2013年10月18日

『謝罪の王様』 謝るとは…

相手にその誠意が伝わってこそ許しを乞えるもので、
許す許さない以前の問題がそこなんですよね。

コメディかと思いきや、
考えさせられるエピソードをパロディで見せるワザに、
あまロスの私にはクドカンワールド再び…
ほっこりさせて貰えました('▽'*)。。oO

『Mother』や『Woman』の、水田伸生監督。
このタッグ、もう間違いないでしょ。
今更ながら『ボクの魔法使い』からかどうか、
長いおつき合いなんですね~。。。













『サイコドクター』で竹野内豊くん、
『トッカン』で井上真央ちゃんかぁ。。。とか。
み~んな繋がってる♪












分がる奴だけ分がればいい(笑)

真央ちゃんが可愛かった~。
ぴったしキャラで、ホント上手いですわ。

ストーリーも同じく、この背後に見える高橋克実さん。
このシーンでは全く気づかないんです。
あそこで?ってちょいちょい入れて来ます。
後で思えばってやつです。

岡田将生くんの覆面がまさかの使い方で驚いたり、
カレーライスの食べ方でハッと気づかされたり、
そういう瞬間のヤラレた感o(≧∇≦)oタマラン

見知らぬ者同士も繋がってるんだって見せ方がまたニクイ演出で、
まさに人生はスピンオフ(笑)

もう一度見たい、何度でも見返して確認したいとこがいっぱいで、
小ネタを拾い切れた自信がないのがもったいなくてo(≧∇≦)oクヤシー














息子の不始末を大物俳優の夫婦を使って見せる「謝罪」も、
政治家の何様な罪の意識や態度を見ても、
昨今のニュースまで思い浮かべて頷きながら見てしまう。。。

元プロサッカー選手の泥酔暴力、
現プロ野球選手の暴言、
原発や震災、台風被害の責任転嫁などなど。

謝るって簡単じゃないですね~。
「意地」とはまた別次元。

そこで一番身近で共感できたのは、ラーメン屋のシーンでした。












「すみませんでした」
ただそのひと言が欲しかっただけ。


こういうことってありますもんね。
お客様が王様ではなく、店側が何様ってこと。

悪い事をしたと思ったら謝ると言う基本。
そしてそれは本人が本気でするのが当然の事。

そんな普通のことを、改めて教えてくれます。。。

ところがここでも笑わせちゃうから参っちゃう(ノ∇≦*)キャハッッッ♪

店長代理(池田鉄洋)が、客の黒島譲(阿部サダヲ)に謝るんですが、
胸に付けたネームの「店長代理」の文字。
これが実は「みせながしろさと」って名前でややこしい(ノ∇≦*)
「店長代理(てんちょうだいり)ではない」って、まさかの不意打ち!
真面目な顔して何度も訂正するやり取りも可笑しくて~。
この2人だから余計(笑)


舞台挨拶する金髪カツラ女優の「別にぃ」発言の後ろにあるタイトルが、
『ヘルシースケルトン』だったり(≧∇≦)ノ彡バンバン!
川口春奈ちゃんがどこに出てたのか考えちゃったぐらい、
一瞬登場の贅沢な使い方も見事♪

劇場へ足を運べば必ず目にする「No More 映画泥棒」の告知まで。
何でもかんでもパクッてパロッちゃうクドカンの遊び心が満載。
そこに込められた警告も見逃せません。

大物俳優・南部哲郎(高橋克実)演じる、
どう見ても『ビルマの竪琴』を彷彿させる名シーンも、
一緒に観てた娘は全く知らず。
分かる奴だけ分かればいいとこも、
分からなくても面白いと思わせる見事な手法で、
年齢問わず楽しめるってすご~い♪
観終わった娘から「面白かった~♪」が聞けて良かった(^。^;)ホッ


南部の息子・英里人(鈴木伸之)が、
暴行事件を引き起こすことになった伏線も繋がってホロリ。

ホント笑いや泣きの見せ方が上手い。
ラストで泣きそうになってしまったものぉ。

「わき毛ボーボー、自由の女神~」にそんな意味があったとは。。。

て言うか、よく思いつくわ~クドカンってば~ヽ(*´∀`)ノサスガ~♪




英里人(エリート)役の鈴木伸之さんって、
劇団の方のEXILEメンバーだったんですね。
ラーメン屋の店員はMATSUだって分かりましたけど、
エンディングはE-girlsのPVを見てるようで、
チームEXILEの参加は大人の事情か何か?
女子もいいけどEXILEのダンスの方に萌え~(人´∀`)ゼイタク♪

EXILEはもうクドカンファミリーでしょ♪
ぱしかに(笑)


人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ応援ありがとうございます。

この記事へのトラックバックURL

http://manamanawatching.mediacat-blog.jp/t94519
この記事へのトラックバック
依頼者の代わりに謝って事態を収束する謝罪師が巻き起こす騒動の数々を描いた作品です。
和解へと導く魔法。『謝罪の王様』【水曜日のシネマ日記】at 2013年10月19日 08:28


□作品オフィシャルサイト 「謝罪の王様」 □監督 水田伸生□脚本 宮藤官九郎□キャスト 阿部サダヲ、井上真央、竹野内 豊、岡田将生、尾野真千子、       荒川良々、...
『謝罪の王様』【京の昼寝〜♪】at 2014年02月06日 19:05
好みは分かれるかもしれませんが、終始、エンタメ精神に徹底してるのが素敵。ハジケたコメディで、楽しかったです。

宮藤官九郎の脚本も、エピソードをいくつか重ねて、最後に「あ...
謝罪の王様【のほほん便り】at 2015年10月13日 11:25
上の画像に書かれている文字を入力して下さい