2015年04月05日

『助けて!きわめびと』 初回はビリギャル

第1回は「やる気スイッチはどこ?」の極め人。

テーマもそそるんですが、
そのお悩みに応えてくれるのが…

塾講師の坪田信貴氏。
今でしょキテルでしょ!

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて
 慶應大学に現役合格した話』著者。

映画『ビリギャル』では有村架純ちゃんが演じます。
坪田先生を伊藤淳史くんが…

ショットガンタッチ速かったですね~♪ by『TBS感謝祭』


目からウロコだったのは…

「やる気があったら出来る」は逆で、
「出来るからやる気になる」って、
視点を変えてみればその通り。

出来ると楽しいし面白いからやりたくなるんですもんね~。


相談者の母娘のやり取りも、
第三者だとよ~く見える。
母親が一々うるさい(笑)


「(娘の)良いところを20個、
 数字などを交えて具体的に箇条書きにして下さい」

10個はスラスラ出たものの…
娘のことをよく見てなかったことに気づく母。

娘のやる気スイッチは、
お母さんがリミッターだった(゚∇゚ ;)

どうしてもダメ出ししちゃうんですよね~。
そこををグッと堪えることこそ苦行(笑)


公文の中1英語教材から始まり早稲田問題集へ。
これも先生お上手。

「出来る」からの「やる気」。
そのことに気づいた娘に助言する坪田先生がまた、
お上手(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

「2人しか居ないじゃんって言ってたじゃん。
 お母さんは一番の味方だからね。
 何か言うことない?」

誤魔化しながらも照れながら言えた「ありがとう」に、
涙が出て来ちゃった(・・、)


親はいつも心の中で抱きしめて言葉を発する。
ちょっとした「できる」に目を向けてすぐに伝える。
親のやる気スイッチ一つで変われるんですけどね…
あとは、やれるかだけ(笑)

人気のきわめびと(塾講師)って、
勉強の教え方だけじゃないですね~。
母娘の会話から見抜く力を目の当たりにして…
ずっと傍で見守ってて欲しい人だ~(ノ∇≦*)


スタジオの三宅裕司さん…

「(母親が)また言われちゃったわよって。
 どうしたらあんないい子に育つんですか?って」 

三宅母、さすが!(≧∇≦)ノ


娘の良いところ…
20個も書けるかしらん?
謙遜じゃなくマジで(笑)
                   公式HP


人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ ありがとうございます。

この記事へのトラックバックURL

http://manamanawatching.mediacat-blog.jp/t107869