2015年04月29日

『龍三と七人の子分たち』 宣伝効果

ここまで毎日のように宣伝されたら、
確かめたくなるじゃないですか~。
色々と♪

同じく母も、
その気になってたので誘ってGO!

年齢層が高めの観客席を見ても…
観ろ観ろ詐欺に遭ったと思われ(笑)


紫のポロシャツに白パンツ姿の藤竜也さんを、
違う番宣で4回は見たと思うんですけど、
衣装ではなく私服だったことは確認できました。
赤い靴下もお好きなのねヾ(゚∇゚*)イイジャン

トーク番組は得意じゃなさそうですが、
映画のオファは「出てくれ詐欺かと思った」って、
笑わせてた藤さん。

龍三役の彼との大違いには驚きましたね~。
役者を演らせたらやっぱり凄い!
別の顔になるんだもの~。

『10年先も君に恋して』の教授役も好きでしたけど、
龍三親分のスーツ姿にもホレボレ。
73歳で着こなせる人はそうは居ないでしょ。
くわえタバコがよく似合う~。
ビシッと決まったギャップ萌え~♪
脱いでもスゴイんです(笑)

『愛のコリーダ』も観たことあるんですけどねぇ。。。












誰が子分なのかも分からないまま見てたんですけど、
ポスターには載ってましたね。
下條アトムさんが加わるのかな~って思ったら、
小野寺昭さんが登場。
ホント、色んなおじいちゃんが居る(笑)











中尾彬さんが最期まで遊ばれちゃって~(ノ∇≦*)
寸借詐欺も妙にハマッててナイスキャラでしたわ♪

使いっパシリも下っ端子分の役目、
が裏目に(笑)
5-5の大穴馬券が…
どうして5-3買うとんねん(ノ∇≦*)ユビガナイ

北野監督らしいコントネタ満載で、
周囲の反応はまずまずでしたよ。
ここで笑うんだぁ…

藤さんが試写を見て知ったと言う効果音も、
ここで入れるんだぁ…
プーッ!

孫との関係や近所の子供との絡みも、
もう少し深く見せて欲しかったかも。












京浜連合へ殴り込みを掛けるシーンは、
『元気が出るテレビ』を思い出したりして。
さすがのダミー使いは重いので(ノ∇≦*)チガウカ
何だか懐かしい芸を思い出してほっこり。

ゲラゲラ笑いたいオモクリ世代の欲目線でも、
思いやりを感じる作品だなって思いました。
7人のメンバーを見ても…

『オモクリ監督』で見たばかりの、
コンビニ強盗を倒した「山本さんと佐々木さん」、
みたいな素人役者とか~♪
使い方次第ですね~。
劇団ひとり監督次第か…

分がるやつだけ分がればいい(笑)

何やかんやとキャスティングって重要だなって、
つくづく思いながら見てたのでした。。。












敵役で適役だった安田顕さん、上手いわぁ。
『ビストロスマップ』でのゲスト顔ともギャップ萌え~♪
ドラマでのオカマ役が苦手だったこともあってか、
今回のボス役は予告から楽しみにしてました。
期待通り!












今回の監督は、ヤクザを取り締まる側の刑事役。
出ないといけないのかなぁ…

名古屋の警察も全面協力したと言うロケ地場所。
このラストの突入シーンも、
「日比野だ!」って気づいたんですけど、
情報通りの柳橋市場周辺より、
いきなり中央卸売市場にテンション上がる~。
映画館への行き帰りも通ったし~ヽ(*´∀`)ノゎぁぃ♪

バスで走り回る道路は市役所近辺のような…
『藁の盾』の時と同じ場所?

もう一回確認したい(ノ∇≦*)





”こんなジイさんでもダマされた”

って振り込め詐欺ポスターは、
名古屋限定なんですか?
警察署で確認したい(笑)


人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ ありがとうございます。

この記事へのトラックバックURL

http://manamanawatching.mediacat-blog.jp/t108439
この記事へのトラックバック

公式HP
北野武監督が、引退したヤクザの元組長とその子分たちの活躍をコメディタッチで描いた作品。
北野組初参加となる藤竜也を主演に、近藤正臣、中尾彬、小野寺昭ら平均年齢72歳の
...
龍三と七人の子分たち/映画【あるがまま・・・】at 2015年04月29日 21:53


□作品オフィシャルサイト 「龍三と七人の子分たち」□監督・脚本 北野 武□キャスト 藤 竜也、近藤正臣、中尾 彬、品川 徹、樋浦 勉、小野寺 昭、 伊藤幸純、吉澤 健、安田 顕、...
『龍三と七人の子分たち』【京の昼寝〜♪】at 2015年07月05日 09:52
この記事へのコメント
はっ!観ろ観ろ詐欺にまんまと引っかかった・・・

でも、久々に見た藤竜也さんが素敵だったから
詐欺られてもかまわなくてよ~~~♪違

イマドキめったに見ないヤクザなスーツ姿も
目にまぶしいほどの真っ白なブリーフ姿も
ダサかっこ良くて何だかドキドキ♪

つか、藤原竜也と間違えて見に行った人は
詐欺だ~~~って怒ってるかも~(笑)

しかし、小野寺さんがじじい役ってーのには
ちょっとショックだったわぁ。
うちら世代では殿下だったお方なのに・・・

中尾さんは、バラエティやコメンテーターとしてみる際には
偉そうなのに、この作品でのヘタレな雰囲気はおかしかった~。

ヤスケンさんは、宣伝の際での汗のかきっぷりが尋常では
無かったけど、それこそ撮影中はあれだけの大物俳優陣を前に
大丈夫だったのかしらんと、ふと気になったヨ・・・

ロケ地、名古屋だったんだ!
商品をなぎ倒しながら進むカーレースには
あわわわわ・・・ってなった。
無残な姿になった食材等は、撮影後にスタッフが美味しく頂いたのかしらん?
Posted by まこ at 2015年04月30日 16:07
★まこさん

待たせて許してけろーm(__)m

まこさんも、まんまと乗せられた?
まんまん満足~1本満足~♪
GWは何本か観たいものがあるんだけど…
これかよヾ(゚∇゚*)オイ

うんうん、素敵だったから許そう!

>目にまぶしいほどの真っ白なブリーフ姿も
>ダサかっこ良くて何だかドキドキ♪
そう、あのブリーフシーンはギリギリでした!
藤さんじゃなきゃ終わってたと思う。
よくやらせたわ~オカマ風(ノ∇≦*)

>藤原竜也と間違えて見に行った人は
藤原竜也の映画を藤竜也ファンが見間違えるってのは、
あるある詐欺(ノ∇≦*)
詐欺も勘違いも違わない(笑)

>うちら世代では殿下だったお方なのに・・・
しかも多少ボケた元特攻志願兵ってね(≧∇≦)ノ ジジイ

そう、中尾さんが可笑しかったし、
ヤスケンさんもバッチリ!

役にハマるとホント面白いんだけど、
7人の子分選びも大変だったでしょうね。
出過ぎれば他がってバランスもあるだろし、
でも他に居なかったのかな~って欲が出たり。
『あまちゃん』を見ながら思ってたの。
どのキャラも上手く見せてくれるわ~って。。。

勉さん、使えなかったのか(笑)

>商品をなぎ倒しながら進むカーレース
なぎ倒すには道路に並べなくちゃいけなくて…
って武監督が話してたので、
その商店街がどこなのかそっちが気になって、
電柱や看板の文字を頭に入れたはずが、
すっかり忘れてしまってたと言う。
あわわわわ…って今日この頃(。ˇε ˇ。)ズブン

>撮影後にスタッフが美味しく頂いたのかしらん?
テロップ入ってなかった?(笑)
Posted by manamana at 2015年05月03日 17:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい