2016年07月21日

クレームdeメール

昨日の『ランチdeクレーム』記事をUPした後、
私の返信に対して担当者からメールが届きました。

即日対応にもびっくりぽん。

------------------------------------------------------

mana様

株式会社◇◇ お客様担当の〇〇でございます。
この度は私の返信に関しまして、
曖昧かつ言い訳がましい内容となってしまったこと
かえって不信感を与えてしまう様な内容の返答をしてしまい、
大変申し訳ございませんでした。

今回のmana様からの貴重なご意見を活かし
生牡蠣の品質と
提供温度・焼き牡蠣の焼き加減などの確認方法を
再度、店舗に指導いたしました。

今後もご意見などございましたら
何なりとお申し付けくださいませ。

株式会社◇◇  お客様担当  〇〇

------------------------------------------------------

簡潔でよろし!
最初のメールがこれなら良かったのに。
確認より指導が当然です。


ちなみに、
私はどう返信したかと言うと…

------------------------------------------------------

〇〇様

改善できないものかと意見を申したのであって、
謝罪の言葉が欲しかったのではないのです。
その返事について返信します。


牡蠣が大好きな我が家では冬が旬の時期に、
的矢の水産業者から生牡蠣を取り寄せします。
冷やすことは当然、
調理も主人がする上での意見でした。
主人が食して曰く、
「冷えてなくてもちゃんと洗えば臭くない」と。
生も焼きも、生臭かったのです。
そしてメールを読んだ感想は、「客減るぞ」でした。
初めての店でしたら、
ここはそういうものなのだと諦めて終わるところ。


>生牡蠣の提供温度に関するご意見に関しまして、
>本来冷蔵庫から取り出した牡蠣は剥き身にした後、
>冷水で洗浄し
>冷たいうちにご提供する事がルールとなっております。

ルールを違反したと言うことでしょうか。
ぬるい、生臭い、
当然美味しく頂けるものではなかったです。

>時々、殻の蓋がしっかりと閉まっており、
>中の身の部分が冷えきらない物があることもありますが、
>温度が気になったときには、是非スタッフに申し伝えていただき
>新しい牡蠣に交換する様にご指示くださいませ。

殻がしっかりと閉まっていても冷えないことはないと思います。
もしそうであっても、
調理の時点で分かっていながら提供しているのであれば、
客が交換を望んでからの対処はいかがなものでしょう。

>また、素焼きが生焼きだったとのご意見ですが、
>確認をしましたところ、
>あえて中央部分がレアになるように
>調理させていただいるとの事でした。
>とはいえ、お好みがございますので、
>こちらに関しても、良く火を入れたほうが良いときには、
>遠慮なくお申し付けくださいませ。
>調理直しをさせていただきます。

何度か訪れていますので、
あえてそうしているとは思えない焼き加減でした。
中だけレアではなかったです。
見た目にもあぶっただけで、
香ばしいどころか生臭さが残りました。
好み以前に、中途半端な調理だと感じました。

貴社のサービス精神を思うと残念です。
安全な牡蠣はもちろんですが、
客の満足感とは些細なことです。
マニュアル的な挨拶と文面から、
真意は伝わりませんでしたのであしからず。
                mana

------------------------------------------------------

私が抱いた不信感を読み取ったと分かる、
担当者からの返事で納得できた今回。

これまで大抵のことは言わずに、
言えずに過ごして来た自分が変わった…

「これからは言える」って、
嫌な自信がついちゃった(笑)


人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ お騒がせしました汗・涙1

この記事へのトラックバックURL

http://manamanawatching.mediacat-blog.jp/t117573
この記事へのコメント
mana 様のお気持ちがすっきりされて良かったです 

ちょっとした言葉の選び方で随分違いますものね(*^^*)
Posted by 夢見 at 2016年07月21日 17:28
★夢見さん

ご心配をおかけしました~。ペコリ
今回のようなやり取りは初めてのこと。
言ってスッキリするより、
言わない方が良かったなって経験してるし。

さてこれからは…
どうしたもんじゃろのぉ~クックックッ(笑)
Posted by manamana at 2016年07月21日 17:38