2010年09月04日

溝端淳平くんは…

こういう青春もので魅せてくれますね~。
常に潤んだ瞳の彼にジーンと来ちゃいましたよ。
『イケパラ』ではそんなに目立たず、『赤い糸』では胸キュンさせてくれたものの、
『新参者』での刑事役では物足りなさを感じてたのは、そういうことね。。。
やっぱりこういう役が彼にはハマッてるなって思わせてくれる作品でした。

『君が踊る、夏』、試写会で鑑賞して来ました。












まさか…
『座頭市』の時の、サプライズ慎吾ちゃん登場を思い出し。。。ナイナイ
そう思いながらも前の方の席にしちゃったんですよね~。
もちろんそんなサプライズはなく、ガッカリもせず(笑)
ただ…
背もたれが低く首が疲れたし、画像が荒く、家庭のテレビよりヒドイじゃないの。
映画館でそんな風に感じたことはなかったような。近すぎ最悪。
最前列でもプレミアシートで観られた時は居心地良かったのに。。。

そんなこんなで前半はそう惹かれるお話でもなくヾ(゚∇゚*)オイオイ
座り心地の悪さと時間の経過が気になってました。

斜め前に座ってた60歳前後と思われるご夫人は、終始涙を拭いてましたけど。
ジーンとは来ましたけど、泣けはしなかった。
これは泣きツボも、笑いのツボも私と娘には合わなかったかも。
ただ実話ですし、人と人の触れ合いや、思いやりも感じられた良い作品でした。
よさこい祭りの踊りもすごく良かったです。

DAIGOくんのキャラは、そのまんまな感じで良かったんですが、
寒い笑いも場内でウケてる人が居たのには驚きましたわ。
「テッシュ ウィッシュ」ってあのポーズを見せてくれたんですけどね(笑)


寺本新平(溝端淳平)はプロのカメランマンを目指し、
高校を卒業すると地元高知から東京へ出ます。
一緒に東京へ出てデザインの勉強をしようと決めていた
恋人・香織(木南晴夏)が、間際に東京行きをやめたことで二人は音信不通に。
新平のためにも、妹の病気のことは言えませんでした。。。


新平に「しんぺい(心配)させんなよ」って電話する石黒智也(DAIGO)。
チャラ男に見えるんですけど、イイ奴。
この智也が、新平の撮った写真をこっそり持ち出てくれたお陰で、
その写真が優秀賞に選ばれることになるんですから。
新平の部屋に居座っても、イイ奴(笑)


私がジーンと来たのは、
新平の親友・大滝司(五十嵐隼士)との友情。ボヤを消すシーンは良かった。












司ともケンカ別れしたまま5年が経ち、再会してもギクシャクな二人。
五十嵐隼人君ってめちゃ熱くて濃い演技なんですけど、
だからこそ男気あふれるものを見せて貰えるのかもな~って見てました。
親友のために、病気のさくら(大森絢音)のため、
一つになって踊る姿はやっぱり感動します。

母親(宮崎美子)が入院したことで急いで帰郷した新平。
するとギックリ腰だと聞きガックリ。
こんな田舎では夢を叶えられないと飛び出した彼も、
当時とは違った目で地元の良さを見ることが出来たいい機会でした。
カメラマンとして挫折していただけに、地元は考える時間を与え、癒してくれます。

二度と帰って来るなと言った頑固親父(隆大介)と新平の距離が、
少しずつ縮まって行く様子も良かった。
隆大介さんがこういう父親役をするのは珍しいな~って思ったんですけど…
『臨場』での刑事役か、『宿命』での秘書役しか思い浮かばず^^;
宮崎美子さんとの夫婦役もほのぼのとして合ってましたね~。












「一緒に”いちむじん”で踊りたい」
さくらとの約束は?。。。

新平の写真が優秀賞に選ばれますが、授賞式が「よさこい祭り」と重なり、
悩む新平。。。
でも、行かないと思われた授賞式には出席するんですよね。

受賞作品は、香織が踊る笑顔のアップ写真でした。新平本人も知らず…
予想はついてましたけど、どうも亡くなってしまった彼女の笑顔を見せてるような、
今は亡き彼女が教えてくれた。。。みたいに見えてしまったσ(^_^;

カメラマンとして何を撮りたいのか、苦悩していた新平に
気づかせてくれた瞬間でしたね。
ラストは、そういうこと~って見せ方をしてくれます。


東方神起の歌も良かったです。
ジェジュンの歌声と、木南晴夏ちゃんの「おっにっちゃん」ってセリフを思い出し、
韓国人兄妹を演じた『素直になれなくて』が過ります。

ラストの「かんざし」の使い方も、ベタだけど好きでした。ジーン♪

『龍馬伝』とは違う土佐弁が聞けたのも、
龍馬のブームの今、高知の素晴らしい風景が見られたのも良かった♪
龍馬像や桂浜、高知城も見せてくれましたしね~。
市電が走るほのぼのとした街並みもグーでしたよ(o^-')b


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ人気ブログランキングへ応援ありがとうございます。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

この記事へのトラックバックURL

http://manamanawatching.mediacat-blog.jp/t57465
この記事へのコメント
いいなぁ~ 試写会。
試写会なんて「ミザリー」以来いってないわ~(いつの話だ!)

溝端くん、なんでこんなに使われるんだろうと思ってたけど、
なるほどね。 何となく納得。

大森絢音ちゃん・・「ふたつのスピカ」の桜庭ななみちゃんの幼少ね。
「赤い糸」つながりか?・・・遠い!

おみやげ
http://www.youtube.com/watch?v=LG6VSlELO5A
(インド映画みたいなメキシコ人)

http://www.youtube.com/watch?v=x-zQTsVrG5A
(矢野顕子のような自由さ)
Posted by シャブリ at 2010年09月05日 02:23
★シャブリさん

下の娘がよく当たるのよ。

>試写会なんて「ミザリー」以来いってないわ~(いつの話だ!)
何?って思ってあらすじを読みに行ったら、
憶えがあるんだけど、テレビ放映で見たのかなぁ。
映画館だと怖いよ~。
って20年前のお話か(笑)

溝端くんにしか出来ない役があるって思えた。
木南晴夏ちゃん、五十嵐隼士くんと3人、高校生でイケちゃうからすごい。

>大森絢音ちゃん・・「ふたつのスピカ」の桜庭ななみちゃんの幼少ね。
そっかぁ。見たことない子だと思ったら、スピカは見てなかったからね。


おみやありがとう。
メキシコ人のはねぇ。。。見ててツライわ(笑)
頑張りは認めるけど。

矢野顕子と言えば、シャブリさんは見たかなぁ。
http://www.youtube.com/watch?v=AZY9LVfqP28
ついに坂本龍一と…

これを見ちゃってから、575と戦場の~がかぶちゃう^^;
Posted by mana at 2010年09月05日 11:06
575のメリークリスマス。
いいね~これ、知らなかったよ~ん。 アリガト””

「夏の恋は虹色に輝く」のCMのあいだに見るという荒業でしたが・・。ワッハッハ!
Posted by シャブリ at 2010年09月06日 21:18
★シャブリさん

シャブリさんが前に言ってたでしょ。YMOとのコラボの話。
曲調が同じでビックリした。

そう言えば、『20世紀少年』に高橋幸宏さんが登場したのには驚いたし笑ったよ~。
焼き鳥屋の店主・高橋さんは、黙って焼くだけ(笑)

忙しいシャブリさんは、CMの時間もムダにはしない。
覗いてくれてありがとう!
Posted by manamana at 2010年09月07日 12:35