所で元気に不孝糖売ってるんやで~と思わせてくれる姿が嬉しかったね~
だから寂しく感じなかったんだね~。
ラストで流したあの歌もバッチリだったもん。
忠臣蔵とかもそうだけど、
あの絵が何とも言えないしっくり来て味わい深くて、
クスクス笑っちゃうよね~♪
こんな痛快娯楽時代劇がまた見たいわぁ(゚-゚*)。。oO

わての「近松門左衛門」はもう、
「ちかえもん」しか居らん(笑)
Posted by manamana at 2016年03月10日 16:27