2017年03月03日

『べっぴんさん』 ワクワクって

見たこともない新しい何かを想像すると、
楽しい気分になるってこと?

「子どもの頃、
 私はよくお手玉で遊んでいました。
 お手玉を柿に見立てたり、
 リンゴやおにぎりに見立てたりして
 遊んでいたそうです。
 子どもの頃の事を考えると大事なのは、
 ワクワクと想像力を膨らます事のできる
 余地なのかなと思いました」 さくら

余地と言えば心の余裕も同じく…

「正太さんも手を離れ、
 ゆりさんも子育てという
 一つの仕事が終わった。
 第2の人生を
 スタートさせたらどないですか?」 

定年を迎えた長谷川さん(木内義一)の言葉に、
まさか今更?
ゆり(蓮佛美沙子)の心は揺れる。

そしてこの2人も…

「今日のさくらの話を聞いて
 僕も想像した。
 2人の事を。
 ワクワクした」 健太郎

「健ちゃん♡」 さくら

突然の結婚話に、
まさかほんまに?
父・紀夫(永山絢斗)の心は揺れる。



忙しい毎日に
いつしかワクワクにも無頓着になり、
余裕が出来てふと気づくと…

「私は何を残して来たんやろう」って、
喜代さんのセリフが
身に沁みる年頃になってもうてたわて。

空の素症候群?

仲良しのお客様・Eちゃんが、
「私もそんな時期があった」って共感し合う。

そんな時にちょうど
母親の介護に当たったEちゃん。
心身ともに疲れ果て病気になったのを
見て来て知ってるだけに、
他人事ではない話。

Eちゃんは、
念願だったピアスを開けたヽ(*´∀`)ノアナアナ


「行っとけば良かった。
 介護も終わったのにもう行けんもん。
 行ける時がチャンスだよ」って。












取ったどー(ノ゚ο゚)ノ

一歩前進(笑)


人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ ワクワクする♪

この記事へのトラックバックURL

http://manamanawatching.mediacat-blog.jp/t121075
この記事へのトラックバック
変態度の基準で言えば「あまちゃん」に迫る勢いの傑作朝ドラマと言える「べっぴんさん」である。 口が重すぎて・・・よくわからないヒロインがすでに充分に変態なのである。 その娘が...
涙色の桜が花開き桜色の涙が滴り落ちる時(芳根京子)【キッドのブログinココログ】at 2017年03月11日 02:54